問合件数5000件突破!!

畳の交換

畳の傷み、ササクレ、日焼け…あなたのお家の畳は大丈夫ですか?

畳の交換
イエコマ紹介キャンペーン

畳の交換が
初回限定!
27,000円~(税別)!

※現地調査が必要になります。

※集合住宅(アパート・マンション)、ビル、店舗、工場等の作業はお受けすることができません。戸建て専門の施工体制のため、この金額での対応が可能になっています。

※作業は居住部分に限ります。

※借家の場合、大家様の許可及び立ち合いが必須条件となります。

24時間365日受付

畳は消耗品!?適切な時期に張り替えないとこんなことに!


 

表面の凹凸が目立ってきた、カビ臭さが取れない、ササクレや日焼けが気になる…という畳の悩みにお困りではありませんか?
畳替えは、いつ、どのようにやればいいのか、わかりませんよね。

実は、畳は消耗品。定期的に新しいものに交換する必要があるのです。
畳表と呼ばれる畳の表面に張られているゴザの部分は、日に焼けて色あせてしまったり、擦り切れでささくれてしまったりと、傷みやすい部分です。そのため、数年に一度の裏返しや表替えをします。
さらに、畳に凹凸ができている場合や汚れがひどい場合は、畳自体を新しいものに替える必要があります。

カビやダニが発生してしまった場合も、注意が必要です。そのまま放置していると、健康にも悪影響を及ぼす恐れがあるのです。カビは、感染病やアレルギーの原因に。ダニは、アトピーや喘息を引き起こす原因になるかもしれません。
カビやダニが発生してしまった畳は、表面のゴザだけでなく中の畳床もカビやダニだらけ…ということも十分考えられます。

畳の色あせやささくれをカーペットやじゅうたんで隠している場合も要注意です。
湿気が畳の内側にこもってしまい、ダニが繁殖する原因になってしまいます。湿気により、さらに畳がダメージを受けてしまうかもしれません。

ダニの種類やダニが及ぼす健康被害・対策・駆除方法については、「健康被害が出る前に|ダニ対策と駆除方法を紹介」の記事をご参照ください。

ご自身で畳のトラブルを対処される方は、
>>『畳のトラブルごとの対処法』
に移動

畳の異常を少しでも感じたら、「張り替え」を視野に!

畳の交換を検討するべき状態は、主に以下の通りです。
・畳を踏んだ時に凹む
・踏み心地がプカプカする
・へたってきた
・部分的に浮く
・大きな隙間ができた
・明らかに傷んでいる

一度表替えや裏返しをした後でも、傷んで踏み心地が悪くなってしまいます。表面だけではなく、内側の畳床も劣化してしまうのです。

重い畳を剥がして新しい畳に交換する作業は、素人ではかなり面倒で手間のかかる作業です。そもそも畳の張り替えは、業者に依頼するべきものといえます。
イエコマは、あなたの代わりに畳を交換します。
また、今の畳が交換時なのかどうか判断しづらい…という場合でも、イエコマにお気軽にご相談ください。

畳の種類や張り替えのタイミング・相場については、「畳を張替え タイミング、種類、相場を紹介」の記事をご参照ください。

24時間365日受付

畳のパーツ

畳は、日本の伝統を引き継ぐ和室に欠かせない存在です。
畳は、「畳床(たたみどこ)」「畳表(たたみおもて)」「縁(へり)」という3つのパーツからできています。

畳のパーツ
 

畳床(たたみどこ)

畳床とは、畳の土台にあたるものです。昔は、わらを用いるのが主流でしたが、近年はインシュレーションボードやフォームポリスチレンなどの合成素材を使用した建材畳床などもあります。

畳表(たたみおもて)

畳表とは、畳の表面に取り付けるイグサの茎で織った蓙(ござ)のことです。畳表は、天然のイグサを使用したもの、和紙を原料としたもの、化学製品を使用したものなど、さまざまな種類があります。

縁(へり)

縁とは、畳の長手方向の角を覆う布のことです。縁にはさまざまな色柄のものがあり、より和室の個性を出しやすいパーツです。
素材には、綿や麻などの天然繊維のもの、化学繊維のものがあります。

 

畳の寿命

畳は、基本的に植物を織ったものなので、永久的に使えることはありません。
畳の寿命は、パーツごとで異なります。それぞれの寿命は以下の通りです。

畳床:10~15年程度
畳表:3~4年程度

畳を交換するときは、すべてを新品に取り替えるのではなく、時期をみてパーツごとに交換していきます。

 

畳の交換方法

畳の交換には、大きく分けて「裏返し」「表替え」「新畳」の3つがあり、下記の流れで行います。

裏返し

裏返しとは、新しい畳にしてから3~4年ほど経ち、畳の表面が日に焼けるなどして傷んできた際に、畳表を裏返すことです。畳床から畳表を剥がし、もともと使用していた畳表の面を裏に、裏の面を表にします。
ただし、畳を長く使いすぎた場合は、畳表の裏側まで日焼けが進行していることもあり、裏返しをしても意味がありません。
 

表替え

表替えとは、畳を使用し始めてから6~7年ほど経ち、畳の表面が擦り切れて光沢感がなくなってきた際に、畳表のみを交換することです。畳床から畳表を剥がし、新しい畳表と交換します。
 

新畳

新畳とは、畳本体を新しいものに交換することです。畳を新調してから15年以上経つと、日焼けによる変色やシミ、傷などがかなり目立つようになります。さらには、畳の上を歩くとフワフワしたり、表面が平らでなくなったり、畳の間に隙間ができたりする場合があります。

これは、畳床が劣化しているサインです。年月が経ち、傷んでいると感じたら、畳本体を新しいものに取り替えましょう。

 

畳の張り替えは自分でできるの?

畳の修理は、専用の工具や機械を使用するため、素人では難しいです。
より丁寧に、そして長く使えるためにも、必ず専門の業者に依頼するようにしましょう。

 

畳張り替えの相場

畳の張り替えの値段は、依頼する業者や畳の素材によって変わってきます。畳の修理方法ごとの相場は以下の通りです。

裏返し:1畳2,000~5,000円程度
表替え:1畳5,000~15,000円程度
畳の新調:1畳10,000~25,000程度

畳の中には、比較的安価な中国製のものもあります。その場合、1畳3,000円程度で表替えができる場合もあるのです。
ただし、裏返しと表替えの場合は縁を新調するので、その分の料金も別途発生します。

 

畳を長く使うためのメンテナンス方法

畳をできるだけ長く使えるためのメンテナンス方法を紹介します。

日々の手軽なメンテナンス

日常的な畳の掃除は、乾いた雑巾、ほうき、掃除機、畳用の掃除クロスなどで行います。
メンテナンスで特に気を付けるのは、畳を傷つけないようにすることです。必ず、畳の目に沿って掃除用具を優しく動かすようにしましょう。
 

定期的なメンテナンス

少量の酢を混ぜた水で固く絞った雑巾を使って、畳についた汚れを拭き取りましょう。酢には、殺菌・漂白作用があります。定期的に酢による掃除を取り入れると効果的です。
 

湿気対策

畳のメンテナンスで重要なのが、湿気対策です。
一番簡単にできるのが、「部屋の除湿」です。雨が降っていない日は窓を開けて風通しをよくしたり、クーラーの除湿機能を使って部屋の湿度を下げたりします。
また、定期的に畳の天日干しを行うとよいです。畳表の変色を避けるため、畳の裏側を日光に向けてほこりをたたき落しましょう。

 

畳部屋のNG行為

畳の部屋でやってはいけないことは、湿気をためることです。
畳、湿気を含むとカビやダニが発生しやすくなり、住む人の健康にも良くありません。

以下のような行為は、畳部屋で行わないようにしましょう。

・畳の上に絨毯(じゅうたん)や上敷き、マットなどを敷く。
・畳の上に布団を敷きっぱなしにする。
・畳の部屋に洗濯物を干す。
・畳の部屋の窓を閉め切った状態にする。

 

畳のトラブルごとの対処法

畳は、使っていくうちにだんだん劣化してくるものですが、たとえばカビが生えてしまったときは、畳を交換する必要はあるのでしょうか?
実は、トラブルによっては畳を交換しなくて済む場合もあるのです。
それぞれの対処方法を見ていきましょう。

カビが生えた

カビは、湿度が高くジメジメしているところ、風通しが悪いところ、日光が当たらないところに発生しやすいです。
畳にカビが生えてしまった場合の除去方法を説明します。

通常のカビの場合

〈用意するもの〉
・エタノール
・ゴム手袋
・歯ブラシorたわし
・雑巾

※作業の初めからゴム手袋を装着しましょう。

1.エタノールを吹き付ける
 スプレー容器に入れたエタノールを、カビが発生している部分に吹き付けます。

2.雑巾で乾拭きする
 エタノールを吹き付けた部分を雑巾で乾拭きし、カビを除去します。

3.歯ブラシまたはたわしでこする
 畳の隙間に付着したカビが気になる場合は、歯ブラシかたわしを使って優しくこすります。
 畳を傷めないように、畳の目に沿ってこするようにしましょう。

4.エタノールを再度吹き付ける
 最後に、カビが生えていた箇所にエタノールを吹き付け、乾かします。

 

重度の黒カビが発生してしまった場合

〈用意するもの〉
・酸素系漂白剤
・重曹
・ゴム手袋
・水
・綿棒
・雑巾

※作業の初めからゴム手袋を装着しましょう。

1.重曹と酸素系漂白剤を混ぜる
 重曹と酸素系漂白剤を1対1の割合で混ぜ、そこに水を少し加えてペースト状にします。

2.ペーストを黒カビに塗る
 綿棒を使って、黒カビにペーストを塗っていきます。このとき、ペーストが黒カビ以外に付かないように注意します。

3.ぬれた雑巾でペーストを取り除く
 ぬれた雑巾で叩くようにして、塗ったペーストを取り除いていきます。

4.作業を繰り返す
 黒カビがとれるまでペーストを塗って、ぬれた雑巾で取り除く作業を繰り返します。

5.漂白剤の臭いがなくなるまで拭き取る
 漂白剤が残ったままだと、触れたとき肌によくないので、ぬれた雑巾と乾いた雑巾で交互にたたくように拭き取ります。

 

湿っぽい

畳は、呼吸をすることで湿度をコントロールし、部屋を快適に保ってくれます。ところが、ジメジメと湿度の高い日が続くと、畳内部からの水分の吐き出しが追い付かず、畳が湿っぽくなるのです。
畳の湿気を解消するには、部屋を換気したり、畳の端を少し持ち上げて扇風機で風を送ったりして乾燥させます。余裕があれば、畳を外に出して天日干しするのもよいです。

 

踏むとやわらかい

歩くとフワフワしたり、表面が平らでなくなったりした場合は、畳床が劣化していると考えられます。この場合は、畳本体を新しいものに交換しましょう。

 

臭いがする

畳から臭いがする場合は、カビの発生が原因と考えられます。
部屋の換気や畳の天日干しを心がけ、カビの増殖を防ぎましょう。

 

焦げ跡がある

畳にタバコや線香などの焦げ跡がある場合は、まず歯ブラシなどで優しくこすることで、焦げた部分を目立たなくすることができます。
それでも解消できない場合は、以下の方法で焦げ跡を取り除きます。

※以下の方法は、焦げ跡の大きさが10ミリメートル以下の場合のみ有効です。焦げ跡が大きい場合は、畳の裏返しまたは表替えをおすすめします。

〈用意するもの〉
・先のとがった工具(目打ちやキリなど)
・はさみ

1.焦げ跡部分のイグサを切る
 先のとがった工具を使い、焦げ跡部分のイグサをすくってはさみで切ります。

2.イグサを抜き取る
 切ったイグサをすべて抜き取っていきます。畳に縦方向の隙間ができるようにします。

3.イグサを寄せる
 先のとがった工具を使い、周囲のイグサを寄せて隙間をなくしていきます。
 工具のグリップ部分を使ってイグサを均せば修理完了です。

 

畳表が洋服につく・シミがどんなに掃除しても落ちない

畳表の劣化が原因と考えられます。畳の裏返しまたは表替えを行いましょう。

イエコマが選ばれる3つの秘密

1.業界最安値が維持できるのはなぜ?営業コストを徹底的に合理化しているからです!

通常、ハウストラブルの対応業者は、宣伝・広告費に多額のコストをかけています。
趣向を凝らしたチラシやマグネットが、しょっちゅうポストや新聞に入っていませんか?

でも、たいていの場合、そうしたチラシはゴミ箱に直行してますよね。
これらを作って配り、さらに営業マンも回らせ、見積もりを立てて・・・
ご利用者様に関係のないこれらの作業がすべて施工費に上乗せされ、請求されてきました。

イエコマでは、こうした無駄な営業コストを徹底的に抑えました。

さらに、ご利用者の状況に最適な業者を派遣することで、不要コストを最大限削減。
追加料金なしの明朗会計を実現しました!

2.業界最安値が維持できるのはなぜ?「家の専門家」が施工するからです!

各種補修や清掃を安く請け負う業者は、ほかにもあります。
しかし、その多くはそれ“だけ”しか対応できません。

建築物について素人同然の作業員が作業をした結果、「作業が乱暴で、壁に傷がついていた」「作業したその日はよかったが、しばらくしたらまたすぐに異常が発生した」など、かえって状況が悪化するようなケースが少なくないのです。

当社が派遣するのは、住宅設備・内装・外装工事のエキスパート。
施工箇所だけでなく家全体のことを考えた作業で、長く住むためのお手伝いをいたします。

また、当社では、独自の厳しいサービス基準を設け、「サービスマン」として訪問できるスタッフのみ派遣しております。
大切なお住まいのことをお任せいただく者としてふさわしい “礼儀””清潔感”のある対応をお約束いたします。

3.強引な営業の不安がないのはなぜ?万一のときは、当社が窓口となるからです!

安価な業者に頼んだときに起こりがちなのが、「施工が済んだのに、追加で不必要な工事を勧められて断りにくい」など、しつこい営業を受けるようになってしまうこと。

当社では、良心的な地元業者を手配しているので安心ですが、万が一、施工業者からしつこい勧誘や営業を受けたら、ご相談ください。
ただちにやめるよう、当社がストップをかけます。

窓口と施工が別会社だからこその、安心サービスです。

施工事例

お客様の声

迅速な対応
静岡県 G様
お客様の声 静岡県 G様

迅速な対応で満足。

イエコマ

ありがとうございます。お客様にそう言って頂けることはとても励みになります。これからも、技術・サービスに磨きをかけたいと思います。

の感想一覧

閉じる

お申し込みの流れ

対応エリアをご確認ください

対応エリア対応エリア

※離島は対応エリア外となります

お電話の場合

1. 当社までお電話をください

お申し込みはこちらから

2. 当社の担当者がお客様のご希望のメニューをお伺いします

3. 施工会社よりご連絡し、詳しくご状況を詳しくお聞きした上で作業の日程を調整します

4. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

メールフォームの場合

1. メールフォームに必要事項を記入してください

お申し込み

2. 当社のオペレーターまたは施工店より、折り返しお電話いたします
お客様のお宅の状況を詳しくお伺いした上で、作業の日程を調整します

3. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

ページトップへ戻る