問合件数5000件突破!!

ブラインドの交換・新設

上げ下げが出来なくなった、紐が切れた、羽が折れた…ブラインドのお困りごとに対応します!

ブラインドの交換・新設
イエコマ紹介キャンペーン

ブラインドの交換・新設が
初回限定!
1ヵ所 9,200円(税別)
2ヵ所目以降 +4,700円/ヵ所(税別)

※現場調査が必要となります。

※戸建住宅向けのサービスとなっておりますので、集合住宅(アパート・マンション)、ビル、店舗、工場等の作業はお受けすることができません。

※上記料金は施工費用です。(ブラインドの代金は含んでおりませんので別途必要となります。)

※作業は居住部分に限ります。

※借家の場合、大家様の許可および立ち合いが必須条件となります。

24時間365日受付

ブラインドの不具合、そのままにしていると故障してしまうかも?

上げ下げが出来なくなった、紐が切れてしまった、羽が折れてしまった……ブラインドの故障にお困りではありませんか?
最近では、カーテンの代わりにブラインドを取り付けている家庭も多くなっています。カーテンの代わりなので、故障してしまうと日が室内に入り込んだり、外からの人の目が気になったりしてしまうでしょう。
ブラインドは、何年も利用し続けているとどうしても故障や不具合が生じてしまいます。少しでもおかしな点や不具合に気が付いたら、まずはイエコマまでお問合せください!

>>ご自身でブラインドを取り付けられる方は、「ブラインドの取り付け方法に移動

ブラインドで起こりやすいトラブルとは?

カーテンのように、採光や目隠しのために使われているブラインド。羽根を回転させることで自由に調整できる機能性が魅力のひとつであり、インテリアの一環として取り入れている家庭も多いのではないでしょうか?
カーテンと比較すると、羽根の部分を動かすだけで開け閉めが簡単にできるというメリットがありますが、羽根のひとつひとつに埃などが積もり、手入れをするのが面倒な一面があります。

ブラインドで起こりやすいトラブルは、昇降コードが切れた、昇降コードを引っ張っても羽根が動かなくなってしまった、羽根が曲がってしまった、などの問題です。しっかりと修理を行えば、長く使い続けることのできるブラインドですが、故障してしまったものをそのままにしておくと修理不可能になってしまいます。なるべく早くに直すようにしましょう。

ブラインドの交換、取り付けもお任せください!

カーテンからブラインドに変更したい、模様替えをした部屋に合わせて新しくブラインドを取り付けたい、古くなってしまったブラインドを交換したい…など、イエコマでは修理以外でも対応いたします。

まずは一度、お気軽にご相談ください。

>>イエコマは、カーテンレールの取り付け・撤去も提供しております。

カーテンレールの取り付け・撤去

1ヵ所 9,200円(税別)
2ヵ所目以降 +4,700円/ヵ所(税別)!

24時間365日受付

 

ブラインドの効果

ブラインドには、光を調節することのみならず、 以下のようなさまざまな効果があります。
1つずつ挙げていきます。

光を調節する

ブラインドを開け閉めすることで、室内に直接入る日光を調節することができます。
また、ブラインドの 素材よっては、光を完全に遮るものや透過するものもあるので、部屋の雰囲気によって使い分けることができます。

 

視線を調節する

ブラインドを開け閉めすることで、内外からの視線を遮ったり、室内や外を見えやすくしたりできます。

 

暑さや寒さを和らげる

断熱性のある素材や空気層ができる構造のブラインドは、部屋の暑さや寒さを和らげてくれます。

 

防音する

素材によっては、防音性に優れたブラインドもあります。

 

インテリアの一部として機能する

窓は居室空間の大きな面積を占めています。よって、窓に取り付けるブラインドもインテリアの一部として考えることで、空間のアクセントになります。

 

ブラインドの種類(それぞれの特徴)

ベネシャンブラインド(横型ブラインド)

ベネシャンブラインド

ベネシャンブラインドは、オフィスなどでもよく利用されている横型のブラインドです。
スラットと呼ばれる横に伸びた羽の角度を調節することで、光の量や風の向き、視線の抜け方を変化させることができます。

ベネシャンブラインドの操作器具 には、下記の3種類があります。

コード式:垂れ下がった2本のコードを操作することで、スラットの上げ下げや角度調節を行う形式
ポール式:垂れ下がったコードでブラインドの上げ下げを、ポールでスラットの角度調節を行う形式
ワンポール式:スラットの上げ下げや角度調節を、1本のポールを引いたり回したりすることで行う形式

 

バーチカルブラインド(縦型ブラインド)

バーチカルブラインド

引用元:トーソー株式会社

バーチカルブラインドとは、縦型のブラインドのことです。スラットが縦方向に伸びているので、空間をよりシャープかつスタイリッシュに演出できるのがメリットです。
存在感が出るように、掃き出し窓の部分に使われることが多いです。

バーチカルブラインドの操作器具には、下記の2種類があります。

ポール式:垂れ下がったコードでブラインドの上げ下げを、ポールでスラットの角度調節を行う形式
バトン式:スラットの開け閉めと回転を1本のバトンで行う形式。バトン式の操作は、カーテンを開け閉めするときのように、一番端のスラットについているバトンを持って開閉方向に移動して行う

 

ロールスクリーン

ロールスクリーン

ロールスクリーンとは、ロール状に巻かれた一枚の生地を上げ下げすることで、光の量や視線の抜けなどを調整するブラインドです。
ロールスクリーンの操作器具には、下記の3種類があります。

プルコード式:ロールスクリーンの中央先端に設置された取っ手を真下に引き下ろすとスクリーンが下がり、プルコードを少し下に引き手を放すとスクリーンが巻き上がる仕組み
チェーン式:チェーンを回す方向により、スクリーンを上げ下げする仕組み
ワンタッチ式:チェーンの奥側を引っ張るとスクリーンが下がり、チェーンの手前側を少し引っ張り手を放すと、スクリーンが巻き上がる仕組み

 

プリーツスクリーン

プリーツスクリーン

引用元:立川ブラインド工業株式会社(株式会社ながしまHP掲載)

プリーツスクリーンとは、プリーツ状に折られた一枚の布を広げたり畳んだりすることで、スクリーンの役割を果たすブラインドです。
和風のインテリアに合う素材も多く、和室では障子の代わりに使用する場合もあります。障子の場合は必ず片方の開口部が塞がれてしまうので、全面が開くプリーツスクリーンを代わりに用いることもあります。

 

プリーツスクリーンの操作器具には、下記の3種類があります。

チェーン式:チェーンを回す方向により、スクリーンを上げ下げする仕組み
コード式:垂れ下がった2本のコードを操作することで、スラットの上げ下げや角度調節を行う形式
ワンタッチ式:チェーンの奥側を引っ張るとスクリーンが下がり、チェーンの手前側を少し引っ張り手を放すと、スクリーンが巻き上がる仕組み

 

ハニカムスクリーン

ハニカムスクリーン

引用元:松装株式会社

スクリーンの断面をプリーツではなくハチの巣状にしたのが、ハニカムスクリーンです。ハニカム構造の内側には空気の層が作られ、一般のブラインドにはない断熱効果が期待できます。

 

ハニカムスクリーンの操作器具には、下記の3種類があります。

プルコード式:ロールスクリーンの中央先端に設置された取っ手を真下に引き下ろすとスクリーンが下がり、プルコードを少し下に引き手を放すとスクリーンが巻きあがる仕組み
チェーン式:チェーンを回す方向により、スクリーンを上げ下げする仕組み
ツーウェイ式:上下どちらからでもスクリーンの開け閉めが可能なタイプ

 

ローマンシェード

ローマンシェード

引用元:モダン インテリア ブラインド

ローマンシェードとは、カーテンで使われるような布の生地を上下に折り畳みながら開け閉めするブラインドです。
プレーンシェード、シャープシェード、ピーコックシェード、バルーンシェードなど、折り畳み方でタイプが分かれていて、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

 

ローマンシェードの操作器具には、下記の2種類があります。

コード式:コードを真下に引き下ろす下に下がり、少し下に引いて手を放すと上に巻き上がる仕組み
ドラム式:チェーンの操作でブラインドを上げ下げする仕組み

 

ブラインドを選ぶポイント

ブラインドは居室空間の中でも大きな面積を占めるため、インテリアを考える上では欠かせない部分です。
ブラインドを空間のアクセントとして捉え、部屋に合ったものを選ぶためには、ブラインドの「色」と「素材」 に注目してみましょう。

ブラインドの色

ブラインドにはさまざまな色が用意されているので、部屋のコーディネートと一緒に選んでいきましょう。
ブラインドの色の選び方の例を紹介します。

壁や床の色と合わせる

一番簡単で間違いが少ないのは、ブラインドの色を部屋の壁や床の色と合わせることです。
面積の広い壁や床と合わせることで、全体的に統一感が生まれ、空間がすっきりとして見えます。
たとえば、白色の壁に合わせて白系のブラインドを用いる、フローリングの床に合わせ木製のブラインドを用いるなどの選びかたが よいでしょう。

壁や床、窓に統一感があると、部屋にある家具の素材や色が引き立ちます。ソファやラグ、クッションがアクセントカラーになっている場合や、アートを飾っている場合などは、それらを強調させる役割があります。

 

家具やソファなどの色と合わせる

ブラインドの色を部屋にあるソファやテーブル、クッション、ラグなどの色と合わせるのもおすすめです。家具とともにブラインドの色も 空間のアクセントカラーとなります。
少し上級編ですが、思い切って鮮やかな色を選んでみるのもよいでしょう。部屋全体の色のバランスを見ながら、自分らしい色を選んでいきましょう。

 

ブラインドの素材

ブラインドの素材は、主にアルミ製・木製・布製があります。
それぞれの特徴を説明します。

アルミ製

もっとも一般的な素材です。アルミは軽くて丈夫で汚れに強いため、比較的扱いやすいです。また、色のバリエーションもたくさんあるので、部屋に合うものを選ぶことができます。スッキリとシャープな印象を与え、モダンなインテリアによく合います。

 

木製

木製のブラインドは、木の素材を生かした温かみのある空間を演出するのが特徴です。
木製の家具やフローリングとも相性がよいため、インテリアの一部として活躍します。
木製のブラインドはアルミ製よりも重量があるため、上げ下げするときは注意が必要ですが、近年は軽量のものも出てきています。

 

布製

布製のブラインドは、部屋全体に柔らかい印象を与えてくれます。
さまざまな材質や厚みが選べるため、光の入り具合や視線の抜けなどを自分好みに調整しやすいです。
しかし、布製は他の素材よりも汚れが付着しやすいため、メンテナンスには気をつけましょう。

 

上記の他にも、麻や、和紙・ポリエステル・アクリルなどに樹脂加工を施した素材のブラインドもあります。

 

ブラインドの手入れ方法

ブラインドが汚れる原因

ブラインドには、日々の生活の中でさまざまな汚れが付着します。ホコリや手あかの他に、キッチンやダイニングの近くでは油汚れ、リビングや寝室ではヤニが付きやすいです。
ブラインドが汚れていると、室内に入ってくる外気と一緒にブラインドに付着したホコリなどが室内で舞い、アレルギー症状を引き起こしてしまう場合もあります。

日常的なお手入れを欠かさず、快適に生活できるようにする必要があります。
以下で、「普段」「季節ごと」「汚れがひどい場合」の3つのケースごとの手入れの仕方を紹介します。

 

普段の手入れ

羽はたきやハンドモップなどを使ってブラインドについたホコリを取り払います。
アルミ製や木製の場合、油汚れがあるときには柔らかい布で拭き取る、軍手をはめてスラット部分を拭くなどの掃除方法が効果的です。
アルミ製の場合は、洗剤をしみ込ませた軍手を装着して指で挟むように拭き、最後に水拭きをして乾燥させるとさらによいです。

 

季節ごとの手入れ

季節に一度は、普段のお手入れではきれいにできなかった汚れを取り除きましょう。
固く絞った雑巾でスラット部分を拭くことで、こびりついた汚れを取ることができます。
木製のブラインドは水に弱いので、掃除する際は注意しましょう。

 

汚れがひどい場合

アルミ製と布製のブラインドのそれぞれの手入れの仕方を説明していきます。

アルミ製のブラインドの手入れの仕方

アルミ製のブラインドは水や洗剤を使って丸洗いできるので、年に1回程度しっかり掃除しましょう。
以下が掃除の工程です。

1.ブラインドの本体を外して浴室で広げる
2.中性洗剤を含ませたスポンジで 両面きれいに洗う
3.ブラインドを水洗いする
4.乾いた布で水気を拭き取る

 

布製のブラインド

布製のブラインドは、洗えるものと洗えないものがあるので、必ず洗濯表示を確認しましょう。洗えるものは、洗濯機をソフトに設定し、ブラインドを洗濯ネットに入れて洗い、すすいで脱水を行います。
洗濯が終わったら、必ず陰干しで乾かしましょう。

ここでは、バーチカルブラインドとロールスクリーンの洗濯方法を紹介します。

【バーチカルブラインドの洗い方】

1.スラット同士をつないでいるコードを外す
2.ヘッドレールからスレッドを外す
3.スラットからルーバーフックを外す
4.5~10枚のスラットを束ねて一緒に丸める
5.丸めたスラットを洗濯ネットに入れ、洗濯する
6.陰干しでよく乾かす

 
【ロールスクリーンの洗い方】

1.スクリーンの布を本体から外す
2.布をやさしく球状に丸めて洗濯機に入れ、洗濯する
(折りたたんで洗濯機に入れると、折りぐせが付いてしまうことがあります)
3.陰干しでよく乾かす
4.シワが気になる場合は、当て布をして中温でアイロンをかける

※木製のブラインドは水分を含むとスラットが反ってしまうので、水や洗剤で洗うことはできません。汚れがこびりつく前にこまめに掃除するようにしましょう。

 

ブラインドの取り付け方の種類

ブラインドには、窓枠の内側に取り付ける、窓枠の前面に取り付けるなど、さまざまな取り付け方があります。
以下に1つずつ説明していきます。

窓枠内付け(天井付け)

窓枠内付け(天井付け)

窓枠の内側に、上向きにブラインドを取り付ける方法です。窓枠の内側に収まるので、すっきりとした印象になります。

 

窓枠内付け(フレームタイプ)

窓枠内付け(フレームタイプ)

ネジを使用せずに、フレームを窓枠の内側に設置してブラインドをつけるタイプです。窓枠に穴を開ける必要がないので、賃貸物件などでも使用できます。

 

窓枠前付け(正面付け)

窓枠前付け(正面付け)

窓枠の正面もしくは壁面に取り付けるタイプです。窓を覆うように設置するので、窓枠内付けよりも光の漏れが少なくなります。窓が大きく見えるのもメリットです。

 

連結での取り付け

連結での取り付け

窓の幅が広く、1つのブラインドで足りない場合は、連結タイプのブラインドを設置します。連結タイプはそれぞれのブラインドごとに操作できるので、右側だけ開ける、左側だけ角度を変えるなど、細かい調整が可能です。

 

カーテンボックスへの取り付け

カーテンボックスへの取り付け

ブラインドをカーテンボックスの内側に取り付けるタイプです。上部のヘッド部分がカーテンボックスの中に隠れるので、すっきりとした見た目になります。

 

カーテンレールへの取り付け

カーテンレールへの取り付け

ブラインドをカーテンレールに直接取り付けるタイプです。あまり大きな重量には耐えられないので、ウッドブラインドは取り付け不可です。

 

和室への取り付け

和室への取り付け

和室の障子を取り外した部分にブラインドを設置するタイプです。

 

ブラインドの取り付け方法

ブラインドの取り付けには、取り付け方ごとに採寸方法や手順が異なります。

窓枠内付け(天井付け)の場合
窓枠内付け(フレームタイプ)の場合
窓枠前付け(正面付け)の場合
連結での取り付けの場合
カーテンボックスへの取り付けの場合
カーテンレールへの取り付けの場合
和室への取り付けの場合
 

窓枠内付け(天井付け)の場合

採寸方法

ブラインドの大きさは、幅・高さともに、窓枠の内側の長さより1㎝短い寸法のものを用意します。

取り付け手順

1.窓枠に印を付ける

下穴を開ける位置を測り、窓枠に印をつけます。

2.下穴を開ける(この作業は不要な場合もあります)

ドリルドライバーなどを用いて、窓枠に取り付け穴を開けます。

3.ブラケットを取り付ける

プラスドライバーまたはドリルドライバーなどを用いて、ブラケット(ブラインドを取り付ける固定金具)を取り付け、ネジで固定していきます。

 
4.ヘッドボックスとスラットを設置する

ヘッドボックスとスラットをブラケットに取り付け、衝撃でブラインドが外れないようにフラップの先端をペンチなどで曲げます。

5.操作ポールを取り付ける

操作するためのポールなどがあれば、取り付けます。

6.ヘッドカバーを取付ける

最後にヘッドカバーを取り付けて終了です。

 

窓枠内付け(フレームタイプ)の場合

採寸方法

窓枠の内側の寸法を正確に測り、フレームの寸法に反映させます。

取り付け手順

1.マジックテープを窓枠に貼る

最初に窓枠の汚れを拭き取り、そのあとマジックテープを窓枠の左右内側に貼ります。

2.マジックベルトを貼り付ける

窓枠の中央付近に、マジックベルトを設置します。

3.フレームを取り付ける

まず左右どちらかのフレームを窓枠に取り付けます。取り付けたフレームにヘッドボックスの片側を乗せます。
もう一つのフレームにヘッドボックスのもう片方を乗せながら、窓枠にフレームを固定していきます。

4.マジックベルトを巻き付ける

本体にマジックベルトを巻き付けます。

5.操作ポールを取り付ける

操作するためのポールなどがあれば、取り付けます。

6.ヘッドカバーを取付ける

最後にヘッドカバーを取り付けて終了です。

 

窓枠前付け(正面付け)の場合

採寸方法

ブラインドの大きさは、幅・高さともに、窓枠の外側の長さよりも2~4㎝長い寸法のものを用意します。

取り付け手順

1.窓枠に印を付ける

下穴を開ける位置を測り、窓枠に印をつけます。

2.下穴を開ける(この作業は不要な場合もあります)

ドリルドライバーなどを用いて、窓枠に取り付け穴を開けます。

3.ブラケットを取り付ける

プラスドライバーまたはドリルドライバーなどを用いて、ブラケット(ブラインドを取り付ける固定金具)を取り付け、ネジで固定していきます。

 
4.ヘッドボックスとスラットを設置する

ヘッドボックスとスラットをブラケットに取り付け、衝撃でブラインドが外れないようにフラップの先端をペンチなどで曲げます。

5.操作ポールを取り付ける

操作するためのポールなどがあれば、取り付けます。

6.ヘッドカバーを取付ける

最後にヘッドカバーを取り付けて終了です。

 

連結での取り付けの場合

連結タイプは、ブラケット(ブラインドを取り付ける部分)が連結しているタイプです。取り付け方法は、天井付け・正面付けと同じです。

 

カーテンボックスへの取り付けの場合

天井付けと同じ方法で、ブラインドをカーテンボックス内に取り付けます。

ブラインドの幅は、窓枠を覆うサイズかカーテンボックスの内寸より2㎝程短い寸法がよいでしょう。
ブラインドの高さは、腰壁の場合は窓枠の一番下のラインに合わせ、掃き出し窓の場合は床面より1㎝程高いラインに設置するとよいでしょう。

カーテンボックス内側の奥行寸法が取り付けに適しているか、十分に確認した上で作業を行いましょう。

 

カーテンレールへの取り付けの場合

採寸方法

ブラインドの幅は、窓枠の外側の長さよりも2~4㎝長い寸法のものを用意します。ブラインドの高さは、掃き出し窓の場合は床面より1㎝程高いラインに設置すると良いでしょう。

取り付け手順

1.サイドキャップとランナーを外す

カーテンレールに付いているサイドキャップとランナーを取り外します。

2.ブラケットを取り付ける

カーテンレールにブラケット(ブラインドを取り付ける固定金具)を取り付け、ネジで固定します。
ブラケットは、カーテンレールの長さに対して距離が均等になるように取り付けましょう。両端のブラケットはブラインドの幅より4㎝内側の位置で固定します。

3.ブラインドを取り付ける

設置したブラケットにブラインド本体を取り付けます。

4.操作ポールを取り付ける

操作するためのポールなどがあれば、取り付けます。

 

和室への取り付けの場合

和室の障子を取り外した部分にブラインドを設置します。取り付け方法は、普通の天井付け・正面付けなどと変わりません。
天井付けの場合は、障子をはめていた溝の部分にネジを差し込むので、溝が深い場合は長めのネジが必要になります。

イエコマが選ばれる3つの秘密

1.業界最安値が維持できるのはなぜ?営業コストを徹底的に合理化しているからです!

通常、ハウストラブルの対応業者は、宣伝・広告費に多額のコストをかけています。
趣向を凝らしたチラシやマグネットが、しょっちゅうポストや新聞に入っていませんか?

でも、たいていの場合、そうしたチラシはゴミ箱に直行してますよね。
これらを作って配り、さらに営業マンも回らせ、見積もりを立てて・・・
ご利用者様に関係のないこれらの作業がすべて施工費に上乗せされ、請求されてきました。

イエコマでは、こうした無駄な営業コストを徹底的に抑えました。

さらに、ご利用者の状況に最適な業者を派遣することで、不要コストを最大限削減。
追加料金なしの明朗会計を実現しました!

2.業界最安値が維持できるのはなぜ?「家の専門家」が施工するからです!

各種補修や清掃を安く請け負う業者は、ほかにもあります。
しかし、その多くはそれ“だけ”しか対応できません。

建築物について素人同然の作業員が作業をした結果、「作業が乱暴で、壁に傷がついていた」「作業したその日はよかったが、しばらくしたらまたすぐに異常が発生した」など、かえって状況が悪化するようなケースが少なくないのです。

当社が派遣するのは、住宅設備・内装・外装工事のエキスパート。
施工箇所だけでなく家全体のことを考えた作業で、長く住むためのお手伝いをいたします。

また、当社では、独自の厳しいサービス基準を設け、「サービスマン」として訪問できるスタッフのみ派遣しております。
大切なお住まいのことをお任せいただく者としてふさわしい “礼儀””清潔感”のある対応をお約束いたします。

3.強引な営業の不安がないのはなぜ?万一のときは、当社が窓口となるからです!

安価な業者に頼んだときに起こりがちなのが、「施工が済んだのに、追加で不必要な工事を勧められて断りにくい」など、しつこい営業を受けるようになってしまうこと。

当社では、良心的な地元業者を手配しているので安心ですが、万が一、施工業者からしつこい勧誘や営業を受けたら、ご相談ください。
ただちにやめるよう、当社がストップをかけます。

窓口と施工が別会社だからこその、安心サービスです。

施工事例

お客様の声

実家もお勧めしたい
千葉県 S様
お客様の声 千葉県 S様

作業対応がとても良く、とても満足しています。実家も網戸の張り替え、お勧めしたいです。

イエコマ

ご利用ありがとうございます。とても満足頂けて良かったです。もちろんご実家の網戸もお電話があればすぐに張り替えさせて頂きますよ。

の感想一覧

閉じる
早い対応で大変満足
茨城県 O様
お客様の声 茨城県 O様

早い対応で、お安く、きれいに仕上げていただき、大変満足しております。

イエコマ

ありがとうございます。お客様に満足して頂けてとても嬉しく思います。
お家で困ったことがあれば、是非またご相談下さい。

の感想一覧

閉じる
手早さに驚き
埼玉県 T様
お客様の声 埼玉県 T様

その手早さには驚きでした。作業後、会社案内と立派な名刺を差し出しましたが、よくマナーを心得ておられると感じました。この方には我が家でまた問題が起きれば必ず相談します。そういう立派な仕事ぶりであったことをご報告します。

イエコマ

こちらこそ、お褒めを頂いて恐縮と感じております。またお住まいに問題が起こった際は是非向かわせて頂きます。ありがとうございました。

の感想一覧

閉じる

お申し込みの流れ

対応エリアをご確認ください

対応エリア対応エリア

※離島は対応エリア外となります

お電話の場合

1. 当社までお電話をください

お申し込みはこちらから

2. 当社の担当者がお客様のご希望のメニューをお伺いします

3. 施工会社よりご連絡し、詳しくご状況を詳しくお聞きした上で作業の日程を調整します

4. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

メールフォームの場合

1. メールフォームに必要事項を記入してください

お申し込み

2. 当社のオペレーターまたは施工店より、折り返しお電話いたします
お客様のお宅の状況を詳しくお伺いした上で、作業の日程を調整します

3. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

ページトップへ戻る