問合件数:9,109件(9月現在)

【少しの工夫が大切】キッチンシンクをきれいに保つ方法

キッチン設備の中で重要な役割を果たすのがシンクです。

シンクは、食品を洗ったり、包丁や食器を洗ったり、鍋に水を入れたりとさまざまな作業を行う場所なので、どうしても汚れやすいですよね。
日々のメンテナンスを怠るとすぐに汚れが蓄積してしまうこともあり、掃除が大変だと感じている方も多いのではないでしょうか。

実は、少しの工夫することでキッチンシンクをきれいに保つことができることをご存知でしょうか。
この記事では、キッチンシンクのメンテナンス方法を解説していきます。
今まで苦労していたシンクの汚れ対策が非効率だったと感じられますよ!

目次

1、キッチンシンクの素材
2、シンクをきれいに保つには?
2-1.キッチンシンクが汚れる原因
2-2.キッチンシンクの掃除方法

1、キッチンシンクの素材

まずは、キッチンシンクにどのような素材が使われるのか見ていきましょう。
近年は、汚れに強く、なおかつおしゃれに見えるような素材も出てきています。
メーカーによっても取り扱う商品が異なるので、物件購入やキッチンリフォームを考えている方は、ぜひいろいろな商品を比べてみましょう。
以下では、ステンレス・人工大理石・ホーローの3つを紹介します。

ステンレス

ステンレスは、ベース素材の鉄に耐食性が高いクロームやニッケルを加えた合金鋼です。
耐熱性・耐久性に優れ、軽量でさびにくく、雑菌が繁殖しにくいということで、キッチンシンクの素材として広く使われているタイプです。
ステンレスの板をプレス成型した規格型のものが一般的ですが、他に手板金で作るオーダーメイドのシンクもあります。

ステンレスの表面仕上げにも、さまざまな種類があります。
光沢のあるもの、凹凸のあるもの、細いラインが入ったもの、鏡のように周辺が移り込むものなど、キッチンや部屋全体の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

「18-8ステンレス」という表示を見たことがあると思いますが、あれはクロームを18%、ニッケルを8%加えたステンレスという意味です。このクロームとニッケルの比率のタイプは、キッチンシンクをはじめ鍋や調理道具など一般的な家庭用品にも使われています。

人工大理石

人工大理石は、アクリル系またはポリエステル系の樹脂でつくられた素材です。
商品によってさまざまな素材・色合い・性能があり、汚れにも強いため簡単に手入れができることも魅力的です。
作業台の天板を同素材にすると継ぎ目が目立ちにくいため、見た目が良くお手入れも楽といううたい文句で人気が出ました。
形が独特だったり色をいくつかの中から選べたりするのも好評の原因かもしれません。

ホーロー

ホーローは、ガラス製の釉薬(うわぐすり)を鉄やアルミニウムなどの金属の表面に高温で焼き付けてつくった素材です。
強度があり熱伝導に優れた金属の特徴と、耐食性や光沢のあるガラスの特徴を組み合わせることで、独特の滑らかな質感に仕上がっています。

ホーローは海外製のものが主流なのですが、欧米や北欧のアンティーク、ビンテージ、クラシカル、カントリーなどのデザインにこだわる人に好まれ、取り入れられることもあります。

その他、使われている例は少ないですが、上記の他に陶器のシンクもあります。

2、シンクをきれいに保つには?

いろいろな種類のキッチンシンクがあることをわかっていただいたと思いますが、どのシンクにしても用途は同じです。
汚れているものを水やお湯で洗い流すための水槽だということです。そしてそれを使う場面は、主に料理を作る過程と後片付けのときです。

料理を作る過程では下ごしらえに使った調理器具、後片付けのときには使い終わった食器類が汚れ物としてシンクにためられるのではないでしょうか。
そして洗いものをすると、洗った食器などはきれいになる代わりにシンクに汚れが移ることになります。水に溶けた汚れは排水と一緒に流されますが、シンクの表面にはまだまだ汚れが残っているのです。

2-1.キッチンシンクが汚れる原因

キッチンシンクが汚れる原因は、主に「水垢」「石けんカス」「カビや雑菌」です。
それぞれどのような性質があるのか見ていきましょう。

水垢

シンクの中に、白くザラザラしたものが付いていることがあります。スポンジでこすってもなかなか取れずに苦労した方もいるのではないでしょうか。
白くザラザラした汚れの正体は水垢です。水垢は、水道水に含まれる炭酸カルシウムやミネラルが蒸発せずに残ったものです。
水垢はアルカリ性の汚れなので、取り除くにはクエン酸やお酢など酸性の物質を使って取り除きます。

石けんカス

石けんカスは、洗剤と水道水のミネラルが混ざり合ってできたものです。
水垢と同じような白い汚れなのですが、成分は酸性ですので、アルカリ性の重曹などで溶かして落とすことができます。

カビや雑菌

カビや雑菌は、油汚れや食べかすに水分が加わることで発生します。排水口付近がヌルヌルしているのは、カビや雑菌が繁殖している証拠です。
カビや雑菌は、アルカリ性・酸性両方の掃除道具を使って取り除きます。

2-2.キッチンシンクの掃除方法

キッチンシンクをきれいに保つポイントは、実はとても簡単です。
まずは以下を日々のメンテナンスとして徹底させましょう。

「使った食器は毎食後必ず洗い、最後にスポンジなどでシンクの中をきれいに洗う」

この方法を守りながら、1週間に1回程度「水垢」「石けんカス」「カビや雑菌」に合った方法を使って掃除をしていくのです。

視点を変えると、シンクの中が洗いものでいっぱいになってしまうのは、洗ったものを一時的に置いておくスペースが足りないことが原因とも考えられます。
シンクの隣に十分な大きさの水切りかごを置くか、ワークトップ上のスペースが足りない場合はビルトインの食洗機を入れるのも解決策のひとつです。食洗機なら洗い物もしてくれるのでもっと良いですね。

また、下ごしらえに使ったものは、料理ができるまでの空いたタイミングで先に洗ってしまうと後片付けの時に楽になります。

とにかく、キッチンシンクをきれいに保つには、いつもシンクの中を何もない状態にしておくことがポイントなのです。

排水管クリーニングはイエコマへ

家のプロによる排水管高圧洗浄が…

詰まり清掃:5,200円/ヵ所

外配管のみ:5,000円/一式

外・内配管:9,800円/一式
排水管清掃 何年も洗浄していない排水管も、安全・確実にキレイに!

24時間365日受付

ページトップへ戻る