問合件数:9,109件(9月現在)

モルタル補修

モルタル壁にヒビが入った…本当にそのままで大丈夫?

モルタル補修
イエコマ紹介キャンペーン

住まいの壁の修繕が
初回限定!
1ヵ所 6,000円(税別)!
2ヵ所目以降 +1,500円/ヵ所(税別)

※戸建て専門のため、集合住宅・ビル・店舗・工場などは受付不可

※戸建住宅向けのサービスとなっておりますので、集合住宅(アパート・マンション)、ビル、店舗、工場等の作業はお受けすることができません。

※作業は居住部分に限ります。

※借家の場合、大家様の許可及び立ち合いが必須条件となります。

※状況確認のため現地調査を要する場合があります。

24時間365日受付

モルタル壁のヒビは、耐震性の低下や腐食の原因になってしまうかも!?

お住まいのモルタル壁に、ヒビは入っていませんか?そのまま放っておくと、耐震性の低下や腐食の原因になってしまうかもしれません。
モルタル外壁は、ヒビの入りやすい材料です。外壁にヒビが入ると外観を損なうだけではなく、塗料が剥がれる原因につながるかもしれません。
さらに、そのヒビの大きさによっては、隙間から雨水が入り込んでしまう可能性があるのです。
では、モルタル壁にはなぜ、ヒビが入ってしまうのでしょうか。

 

>>ご自身でモルタル補修をされる方は、「モルタル補修の注意事項に移動

モルタル壁にヒビが入ってしまう原因とは?

モルタル壁が雨を吸収した後、太陽光によって水分が乾燥します。乾燥する時にモルタル素材の伸縮が起きて、ヒビ割れてしまうのです。そのヒビ割れから更に水が入り込んで、乾燥する時にまたヒビ割れが発生する、という連鎖が起きてしまいます。

モルタル壁に入るヒビには、幅や深さによって「ヘアクラック」と「構造クラック」の2つに分けることができます。

ヘアクラックは、名前の通り髪の毛程度の亀裂のことを指します。モルタル壁では構造上避けられないヒビですが、浅いヒビであるため、問題はないと言えるでしょう。

構造クラックが入っている場合は注意が必要です。構造クラックは、片面だけではなく裏側まで貫通して、土台の不同沈下や地震、施工の欠陥など建物の構造そのものが原因となって発生したクラックのことを指します。特に日本は地震大国なので、建物に力が加わることで起きるひび割れが多くみられます。
ヒビの幅が0.3mm以上、深さが4mm以上あるようならば、構造クラックを疑ったほうが良いでしょう。ここから雨水が入りこみ、腐食や鉄筋のサビの原因にもなってしまいます。

また、経年劣化による浮きや剥がれも危険です。外壁は太陽光や雨、風にさらされているため、徐々に劣化していきます。

上記に心当たりがある方は、早急に補修を行うべきでしょう。

モルタル壁って、セメントで出来ているから頑丈じゃないの?

モルタルとは、セメントと砂(骨材)と水を練り混ぜた材料のことを指します。セメントが含まれていますが、実はモルタルそのものは水に弱く、表面に塗装がされているため、耐水性・防水性を保っています。塗装が剥がれたまま放置してしまうと、モルタルが徐々に水分を吸収していき、腐食や雨漏りなどの原因になってしまうのです。

イエコマでは、モルタル補修や塗装に関するご相談も承っております。お気軽にご相談ください。

>>イエコマは、サイディングの補修も提供しております。

サイディングの補修

5,700円~(税別)!

>>イエコマは、外壁・基礎のひび割れ補修も提供しております。

外壁のひび割れ

1ヵ所 4,000円(税別)!
2ヵ所目以降 +1,000円/ヵ所(税別)

24時間365日受付

モルタル外壁の劣化状態

モルタル外壁の劣化状態は、先述の「経年劣化」「塗装の剥がれ」「地震や施工の欠陥によるゆがみ」の他に以下の3つがあります。
以下の劣化状態が表れた際も、モルタル補修を行うべきです。

色あせや変色

色あせや変色は、表面の塗膜の劣化によって起こります。塗料の性能が発揮されていないサインなので、色あせを発見したらメンテナンスを検討しましょう。

 

チョーキング

チョーキングとは、塗料の成分の顔料が粉状になって消耗する現象で、指で触れると白い粉が付きます。

 

コケや藻、カビ

これらは景観を損なうことに加え、雨水を吸収して湿気を生みます。乾燥と湿潤を繰り返すことで劣化が起こるなど、外壁に悪影響 を及ぼす可能性があります。

 

モルタルのメリット・デメリット

メリット

パネルを貼って決まった形に仕上げるサイディングに比べ、職人が塗るモルタル外壁はいろいろなデザインにすることが可能です。質感が良く味わいが感じられることも、人気の理由になっています。
また、モルタルにはつなぎ目がないため、目地が割れる心配はありません。材料が金属ではないため、金属壁のように熱くならないこともメリットとして挙げられます。

 

デメリット

モルタルにはセメントが含まれていますが、モルタル自体の防水性は低いです。そのため、モルタル外壁の表面に施した塗装が劣化してくると、水分を吸収してしまいます。
また、モルタル外壁施工の工程は複雑で、職人によって品質にばらつきが出る可能性があります。そのほかに、汚れが目立ちやすいことやひび割れしやすいことなどもデメリットとして挙げられます。

 

モルタルの仕上げ方法

モルタルの仕上げ方法はリシン・スタッコ・吹き付けタイル・左官仕上げの4種類あります。それぞれの特徴を紹介していきます。

リシン

リシン仕上げでは、骨材 (細かく砕いた石や砂)に樹脂やセメント、着色剤などを混ぜたものを吹き付けます。表面はざらざらとした感触で、落ち着いた外観になります。比較的安価で工期も短縮できるため、新築住宅などによく使用されています。耐用年数は約8年です。

 

スタッコ

スタッコ仕上げで使用されるのは、合成樹脂エマルションなどにセメントや骨材を混ぜた原料です。コテやローラー、拭きつけで施工します。
仕上がりは、高級感・重厚感・立体感が感じられる外観で、表面はザラザラした感触になります。 耐用年数は約10年ですが、15~20年たっても劣化がみられないケースもあります。

 

吹き付けタイル

吹き付けタイルは、けい砂、寒水石、軽量骨材などの原料に樹脂を混ぜ合わせたものを使用します。施工方法は、タイルガンという塗装機を使った吹き付けです。吹き付けた後、ローラーで表面を抑える施工方法もあります。
仕上がり具としては、陶器調になり、表面がランダムな凹凸になります。高耐久性・フッ素系などのトップコートを組み合わせることによる高耐久仕上げも可能です。フッ素系の上塗りをした場合、耐用年数は18年ほどになります。

 

左官仕上げ

左官仕上げは、ハンドメイドな雰囲気を作ることができます。コテ仕上げやハケ引き仕上げ、扇仕上げなど左官仕上げの中でも様々な種類があり、職人によって模様などが異なる仕上げになります。

 

モルタル補修の施工方法と塗料の種類

塗料によって、価格や耐久性など様々な異なる特徴がみられます。施工方法や塗料の種類からそれぞれの特徴をしっかりと把握し、適切な塗料を選べるようにしておきましょう。

施工方法

モルタルの施工方法は、単層弾性工法・複層弾性工法・微弾性工法の3つがあります。
1つずつ紹介します。

単層弾性工法

単層弾性工法とは、下塗りした後、高弾性の塗料を2回上塗りする工法です。厚みを持たせることで、ひび割れに強いという特徴があります。
後述する複層弾性工法に比べて価格を抑えられる分、耐久性は2/3ほどに落ちます。耐用年数は3~5年で、材料価格は8万円ほど(120平米宅の場合)です。

 

複層弾性工法

複層弾性工法とは、下塗りした後、高弾性の塗料を2回、さらに別種類の塗料を2回上塗りとして塗る工法です。工程が多く手間がかかるため価格は高くなりますが、そのぶん耐久性や防水性、弾力性は圧倒的に強くなります。耐用年数は8~10年で、材料価格は17万円ほど(120平米宅の場合)です。

 

微弾性工法

微弾性工法とは、下塗りに微弾性フィラーという弾性のある塗料を使用し、上塗りを2回施す工法です。下塗りに使用する世量が微弾性であるため、他の工法より耐久性は低くなります。耐用年数は1~3年で、材料価格は10万円ほど(120平米宅の場合)です。

 

塗料の種類

モルタル補修に使う塗料の種類は、主にアクリル樹脂・ウレタン樹脂・シリコン樹脂・ピュアアクリル樹脂・フッ素樹脂の5つあります。
1つずつ紹介します。

アクリル樹脂

アクリル樹脂は耐久性の高い物質ですが、外壁塗装で使われる塗料では不純物が入っているため、耐久性が低くなっています。
価格は安いですが、頻繁な塗り替えが必要となるため、現在はほとんど使用されていません。
耐久年数は5~7年で、1㎡当たりの単価は1,400円~1,600円です。

 

ウレタン樹脂

ウレタン塗料は下地との密着性に優れていて、塗膜が柔らかいほか、紫外線に強く水はじきがよいという特徴があります。
ただし防汚性は劣り、後述のシリコン樹脂が一般的になってからは、雨樋や破風版などの付帯部にしか使用されなくなりました。
耐久年数は8~10年で、1㎡当たりの単価は2,000円~3,000円です。

 

シリコン樹脂

シリコン樹脂は値段と耐久性のバランスがよく、近年最もよく使用されています。遮熱機能のあるものや汚れにくいものなど、バリエーションが豊富にあることも人気の理由の1つです。
耐久年数は10~15年で、1㎡当たりの単価は2,300円~3,000円です。

 

ピュアアクリル樹脂

ピュアアクリル樹脂は、不純物を取り除き、アクリル樹脂の隙間に有機ガラスを配置したものです。アクリル樹脂本来が持つ高い耐久性を発揮し、防水性や遮熱性にも優れています。
耐久年数は約15年で、1㎡当たりの単価は無機タイプで3,800円~5,000円です。

 

フッ素樹脂

フッ素樹脂は、非粘着性、耐薬品性、低摩擦性、耐候性など優れた特徴を多く持ち、耐久性が非常に高い塗料です。戸建て住宅ではシリコンが主流ですが、大型物件や橋などではフッ素樹脂がよく使用されます。
耐久年数は15~20年で、1㎡当たりの単価は3,800円~4,800円です。

 

モルタル補修の注意事項

実際にモルタル補修うをする前に、確認するべきことがあります。
それは、DIYではなく業者に依頼するべきケースと補修の準備段階での留意事項があります。
それぞれ説明します。

DIYでなく業者に依頼するべきケース

ひび割れ部分周辺の壁が浮いてしまっていたり、壁自体がはがれてしまっていたりする場合には、専門業者に依頼しましょう。
また、建物の構造そのものが原因となって発生している構造クラックがみられる場合も、専門業者に依頼してください。

 

モルタル補修前の準備段階での留意事項

モルタル外壁を自分で補修する場合、以下のポイントに注意しましょう。

下地処理を丁寧に行う

下地処理をきちんと行わなければ、すぐに塗膜がはがれてしまう原因になり、仕上がりにも大きく影響します。

 

塗料は多めに、施工期間は長めに

モルタルは塗料の吸い込みが多いため、塗料を多めに用意しておきましょう。施工期間にも余裕を持たせてください。

 

透湿性の高い塗料を使用する

塗膜が膨れてしまうことを防ぐために、塗料は透湿性の高いもの を選ぶようにしてください。パーフェクトトップやエラストコートなどが例として挙げられます。

 

壁一面をしっかり塗装する

部分的に塗ると補修部分が目立ってしまうため、壁一面を塗装するようにしましょう。

 

モルタル外壁の塗り替えの目安は、およそ10年ごとです。ただし、チョーキングがみられたら、すぐに塗り替えましょう。

 

モルタル補修に必要な道具・材料、補修方法

ここでは、モルタルのひび割れが1mm以下の場合と1mm以上の場合に使う道具・材料、モルタルの補修方法を説明します。

必要な道具・材料(ひび割れが1mm以下の場合)

・アルコールやベンジン等の洗浄溶剤 
・防水材
・プライマー
・シーリング材
・マスキングテープ  
・ヘラ
・布

 

ひび割れが1mm以上の場合

・アルコールやベンジン等の洗浄溶剤 
・充填剤
・プライマー
・シーリング材
・マスキングテープ
・ヘラ
・布 
・ドライバー 
・集塵装置付きの工具

 

モルタル補修方法

ひび割れが1mm以下の場合

1.まず、ひび割れ部分とその周辺に付着したゴミやほこり等を除去します。

2.アルコールやベンジンなどの洗浄溶剤を含ませた布で、ひび割れ部分とその周辺の油分を拭きとってください。

3.ひび割れ部分の両側に沿ってマスキングテープを貼ります。

4.防水材を吹き付け、乾燥させましょう。

5.防水材が乾いたらプライマーを塗布し、乾燥させます。乾燥時間は、使用するシーリング材によって指定されているため、確認してください。

6.シーリング材を充填します。ひび割れ部分の隅々まで隙間なく盛り上げるようにして充填しましょう。

7.シーリング材を充填したら、速やかにヘラを使用してシーリング材を押し込み、表面を整えてください。

8.マスキングテープをはがします。

9.洗浄溶剤を含ませた布で、接着箇所以外に付着したシーリング材およびプライマーを拭きとりましょう。

10.乾燥させます。完全に乾くまでは触れたり引っ張ったりしないようにしてください。乾いたら、補修完了となります。

 

ひび割れが1mm以上の場合

ひび割れが1mm以上の場合、Uカット補修とVカット補修の2つの方法があります。
カットの断面がU字型に見えるものがUカット補修、V字型に見えるものがVカット補修となります。
コーキング材を充填できる体積がより大きくとれるUカット補修が、現在では主流となっています。

1.まず、ひび割れ部分とその周辺に付着したゴミやほこり等を除去します。

2.アルコールやベンジンなどの洗浄溶剤を含ませた布で、ひび割れ部分とその周辺の油分を拭きとってください。

3.集塵装置付きの工具で、V字型またはU字型にカットします。

4.ドライバーの先端部分で、ひび割れの中をきれいにしましょう。

5.充填剤をひび割れ部分に塗り、ヘラを使用して平坦にならします。

6.充填剤が乾いたら、プライマーを塗布し、乾燥させます。乾燥時間は、使用するシーリング材によって指定されているため、確認してください。

7.シーリング材を充填します。ひび割れ部分の隅々まで隙間なく盛り上げるようにして充填しましょう。

8.シーリング材を充填したら、速やかにヘラを使用してシーリング材を押し込み、表面を整えてください。

9.マスキングテープをはがします。

10.洗浄溶剤を布に含ませ、接着箇所以外に付着したシーリング材およびプライマーを拭きとりましょう。

11.乾燥させます。完全に乾くまでは触れたり引っ張ったりしないようにしてください。乾いたら、補修完了となります。

 

塗膜に剥がれや浮きが発生している場合

塗膜に剥がれや浮きが発生している場合、既存塗膜の撤去が必要となります。

1.ケレン用のヘラや研磨紙を使用して、既存塗膜を除去する。 ここで十分に除去していないと、新しい塗膜がはがれる原因になります。

2.塗膜の除去を終えたら、高圧洗浄を施し下地処理を行います。

3.下塗り剤を塗布する。 モルタル壁には、フィラーと呼ばれるものを使用します。

4.上塗りする。

 

モルタル補修の相場

モルタル補修の相場をDIYと業者に依頼した場合の相場を紹介します。
※以下全て税別価格

DIYの場合

自分で補修する場合、材料や工具の購入が必要となります。

ひび割れが1mm以下の場合

道具・材料費の合計で、3,084円となります。
※道具・材料の種類により、費用は変動します。

 

・アルコールやベンジン等の洗浄溶剤 369円

引用元:株式会社イザキ(amazonページ掲載)

・防水材 732円

引用元:株式会社パジコ(amazonページ掲載)

・プライマー  1,262円

引用元:株式会社染めQテクノロジィ(amazonページ掲載)

・シーリング材 405円

引用元:コニシ株式会社(amazonページ掲載)

・マスキングテープ  133円

引用元:ホルツ株式会社(amazonページ掲載)

・ヘラ  183円

引用元:株式会社井上商会(amazonページ掲載)

 

ひび割れが1mm以上の場合

道具・材料費の合計で、11,951円となります。
※道具・材料の種類により、費用は変動します。

 

・アルコールやベンジン等の洗浄溶剤 369円 

・充填剤 570円

引用元:セメダイン株式会社(amazonページ掲載)

・プライマー 1,262円

・シーリング材 405円

・マスキングテープ  133円

・ヘラ  183円

・ドライバー 757円

引用元:株式会社VESSEL(amazonページ掲載)

・集塵装置付きの工具 8,272円

引用元:株式会社日立製作所(amazonページ掲載)
 

専門業者に依頼した場合

費用相場は1㎡当たり、4,000円~7,000円程度です。

専門業者に依頼する場合、大規模な補修工事に加えて全体的な塗装作業も行うことになります。
30坪の戸建ての外壁塗装であれば、外壁の面積がおよそ120~130ヘイホーメートル程になるので、48~90万円程が相場となります。

イエコマが選ばれる3つの秘密

1.業界最安値が維持できるのはなぜ?営業コストを徹底的に合理化しているからです!

通常、ハウストラブルの対応業者は、宣伝・広告費に多額のコストをかけています。
趣向を凝らしたチラシやマグネットが、しょっちゅうポストや新聞に入っていませんか?

でも、たいていの場合、そうしたチラシはゴミ箱に直行してますよね。
これらを作って配り、さらに営業マンも回らせ、見積もりを立てて・・・
ご利用者様に関係のないこれらの作業がすべて施工費に上乗せされ、請求されてきました。

イエコマでは、こうした無駄な営業コストを徹底的に抑えました。

さらに、ご利用者の状況に最適な業者を派遣することで、不要コストを最大限削減。
追加料金なしの明朗会計を実現しました!

2.業界最安値が維持できるのはなぜ?「家の専門家」が施工するからです!

各種補修や清掃を安く請け負う業者は、ほかにもあります。
しかし、その多くはそれ“だけ”しか対応できません。

建築物について素人同然の作業員が作業をした結果、「作業が乱暴で、壁に傷がついていた」「作業したその日はよかったが、しばらくしたらまたすぐに異常が発生した」など、かえって状況が悪化するようなケースが少なくないのです。

当社が派遣するのは、住宅設備・内装・外装工事のエキスパート。
施工箇所だけでなく家全体のことを考えた作業で、長く住むためのお手伝いをいたします。

また、当社では、独自の厳しいサービス基準を設け、「サービスマン」として訪問できるスタッフのみ派遣しております。
大切なお住まいのことをお任せいただく者としてふさわしい “礼儀””清潔感”のある対応をお約束いたします。

3.強引な営業の不安がないのはなぜ?万一のときは、当社が窓口となるからです!

安価な業者に頼んだときに起こりがちなのが、「施工が済んだのに、追加で不必要な工事を勧められて断りにくい」など、しつこい営業を受けるようになってしまうこと。

当社では、良心的な地元業者を手配しているので安心ですが、万が一、施工業者からしつこい勧誘や営業を受けたら、ご相談ください。
ただちにやめるよう、当社がストップをかけます。

窓口と施工が別会社だからこその、安心サービスです。

施工事例

お客様の声

親しみやすく好感
静岡県 Y様
お客様の声 静岡県 Y様

対応や作業の進め方、親しみやすく好感がもてました。

イエコマ

ありがとうございます。当社が提供しているサービスはお客様のご自宅にお邪魔するため、安心して頂けるようマナーのある対応を心がけています。またよろしくお願いします。

の感想一覧

閉じる

お申し込みの流れ

対応エリアをご確認ください

対応エリア対応エリア

※離島は対応エリア外となります

お電話の場合

1. 当社までお電話をください

お申し込みはこちらから

2. 当社の担当者がお客様のご希望のメニューをお伺いします

3. 施工会社よりご連絡し、詳しくご状況を詳しくお聞きした上で作業の日程を調整します

4. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

メールフォームの場合

1. メールフォームに必要事項を記入してください

お申し込み

2. 当社のオペレーターまたは施工店より、折り返しお電話いたします
お客様のお宅の状況を詳しくお伺いした上で、作業の日程を調整します

3. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

ページトップへ戻る