茨城県

茨城県で屋根のお困りごと「雨漏り」「瓦のズレ」「雨どいの掃除・修理」「太陽熱温水器の点検・撤去」など、なんでもどんな小さなお困りごとでも屋根のプロフェッショナル「イエコマ」へご相談ください。

見積無料!お気軽にお問合せください

その他、屋根のお困りごとは
何でもご相談ください!

■ 水戸市の「雨漏り対策・屋根葺き替え」施工事例

Before
After

雨漏りがあるというご依頼を受けて調査に伺いました。
日本瓦の屋根なのですが、瓦が全体的にずれているのがわかります。
調査内容を踏まえてお客様とお話をした上で最終的には金属屋根に葺き替えることになりました。

■ 施工の流れ

1
2

瓦をはがします。
最近の瓦屋根であれば瓦の下はルーフィング(防水シート)であることが多いのですが、こちらの屋根の下は葺き土です。
葺き土の上に瓦を置いて固定する伝統的な工法です。葺き土は瓦を完全に動かなくするのではありません。地震の時には屋根から瓦が落ちることによって、屋根を軽くして家自体の倒壊を防ぐという考え方です。
しかしながら、瓦が落ちてしまえば当然葺き替えなければなりません。また、日本瓦は非常に重いのでいくら屋根から落ちるといっても、地震の際にはやはり倒壊の危険は高くなります。
また、伝統的な葺き土による屋根の葺き替えができる職人は現在ではほとんどおらず、そのまま葺き替えるとコストも非常に高くなってしまいます。
上記のような理由を考慮して、今回は瓦屋根ではなく新しい屋根素材に葺き替えることになりました。
今回、瓦をはがして改めて分かったことですが、葺き土はご覧の通り濡れています。瓦のズレによって水が大量に浸透していたため、雨漏りを引き起こしていたのです。

3
4

葺き土をすべてはがしたところです。雨漏りしているということ、葺き土が濡れていることから想像していた通り、野地板(屋根を支える板)はほぼ腐ってグズグズになっていました。
腐った野地板をすべて撤去して新しい野地板を打ち付けます。

5
6

野地板の上にルーフィング(防水シート)を貼ります。防水シートは屋根の最も大切な構成物といえます。屋根の防水機能はルーフィングによって保たれるのです。
ルーフィングの上にある屋根素材がなくなってしまっても、ルーフィングがしっかりしていれば雨漏りはしないものです。普段は見えない建築部材ですがそれくらい重要な役割を担っています。
ルーフィングの上から金属屋根を貼ります。素材はガルバリウム鋼板です。金属の屋根というとトタン屋根を連想される方が多いでかもしれません。トタンは安くて軽いものの、耐久性が低く、防音、保温性能も低く、美観もあまりよくない素材です。そのため金属屋根というと敬遠される向きもあります。しかし、ガルバリウム鋼板はトタンと全く違い、ほぼメンテナンスフリーともいえるほどの長寿命であり、デザインも多様で、軽いといった特徴があります。最近では、金属屋根の弱点であった、保温、防音性にも優れた製品も数多く出てきています。屋根材として非常に優れた素材です。軽さという観点では他を寄せ付けないほどの素材で、耐震といった観点では最もお勧めできるものです。

■ 職人さんからひと言

建坪で50坪程ある大きい立派な家で、築年数は80年になるとのことでした。
古い建物で不便なところも多々あったこともあり建て替えも考えたそうですが、受け継いだ家を壊すことはしのびないとのことで、リフォームすることになりました。
屋根を直したことで、これからまだまだ住めると思います。手入れをすれば長く住めるのが伝統的な日本家屋の素晴らしいところです。少々見た目は現代的になりましたが、どのような形であっても伝統家屋が残っていくことはとても意味があることだと思います。
今回はお客様の希望でフラットなタイプのガルバリウム鋼板を使用しましたが、日本瓦にそっくりなデザインのものもあります。ガルバリウム鋼板は製品によってデザインや特性も様々ですので、もし葺き替えを検討される場合は、どんなものがあるのか調べてみてはいかがでしょうか。希望をご相談いただければ、最適なものをご提案することもできます。お住まいの雰囲気にあわせた屋根にすることで、住まいの印象もぐっと引き締まります。

■ まとめ

造りのよい日本家屋は100年を優に超える耐用年数があるものです。法隆寺といった例もありますが、木造建築はメンテナンスを適切に行えば非常に長く居住に耐えるのです。ただ、昔ながらの瓦屋根や木造建築はメンテナンス費用もそれなりにかかってきます。家のメンテナンスにあまり費用をかけたくない、という場合もあるかと思います。

今回は、瓦の代わりにほぼメンテナンスフリーともいえるガルバリウム鋼板を選びました。
家を長持ちさせるうえで一番重要なのが、屋根が正しく機能することです。これからも長く住むことができるでしょう。

お客様からのイエコマへのご質問

Q:今ある瓦を使っての葺きなおしは可能でしょうか?
A:可能です。可能ではあるのですが、他の材質に葺き替えた方がいいケースもありますので、まずはご相談ください。

Q:雨漏りの原因を特定することは可能でしょうか?
A:雨漏りの診断は住宅のプロであってもなかなか難しいものです。イエコマでは雨漏りに特化したプロである雨漏り診断士が在籍する施工店とも提携をしております。専門家による診断が可能ですので、まずはご相談ください。

Q:古くなった太陽熱温水器の修理はできますか?
A:部品があり取り寄せることができれば修理することも可能です。しかし、古い製品であったり、製造を中止しているメーカーであったりする場合は部品が手に入らないことが多いため、修理できないことが多いです。まずは機種名などわかる範囲をイエコマにお伝えください。

Q:屋根の葺き替えはどれくらい費用がかかりますか。おおよその目安を教えてください
A:葺き替えをする必要がなく、塗装のみで済む場合もあります。また、葺き替えもいろいろな素材があります。日本瓦、スレート瓦、ガルバリウム鋼板などいろいろあります。素材によっても予算は変わってきます。また、屋根材の下にある下地材の状況によっても金額は変わります。下地材が腐朽してしまっていると下地材も交換になるため予算が高くなります。まずは調査が必要ですので、お問い合わせください。

イエコマ屋根サービスのQ&Aまとめ

茨城県の居住情報

茨城県はゆったりとしたライフスタイルで暮せる都市です。東京都心部から茨城県の中心都市の水戸市まで100km県内にあり、1990年代から東京都心部のベットタウンとして開発が進んでいます。2000年代に入り首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの運転をきっかけにつくば市をはじめとしたつくばエクスプレス沿線の都市が著しく発展を続けています。茨城県の日立市や鹿島市は国内でも有数の最先端技術を有しています。茨城県は日立市や鹿嶋市から最先端技術を世界へ発信するイノベーション大県の形成を推進しており、同時に国内産業を支える重要な産業拠点として整備も進めています。2010年以降、首都圏中央連絡自動車道や北関東自動車道水戸線が整い、東京都心部への輸送時間が短くなりコストも削減できるため物流業の拡大が加速しています。今後も広域交通ネットワーク整備の拡大や利便性を飛躍的に活性化を見込めます。茨城県は豊かな自然にも恵まれています。筑波山や八溝山の緑が連なりや霞ケ浦や北浦、利根川の良質な水が豊富なため家畜・鶏飼業が盛んです。他にも農業では白菜、ねぎ、ピーマンの出荷量が全国1位を記録するほどです。茨城県は今後も産業や農業の発展から働く環境をさらに整えて、県全体の経済・生活を支える県づくりを目指しています。

ページトップへ戻る