真岡市

真岡市で屋根のお困りごと「雨漏り」「瓦のズレ」「雨どいの掃除・修理」「太陽熱温水器の点検・撤去」など、なんでもどんな小さなお困りごとでも屋根のプロフェッショナル「イエコマ」へご相談ください。

見積無料!お気軽にお問合せください

その他、屋根のお困りごとは
何でもご相談ください!

■ 「太陽熱温水器」施工事例

Before
After

屋根の上に置くエコロジー機器というと太陽光発電パネルを連想される方が多いでしょう。
しかし、2000年頃までは屋根の上に置くエコロジー機器といえば、太陽熱温水器を指していたといっていいでしょう。
太陽熱温水器は太陽光の熱を利用して、お湯を沸かすエコロジー機器です。
1970年代に登場し90年代ではテレビCMの影響もあり、ブームを引き起こすほどの人気でした。
5年ほど前に水漏れが起きるようになり修理を考えていらっしゃったそうなのですが、保守部品がもう手に入らなかったため最近まで使わずに放置していたものです。使わないので撤去することになりご依頼をいただきました。

■ 施工内容

施工内容:太陽熱温水器撤去
工期:1日

■ 施工の流れ

1
2

今回の太陽熱温水器は設置してかなりの年数が経過しているものです。太陽熱温水器を撤去してみたところ屋根の色の違いが著しくなっています。

3
4

集熱器を取り外し撤去した後、しつこい汚れをヘラでこそぎ落し、カスを箒できれいに掃除します。

5
6

汚れがこびりついてしまっており、色が全く変わってしまっています。そのため塗装を再度行う必要がありました。どうしても古い屋根を一部だけ塗ると周辺と色が合わなくなるというのは仕方がない部分があります。
こちらの屋根はかなり年数も経過していて、20年以上になっていました。全部塗り替えも考えたのですが、スレート屋根の寿命は25年程度でしので、塗り替えてもあまり長く使えるわけでもありません。今回は屋根の葺き替えまでの暫定的な措置として一部のみの塗装となりました。

■ 職人さんからひと言

太陽熱温水器は昔は多くの屋根に乗っていたものですが、最近はあまり見なくなりましたね。
私の家ではまだ現役で使っています。冬以外はちゃんと沸きますし、かなりエコでお得な器具です。値段も手ごろですし、かえりみられてもいい器具だと思います。いい器具なのですが取り扱っているメーカーも少なくなって、部品が手に入らないことが多いのはとても残念です。

取り外しの作業は結構怖いときがあります。
太陽熱温水器は重たい装置ですし、また、水が出ると滑ったりすることがあるためです。今回は水もなく勾配がゆるやかでしたので安心して作業することができました。

■ まとめ

エコロジー器具である太陽熱温水器ですが、屋根に負担がかかるという欠点があります。
また、太陽熱温水器は中の水がなくなってしまうと重量が軽くなって、台風などの強い風で飛ばされてしまうことがあります。

使わない太陽熱温水器は取り外すことがことがお勧めです。また、場合によっては修理できる場合もありますので太陽熱温水器のことならイエコマにご相談ください。

お客様からのイエコマへのご質問

Q:雪が落ちてきたときに雨どいが曲がってしまいました。修理してもらえますか?
A:イエコマでは雨どいの修理も行っています。一度状況を見た上でお見積りをさせていただきます。

Q:2階や屋根裏がすごく暑いです。対策はありますか?
A:暑さ対策はいろいろあり、状況によって最適な対策は異なってきます。
屋根材がトタンであれば断熱性の高い素材に変えることを検討する、天井裏から排気する換気扇をつける、断熱材を2階屋根裏に貼るといった様々な方法があります。一度イエコマにご相談ください。

イエコマ屋根サービスのQ&Aまとめ

真岡市の居住情報

真岡市は栃木県南東部のほっとできる都市です。かつては木綿といえば真岡と呼ばれる時期もあり、質が良く丈夫な木綿でも絹と同じ肌ざわりで染め上がった生地の色味に多くのファンがいます。また、歴史も深く江戸時代では、木綿の卸問屋をとりこにするほどの人気を博し仕入れのほとんどが真岡木綿でという大記録が残っています。

今でも木綿の生産技術は職人により伝えられており、伝統を受け継ぐ講座が開設されています。
工業分野では東京都心部から100㎞以内と比較的近いことと、交通網の利便性の良さから工場が集まっています。戦前から始まった工業団地の計画が今日では約90社におよぶ有名企業から形成されるほど盛んです。真岡市の特産物ははいちごをはじめ、ナスやトマト、ニラ、なし、メロンが有名です。

ページトップへ戻る