牛久市

牛久市で屋根のお困りごと「雨漏り」「瓦のズレ」「雨どいの掃除・修理」「太陽熱温水器の点検・撤去」など、なんでもどんな小さなお困りごとでも屋根のプロフェッショナル「イエコマ」へご相談ください。

見積無料!お気軽にお問合せください

その他、屋根のお困りごとは
何でもご相談ください!

■ 牛久市の「太陽熱温水器撤去・瓦屋根補修」施工事例

太陽熱温水器撤去

Before
After

太陽熱温水器は太陽の光でお湯を沸かす機器です。
古くからあるのですが、1990年代にテレビCMで盛んに放送されたため普及が進みました。
太陽熱温水器で最も普及しているのが、この写真のような自然循環というタイプです。
構造がシンプルなため故障が少なく、安価なため多くの家に導入されました。
しかし、2010年以降はあまり新規の取り付けが行われなくなり、取り扱っているメーカーも少なくなりました。
保守部品も製造中止になっているケースが多く、故障した場合、修理できないケースが多いです。今回の太陽熱温水器も水漏れの修理ができず給水栓を閉じてずっと使用していなかったものです。

瓦屋根補修

Before
After

向きの違う瓦屋根がつながる部分を棟といいます。棟は屋根の背骨にあたる部分で、非常に重要な部分です。
重要な部分にもかかわらず、棟の瓦がずれることは比較的よくあります。棟の瓦がずれると雨漏りの原因になり、雨漏りすると家の躯体を腐らせたりして家の寿命が著しく短くなることがあります。
上記の写真は棟の部分ののし瓦を引きずり出してみたところです。指で引っ張ると簡単に抜けてしまう状態です。
のし瓦は漆喰やモルタルで固定されているため簡単には動かないはずです。しかし、漆喰が劣化していたため簡単に抜けてしまいます。

今回の工事ではのし瓦が抜けないように補強を行いました。

■ 施工内容

地域:茨城県牛久市
施工名:太陽熱温水器撤去・瓦屋根補修
工期:1日

■ 施工の流れ

太陽熱温水器撤去

1
2

まずは、太陽熱を利用して水をお湯に変える部分(集熱器)を撤去します。分割できるものの大きいので運ぶのは注意が必要です。
慣れた作業ではあるものの、いつも少し緊張します。瓦は濡れると滑りやすくなりますし、大きいものを抱えているとバランスがとりにくいからです。また、重量も30Kg程度とかなりあります。
瓦を割らないように慎重に歩く必要もあります。
今回の太陽熱温水器は水が入っていなかったこと、屋根の勾配が緩やかであったこともあって比較的やりやすい作業でした。

3
4

貯湯タンクを撤去します。貯湯タンクは熱くなったお湯をためておく部分です。
貯湯タンクも空でしたが、重量はやはり30kg以上はあるため、取り外しはなかなか大変です。

5

太陽熱温水器を支える架台(土台の部分)を撤去して完了です。

瓦屋根補修

1
2
3
4

瓦止めの接着剤で瓦が動かないよう固定します。一部分しか留めていないのが妙な印象を持たれるかもしれません。
しかし、このように一部だけを接着するのが正しいのです。
もしすべて接着剤でふさいでしまうと、瓦の下に湿気がこもってしまい、屋根の下地が腐ってしまうといった原因になるのです。

■ 職人さんからひと言

太陽熱温水器の撤去は簡単なようで実は結構大変な工事です。
重量物を不安定な屋根の上で運ぶ、しかも瓦屋根は割れることもあるという苦労があります。
今回は瓦止めの作業もありました。
単なる瓦止めでも屋根の勾配がきつい場合は、足場を組むといった作業が必要になることもありますが、必要は全くなくスムーズに完了することができました。

■ まとめ

今回はもともとが太陽熱温水器の撤去のご依頼でした。水の入っていない太陽熱温水器は風で飛ばされることもありかえって危険があるのです。
屋根に登る機会はあまりありませんので、このような機会にイエコマの作業員は屋根のチェックを行うことを励行しています。

屋根は家の重要な部分であり、劣化すると家の寿命が大きく縮まってしまいますので、屋根に登る機会があったら点検をすることが望ましいのです。点検を行った際に不具合が見つかった場合はお客様に説明をして、ご納得いただいたうえで工事を行っております。

お客様からのイエコマへのご質問

Q:古くなった太陽熱温水器の修理はできますか?
A:部品があり取り寄せることができれば修理することも可能です。しかし、古い製品であったり、製造を中止しているメーカーであったりする場合は部品が手に入らないことが多いため、修理できないことが多いです。まずは機種名などわかる範囲をイエコマにお伝えください。

Q:屋根の葺き替えはどれくらい費用がかかりますか。おおよその目安を教えてください
A:葺き替えをする必要がなく、塗装のみで済む場合もあります。また、葺き替えもいろいろな素材があります。日本瓦、スレート瓦、ガルバリウム鋼板などいろいろあります。素材によっても予算は変わってきます。また、屋根材の下にある下地材の状況によっても金額は変わります。下地材が腐朽してしまっていると下地材も交換になるため予算が高くなります。まずは調査が必要ですので、お問い合わせください。

イエコマ屋根サービスのQ&Aまとめ

牛久市の居住情報

東京都心部から50km圏内にあり、JR常磐線と国道6号が通るアクセスしやすさから東京のベッドタウンとして人気です。近年はひたち野うしく駅周辺が急速に開けており、東京都心部の新しい衛星都市として発展が進んでいます。農業も盛んで小野川、稲荷川、乙戸川沿いで落花生、ゴボウ、メロン、スイカなど畑作が盛んです。また、世界一高い鋳造の像である牛久大仏は非常に有名です。

豊かな自然の緑を保つまちづくりを推進しており景観重点地区を設けています。牛久沼、遠山、結束の3地区を中心に緑のネットワークと位置付けています。特に有名な牛久沼地区は古くからうな丼の発祥地として有名です。牛久沼沿いは別名うなぎ街道とも呼ばれうなぎの老舗が軒を連ねています。河童の絵で有名な小川芋銭の出身地であり、そのためまた河童の里とも呼ばれています。

ページトップへ戻る