ひたちなか市

ひたちなか市で屋根のお困りごと「雨漏り」「瓦のズレ」「雨どいの掃除・修理」「太陽熱温水器の点検・撤去」など、なんでもどんな小さなお困りごとでも屋根のプロフェッショナル「イエコマ」へご相談ください。

見積無料!お気軽にお問合せください

その他、屋根のお困りごとは
何でもご相談ください!

■「屋根葺き替え工事」施工事例

Before
After

M様邸の屋根葺き替え工事の施工事例です。

今回は瓦屋根をガルバリウム鋼板屋根へ葺き替える工事を行いました。

瓦屋根は寿命が長く、地震や台風などの外的な要因がなければおよそ半世紀は持つとされています。M様邸の瓦屋根は特に目立った外傷はなく、まだ寿命というには早いように思われます。しかし、最近では、瓦自体が傷んでいなくても、耐震やメンテナンス費用の面を考慮して瓦屋根からガルバリウム鋼板へ葺き替えるというお客様は多くいらっしゃいます。

 

瓦屋根は耐久性に優れていますが、重く、耐震性に欠ける面もあります。特に今回のM様邸の瓦屋根は、葺き土の上に瓦をのせるだけという伝統的な工法で葺かれています。これは、地震で揺れが加わった際に早いうちに瓦を屋根から落として屋根を軽くし、住宅への被害を最小限に抑えるための工夫です。しかし、建物は無事でも、避難の際に瓦の落下によって重大な事故が起きる可能性もあります。最近では、瓦の落下を防ぐため下地と瓦をとめることも多くなりました。

また、瓦屋根の場合は、瓦をとめるのに漆喰が使われています。漆喰は瓦と違って何十年ももつものではないため、メンテナンス費用もかかります。

これに対して、今回瓦に代わって葺き替えるガルバリウム鋼板は、近年注目されている屋根材で、瓦屋根よりも安価、かつ瓦屋根と同じくらい耐久性に優れた建材です。軽量なため、地震の際に瓦屋根のように崩れ落ちる心配がなく、耐震面でも優れています。最近ではデザインが豊富になり、見た目もスタイリッシュな現代の住宅になじむため、人気を集めています。

■ 施工の流れ

1
2

1.まずは作業しやすいように足場をかけます。

 

2、次に瓦を剥がします。

伝統工法での屋根瓦は、葺き土の上に乗せてあるだけで固定されていないため、引っ張るだけで外すことができます。

3
4

3、葺き土を撤去します。葺き土の下には下地材として杉皮が敷かれています。

現在は、ルーフィングというシート状の下地を使うことが多くなりましたが、昔ながらの日本家屋はこのように杉皮が下地にされていました。杉皮は防雨性が高く、湿度調整に優れた屋根の下地材です。杉皮の下は下地板の隙間が大きい場合が多く、無理やり杉皮をはがして補修すると、雨漏りの危険性を高めてしまう可能性もあります。

今回は杉皮の傷みもなかったため、あえて杉皮は撤去せず、この上からルーフィングを貼りました。杉皮と二重にすることで、より防雨性を高める効果もあります。

 

4、屋根のてっぺんの棟瓦とその下の葺き土も撤去します。

5
6

5、今回撤去した廃材です。かなりの量になりました。もちろん、工事ででた廃材はこちらで引き取ります。

 

6、先ほど葺き土を撤去したところにルーフィングを貼ります。

7
8

7、ルーフィングを貼り終えました。写真から、下から上に向かって重ねて貼られていることがわかりますね。こうすることで、上から下に流れる雨水がルーフィングの間から浸透することを防ぎます。

 

8、今回使用するガルバリウム鋼板です。ニチハの「横暖ルーフα プレミアムS」を使用します。ガルバリウム鋼板は断熱性に劣ることが多いのですが、最近では、こちら製品のように芯材に硬質ウレタンフォームなどの断熱材を入れることによって断熱性能を高めた製品も多く出ています。

9
10

9、先ほどのガルバリウム鋼板を横から見たところです。断熱材が入っていることが確認できます。

 

10、ガルバリウム鋼板を取り付け。

11
12

破風板の部分も塗装が剥げ、劣化していたため、こちらにもガルバリウム鋼板の破風板を取り付けました。施工前11→施工後12となります。施工前は、劣化した木部が浮いて見えましたが、施工後は外壁のレンガ調の材質とよくなじんでいます。印象も現代的なおしゃれな雰囲気に変わりました。

■ 職人さんからひと言

今回のM様邸は、伝統的な日本瓦の屋根でした。

伝統的な日本の古民家や社寺仏閣は、ほとんどが石の基礎の上に柱を立てる礎石造りで建てられています。簡単には建物が倒れないように、基礎となる石にあわせて柱の下を加工して柱を立てる施工方法で、日本が世界にも誇れる高度な建築技術です。このようなつくりの場合、石の上の柱が強風で石から落ちることのないよう、重い瓦で建物を抑えておく必要があります。そのために、屋根には重たい瓦屋根や茅葺の屋根が使われてきました。

しかし、現代の一般的な住宅では、建物の構造上、家の重心が低い方が揺れに耐えやすく、また、住宅の密集するような場所では、落下しやすい瓦屋根よりも軽量で落下しにくい金属屋根やスレート屋根の方が適しているといえます。

もちろん、伝統的な瓦屋根には優れた面がたくさんあります。一概に全ての場合において軽量なスレート屋根やガルバリウム鋼板に葺き替える必要があるとはいえません。屋根の葺き替えは大きな工事となります。まずは信頼のできる業者に相談することが大切です。

■ まとめ

瓦屋根は耐久性に優れていますが、耐震面で軽量なガルバリウム鋼板に劣ります。

ガルバリウム鋼板は、近年注目されている屋根材で、瓦よりも安価で耐久性にも優れており、軽量なため耐震面からも安心です。デザイン性にも優れ、人気を集めています。

ただ、屋根の葺き替えは大きな工事となります。任せる業者によっては葺き替え工事後、雨漏りをするようになってしまったという事例もあります。葺き替えの際には信頼できる業者に任せましょう。

お客様からのイエコマへのご質問

Q.葺き替えの際の屋根材は、自分で選ぶことができるのでしょうか?その場合は追加の料金になりますか?
A.使用する屋根材によって見積は変わります。まずはお客様のご希望を伺ったうえで、家の耐用年数や予算などにあわせてお客様の現状に最適な屋根材を提案させていただきます。

イエコマ屋根サービスのQ&Aまとめ

ひたちなか市の居住情報

ひたちなか市は茨城県北部にある市です。1994年に勝田市と那珂湊市が合併して発足しました。茨城県内では、水戸市、つくば市、日立市に次いで人口の多い都市です。
市の名前にもある通り、日立グループ企業が数多くあり、電子・機械産業が発達しています。
東側は太平洋に面しており、水産業も盛んです。水戸市との市境にある那珂湊漁港には、新鮮な魚や水産加工食品が並ぶ市場があり、一般の人でも旬の海産物を安く買うことができます。試食コーナーも充実しており、屋台も出ているので、食べ歩きをしながら買い物を楽しめます。水戸市の大洗水族館にもほど近く、併せて観光地として親しまれています。

ページトップへ戻る