結露対策

結露にお困りではありませんか? 冬が来る前に解決しましょう!!

結露対策
イエコマ紹介キャンペーン

結露対策が
初回限定!
現地調査・お見積り無料!

※戸建住宅向けのサービスとなっておりますので、集合住宅(アパート・マンション)、ビル、店舗、工場等の作業はお受けすることができません。

※作業は居住部分に限ります。

※借家の場合、大家様の許可および立ち合いが必須条件となります。

※現地調査が必要になります。

24時間365日受付

住まいの天敵!結露が起こる仕組みとは

冬になり気温が下がってくると、窓際に沢山の水滴がついている……この現象を「結露」と言います。
ただ水滴がついているだけだし…とそのままにしてはいませんか?実は、住まいが腐食してしまう最大の原因が、この結露だと言われています。

結露は、温かく湿った空気が冷たい物に触れることによって発生します。
冬場、室内の湿度が上がってしまうのには、暖房器具、調理、風呂、人の呼吸など、様々な要因があります。
こうして私たちの生活の中から排出された湿気が冷やされたあと、気体から液体へと凝縮されて結露に変化していくのです。

室内で発生する結露には2種類あります。

表面結露

外の空気に触れている窓ガラスや暖房をつけていない部屋の壁など、他の場所よりも冷たいところが暖かい空気に触れた際に出来る結露のことです。
表面結露は、カビやダニを発生させる一因だけではなく、ぜんそくやアレルギーを引き起こす原因になっています。

内部結露

壁の中や天井裏、床下など、見えない部分で発生する結露です。防湿が不十分、または断熱に隙間があるなどの理由で室内の湿気が壁や天井裏などに浸透し、結露になってしまいます。
見えない部分で発生する内部結露は、表面結露よりも気が付きにくいのです。発見が遅くなり、被害が大きくなってしまうと、住宅の腐食や蟻害をといった二次被害を引き起こしてしまうかもしれません。

 

イエコマの結露対策

イエコマの結露対策サービスは、
窓のみならず、壁の中や天井裏、床下なども対策可能なのです!
しかも初回限定で、見積もり・現地調査は無料で行い、お問い合わせは24時間365日受付です。

「たかが結露」と油断すると、繰り返すカビの発生に悩まされることにもなり得ます。
先述の通り、カビの発生でぜん息やアレルギーを生じさせるだけでなく、住宅の寿命も縮めることにもなるので、まずはお気軽にご相談ください。

24時間365日受付

 

結露の発生メカニズム

空気中に含まれる水蒸気の量は温度によって変化し、温度が高いほどたくさんの水蒸気を含むことができます。結露とは、温かい空気が何らかの理由で突然冷やされたとき、含みきれなくなった水蒸気が水滴として押し出される現象です。

たとえば、冬に部屋の暖房を室温20℃・湿度50%の設定で運転したとき、壁や窓ガラスの表面温度が9.6℃を下回ると結露が発生します。
冬の住宅内でよく起こるシチュエーションなので、暖房温度や湿度の管理には十分注意しましょう。

 

結露の放置は危険!

結露の放置は、カビの発生・住宅の寿命の短縮という危険性を招く恐れがあります。
それぞれ見ていきましょう。

カビの発生

結露でぬれた壁や床などをそのまま放置すると、カビの原因になります。
先述の通り、カビが生えると、カビを餌とするダニが集まり、そのカビやダニを吸い込んで喘息(ぜんそく)を引き起こすことがあります。結露は人体にも悪影響を及ぼすのです。
環境のわずかな変化も影響しやすい小さな子どもやお年寄りがいる家では、結露には特に気をつけなければいけません。

 

住宅の寿命の短縮

建物の構造材が長い間結露にさらされると、その部分が腐食し強度が低下するので、住宅の寿命を縮める原因にもなります。

 

住宅の中で結露が発生しやすい場所

結露は住宅内のどのような場所に発生するのでしょうか?
見落としがちな場所に注意しつつ、家の中の以下に挙げる場所を確認してみてください。

サッシ

外気によって冷やされたサッシに室内の温かい空気が触れることで、結露が引き起こされます。サッシの結露は比較的よく見られます。

 

部屋の隅は外気に接する部分でもあるため、壁が冷たくなり結露を引き起こしやすい場所です。部屋の隅は家具を設置する場所でもあるので、日ごろからよく観察しましょう。

 

押し入れ

押し入れの中がなんだかジメジメしている場合は、結露が起こりやすい環境といえます。押し入れの結露を防ぐには、除湿器や除湿剤を置く、ふすまを開けて換気するなどが効果的です。
また、押し入れには物をぎゅうぎゅうに詰め込まず、できるだけ空気の通りを良くしておきましょう。

 

浴室、洗面所、トイレ

浴室、洗面所、トイレは常に水を扱う場所なので、他の部屋よりも湿度が高いことに加え、室温が低くなりがちです。シンクの下や洗面台の収納、トイレの配管付近は特に結露が起こりやすいので注意しましょう。

 

家具の背面

タンスや本棚などは、壁や部屋の隅に面して設置することが多い家具です。
壁や部屋の隅は、室内でも温度が低くなりがちで、家具の背面に結露が発生しやすくなります。家具を壁から数センチ離して設置し、少しでも通気を良くすることで、結露を防止できます。

 

自分ですぐにできる結露対策

住宅内は、暖房や加湿器の使用などにより、どうしても結露が発生しやすい状況下にあります。
では、どうすれば結露を防ぐことができるのでしょうか。

結露を防ぐポイントは、「室温を上げないこと」「湿度を上げないこと」の2点です。
以下に、自宅ですぐにできる結露対策の方法を紹介します。

室温を上げすぎない

室温が上がると空気中に含むことができる水蒸気の量が多くなり、結露の原因となります。

 

除湿器を使用する(加湿器を使いすぎない)

冬は風邪を予防するために加湿が大切ですが、加湿器を使いすぎると湿度が上がり、結露の原因となります。

 

こまめに換気する

調理や入浴、洗濯物の部屋干しなどをすると、空気中に水蒸気が発生し、部屋の湿度が上がります。
これを防ぐには、キッチン、浴室、トイレなど水を使う場所の換気を頻繁に行う、洗濯物は部屋ではなく浴室で干すといった工夫で、湿度を外に逃がすことを心がけましょう。

また寒い季節は、就寝前に数分だけでも窓を開けて部屋全体の換気を行い、湿度を逃がすことで結露を軽減できます。
ただし、雨や雪が降っている場合は外の方が湿度は高く、逆効果なので避けるべきです

除湿器などの換気設備の保守点検も重要です。フィルターの中にゴミやほこりが詰まっている状態では、十分に換気ができません。定期的な点検や清掃を行いましょう。

 

観葉植物や水槽を窓や壁の近くに置かない

観葉植物や水槽は、窓辺や壁の付近にレイアウトしがちです。
しかし、観葉植物や水槽からは常に水蒸気が排出されているため、窓や壁付近の湿度が上がり、結露を起こしやすい状況になってしまいます。
結露が起きにくい場所を考え、うまくレイアウトしましょう。

 

壁と家具の隙間を空ける

壁と密着した状態でタンスなどの家具を設置すると、部屋の温かい空気が家具の裏側に回らず、家具に結露が発生してしまいます。
家具の結露を防ぐには、家具を壁から最低10cm離し、空気の通りをよくすることが大切です。

 

食器用洗剤で窓を拭く

食器用洗剤には界面活性剤という水を弾く成分が含まれ、窓に付着させることで結露を防止する効果があります。
次の手順で使用してみましょう。

1. 水100~200mlに、食器用洗剤大さじ1杯を加える。
2. 作った液を布に染み込ませ、窓を拭く。
3. 乾いた布でから拭きする。
これを週に2回ほど行うと、結露対策になります。

 

断熱シート(プチプチ包装シート、プラスチック段ボールなど)を窓に貼る

断熱シートを窓に貼ると、窓が冷えるのを防ぐことができ、結露防止になります。
包装用のプチプチやプラスチック段ボールなどは、ホームセンターで簡単に購入できるので、一度試してみましょう。
断熱効果をより高めるには、窓の屋外側にシートを貼り、外気で窓が冷えないようにします。

 

結露防止シート(フィルム)を貼る

市販の結露防止シートを窓ガラスに貼ることで、窓が冷えるのを防ぎ、結露対策になります。あまりにも結露がひどい場合は、窓の室内側に結露防止シート、外側にプチプチ包装シートやプラスチック段ボールを設置すると効果的です。

 

吸水テープを窓枠の下部に貼る

発生した水滴が壁や床に垂れてしまうことを防ぐには、市販の吸収テープを窓枠の下部に貼ります。

 

扇風機やサーキュレーターを窓の前で稼働させる

結露がひどい場合は、扇風機やサーキュレーターを窓の前で稼働させ、窓付近で空気が停滞しないようにします。
窓付近で空気が冷やされる前に空気をどんどん循環させることで、結露を防げるだけでなく、暖房の温かい空気が部屋全体に行きわたります。

 

さらに効果の高い結露対策

上記の方法で結露が解消できない場合は、以下の4つの方法を試してみましょう。

暖房器具を電気式や非開放型、FF式に取り換える

石油ストーブ、ガスストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなどは、使用すると大量の水蒸気が空気中に放出され、結露の原因となります。
これを解消するには、排気を室内に出さないハロゲンヒーターなどの電気式ヒーターや、FF式、非開放型のヒーターに取り換えるとよいでしょう。

 

ミラーレースカーテンに交換する

厚い布のカーテンを使用している場合は、夜にカーテンを閉めたとき、室内と窓際の温度差が大きくなり、結露が発生しやすくなります。
そこで、ミラーレースカーテンを使用すると、遮光性があるため外からの紫外線を遮断できる上、通気性が良いので窓付近まで暖房が届き、結露を防ぐことができます。

 

窓用結露防止ヒーターを活用する

いくら結露対策をしても改善できない場合は、窓際をピンポイントで温めるヒーターを使ってみてもよいでしょう。普段使いの暖房としても役立ちます。

 

寝る前や外出前に結露を拭く習慣をつける

結露の発生をどうしても止められないときは、雑巾や結露取りワイパーなどで、結露が発生するたびに水滴を拭き取りましょう。かなり地道な作業になります。

 

それでも解消できない場合の結露対策

これまで説明した方法を試しても、結露が改善できない場合は、窓のリフォームをおすすめします。どのような方法があるのか、以下に説明します。

ペアガラスや二重サッシに交換する

少し前に建てられた住宅は、多くの場合、窓に対してガラスが1枚です。
これをペアガラスや二重サッシに交換することで、結露発生を防止できます。

 

調湿建材に交換する

調湿建材とは、湿気が多いときは湿気を吸収し、少ないときは放出してくれる建材のことです。自動的に湿度を調節してくれるので、結露対策に適しています。

 

断熱工事を行う

家全体の断熱性を高めることで、結露の発生を防ぐ方法です。

 

業者が施工する結露防止対策の相場

業者が行う結露対策は、建築的なリフォームが主な手法となります。
以下に相場をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

ペアガラスや二重サッシに交換する

二重窓、二重サッシの取り付け:3万~7万円程度/1カ所
内窓の取り付け:4.5万~11万円程度/1カ所
窓、サッシの交換:9.5万~28.5万円程度/1カ所

業者によっては、2カ所目以降の作業費を値引きしてくれるので、複数箇所のリフォームを検討している場合は、あらかじめ確認するとよいでしょう。

 

調湿建材に交換する

クローゼット:3万~9万円程度
居室(リビング、寝室、トイレなど):10,000円程度/m2

 

断熱工事を行う

内断熱:160万円程度(一般的な木造住宅)

イエコマが選ばれる3つの秘密

1.業界最安値が維持できるのはなぜ?営業コストを徹底的に合理化しているからです!

通常、ハウストラブルの対応業者は、宣伝・広告費に多額のコストをかけています。
趣向を凝らしたチラシやマグネットが、しょっちゅうポストや新聞に入っていませんか?

でも、たいていの場合、そうしたチラシはゴミ箱に直行してますよね。
これらを作って配り、さらに営業マンも回らせ、見積もりを立てて・・・
ご利用者様に関係のないこれらの作業がすべて施工費に上乗せされ、請求されてきました。

イエコマでは、こうした無駄な営業コストを徹底的に抑えました。

さらに、ご利用者の状況に最適な業者を派遣することで、不要コストを最大限削減。
追加料金なしの明朗会計を実現しました!

2.業界最安値が維持できるのはなぜ?「家の専門家」が施工するからです!

各種補修や清掃を安く請け負う業者は、ほかにもあります。
しかし、その多くはそれ“だけ”しか対応できません。

建築物について素人同然の作業員が作業をした結果、「作業が乱暴で、壁に傷がついていた」「作業したその日はよかったが、しばらくしたらまたすぐに異常が発生した」など、かえって状況が悪化するようなケースが少なくないのです。

当社が派遣するのは、住宅設備・内装・外装工事のエキスパート。
施工箇所だけでなく家全体のことを考えた作業で、長く住むためのお手伝いをいたします。

また、当社では、独自の厳しいサービス基準を設け、「サービスマン」として訪問できるスタッフのみ派遣しております。
大切なお住まいのことをお任せいただく者としてふさわしい “礼儀””清潔感”のある対応をお約束いたします。

3.強引な営業の不安がないのはなぜ?万一のときは、当社が窓口となるからです!

安価な業者に頼んだときに起こりがちなのが、「施工が済んだのに、追加で不必要な工事を勧められて断りにくい」など、しつこい営業を受けるようになってしまうこと。

当社では、良心的な地元業者を手配しているので安心ですが、万が一、施工業者からしつこい勧誘や営業を受けたら、ご相談ください。
ただちにやめるよう、当社がストップをかけます。

窓口と施工が別会社だからこその、安心サービスです。

施工事例

お客様の声

お申し込みの流れ

対応エリアをご確認ください

対応エリア対応エリア

※離島は対応エリア外となります

お電話の場合

1. 当社までお電話をください

お申し込みはこちらから

2. 当社の担当者がお客様のご希望のメニューをお伺いします

3. 施工会社よりご連絡し、詳しくご状況を詳しくお聞きした上で作業の日程を調整します

4. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

メールフォームの場合

1. メールフォームに必要事項を記入してください

お申し込み

2. 当社のオペレーターまたは施工店より、折り返しお電話いたします
お客様のお宅の状況を詳しくお伺いした上で、作業の日程を調整します

3. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

ページトップへ戻る