日光市

日光市で屋根のお困りごと「雨漏り」「瓦のズレ」「雨どいの掃除・修理」「太陽熱温水器の点検・撤去」など、なんでもどんな小さなお困りごとでも屋根のプロフェッショナル「イエコマ」へご相談ください。

見積無料!お気軽にお問合せください

その他、屋根のお困りごとは
何でもご相談ください!

■ 日光市の「ソーラー撤去」施工事例

Before
After

日光市在住のA様から太陽熱温水器の撤去の依頼がありました。
太陽熱温水器はシンプルなエコロジー器具です。まったくエネルギーを使うことなく、太陽の熱でお風呂などのお湯を沸かすことができる機器です。
オイルショックの頃に話題となり、1980年代に製品としての完成度が高まり普及が進みました。
現在ではあまり顧みられない製品ではありますが、エコロジーな器具としての実用性は高いものです。

太陽熱温水器の寿命はおおよそ15年程度です。普及が進んだ80年台、90年代に取り付けられた太陽熱温水器は現在ほぼ寿命を迎えてきています。そのためイエコマでは撤去の依頼を多くいただいております。

■ 施工内容

地域:栃木県日光市
施工内容:太陽熱温水器撤去
工期:3時間

■ 施工の流れ

1
2

劣化が進み水漏れが生じている状況でした。
屋根から水が落ちてくるため、使用をあきらめて給水栓を閉めっぱなしにしていたものです。

古いものなので修理はまったく考えなかったそうです。

3
4

手前にある集熱部を分解しておろします。
高所作業でもあり重量もあるので危険が伴います。
また、瓦を割らないように細心の注意をはらいます。かなり気をつかう作業です。

5
6

貯湯部を外しておろします。
また、ポリエチレンパイプ(給水管)も外して撤去します。

7

撤去が終わった状況です。
太陽熱温水器の設置部分にたまっている汚れについてもできる限り取り除きます。

■ 職人さんからひと言

気温が35度を超えた日でした。屋根の上は瓦の照り返しでとても暑かったです。
作業自体はスムーズに終わりました。通常であれば太陽熱温水器の中には水があるので、撤去の際は瓦が濡れるものです。
瓦が濡れると滑ったりして作業の危険が増すので気をつかうところです。しかし、A様宅の太陽熱温水器には水が全く残っておらず、その意味では安心して作業ができました。

■ まとめ

太陽熱温水器を取り扱うメーカーも減少しており、故障しても部品が手に入らないことはよくあります。
そのため放置されている太陽熱温水器がたくさん存在します。しかし、放置することは好ましくありません。
A様宅のような水が入っていない太陽熱温水器は、軽いため台風などで強い風によって飛ばされる危険性があるのです。台風シーズンの前に撤去することをお勧めします。

またイエコマでは撤去だけではなく、古くなった太陽熱温水器の点検・メンテナンスを24時間365日受け付けています。
太陽熱温水器に関するお困りごとならぜひご相談ください。

■ 日光市の「雨どいクリーニング」施工事例

クリーニング前
クリーニング中

日光市在住のM様から雨どいクリーニングの依頼がありました。
雨樋を詰まったままにすると、きちんと雨水を排水することができなくなります。
雨どいがあふれて雨水が家の外壁を伝って流れると外壁を傷める原因になります。

M様の家の脇は杉林となっており、杉の落ち葉が積もりやすい環境です。

■ 施工内容

地域:栃木県日光市
施工内容:雨どいクリーニング
工期:3時間

■ 施工の流れ

1
2

軒樋(のきどい)の状態を確認します。軒樋とは、屋根から流れ落ちる雨水を受けて排水させる樋のことです。

屋根に登り、軒樋を止める金具の状態を確認します。
M様邸の軒樋の中は落ち葉や土、小枝が詰まっていたためゴミばさみで取り除きます。目に見える範囲はできる限り手で取り除くのが基本です。

3
4

落ち葉や小枝を取り除いても、軒樋の底にこびりついた土や苔はなかなか取れません。頑固な汚れには高圧洗浄機を使って落とします。

5
6

軒樋を清掃した後、水がスムーズに流れるか確認をしました。さらに、集水器の汚れも確認します。
集水器とは、屋根から流れ落ちた雨水を軒樋で受けた後、流れついた雨水を集めて排水させる部分のことを指します。

竪樋(たてどい)が割れていたり継ぎ目が外れていないか?といった状態を確認します。
竪樋とは、集水器で集めた雨水などを排水するパイプのようなたての円筒のことです。

竪樋の内部を直接確認することができないので、高圧洗浄機のホースを通してノズルで汚れを落とします。
ホースの引っかかりを感じる箇所があれば、無理にホースを通そうとするのではなくゆっくりと丁寧にその箇所の清掃をします。

7

最後に、水を流してスムーズに排水ができれば施工は完了です。

落ち葉をはじめ土や砂、ホコリなど雨樋が詰まる原因はたくさんあります。落ち葉やゴミが溜まって水分を含むと、雨樋を塞いでしまいます。
雨水を排水できない状態を放置すると、雨水は外壁を伝わり、家の内部に浸入して雨漏りや腐食を引き起こすことがあります。

落ち葉が多く発生する立木が周りにある家では、1~3年に1度は定期的に雨樋の点検・掃除することをおすすめします。

■ 職人さんからひと言

この施工の依頼は10月中旬の秋日和な天気の日。穏やかな気候で作業がしやすかったです。
集水器から竪樋にかけて土が固まっており、撤去するのに手間がかかって少し大変でしたが、雨どいを壊さないようにゆっくり丁寧に作業しました。鳥の巣やしっくいが詰まっていることもありますので、雨どいの交換になる前に定期的な点検をお勧めしたいです。

■ まとめ

雨樋は、時間の経過とともに定期的に点検・掃除を行わなければならない部分です。

イエコマなら、9,800円(税別)で家全体の雨どいクリーニングを行っています。
目に見えるゴミを取るだけの業者も多い中で、安いだけではなく雨樋の内部までしっかり掃除するので安心してお任せください。

お客様からのイエコマへのご質問

Q:太陽熱温水器の撤去を依頼したいのですが可能でしょうか?
A:対応いたします。撤去の対象となる部材の拾い出しや、状況確認(架台の有無・配管の原状回復・屋根損傷の有無)のため現地調査を行い、お見積りを提示いたします(現地調査、見積無料)。

Q:雨樋の掃除していただきたいのですが、落ち葉がよく詰まってしまうので、掃除した後で落ち葉がたまらないようにしたいのですができますか?
A:イエコマでは、「雨どい落ち葉除けネット取付」というサービスもご用意しております。お客様の雨どいの形状に合わせたネットの取り付けが可能ですのでご検討ください。

イエコマ屋根サービスのQ&Aまとめ

日光市の居住情報

日光市は鬼怒川支流の大谷川中流にある渓谷であり、標高600m前後の平坦地です。日光市は主に世界遺産にも指定された日光の社寺、鬼怒川周辺に多くある温泉、各所にある特産品が富んだ都市です。日光の社寺の中でも代表的な日光東照宮は、江戸時代を切り開いた徳川家康を祀った神社です。神社建築様式が有名であり、本殿や拝殿などの技術の水準は非常に高く評価されています。

その中で8棟が国宝、34棟が重要文化財に指定されています。国内だけでなく海外からの観光客が多く来訪し賑わいを見せています。
鬼怒川温泉は、栃木県だけでなく日本国内でも有数の温泉街です。自然に恵まれた環境下で四季の移り変わりを感じ満喫できる温泉地です。
日光市は水がきれいなため、特産物も注目されています。湯葉のほかに和菓子、お酒など数多くあります。食べ物以外に伝統工芸品も人気があります。

ページトップへ戻る