一文字軒瓦

項目名 一文字軒瓦
別名
一文字瓦、一文字唐草
よみ仮名
いちもんじのきがわら

概要

軒先の仕上がりをきれいに収めるための「軒瓦」のひとつで、その垂れ下端をまっすぐ(一文字)にすりあわせて美しく見せているもの。軒瓦の中でも仕上げの技術が要求されるため高級瓦のひとつとされている。

設置の目的

瓦屋根の末端である軒先の美観を整えるため。

メリット・長所

軒瓦は、その多くが下がり端が丸くなっており、文様等の装飾を施されることも多い。一文字軒瓦では、その仕上げを直線的にするため屋根デザインの収まりとしてすっきりとして見え、数寄屋建築のほか門や塀などの装飾的な屋根でもシンプルに軽く見せたい場合などに好んで利用される。

デメリット・短所

特にないが、軒先を直線的にすりあわせるのに高い技術と手間が要求される。そのため、コストがかかるが、高級な屋根仕上げとしてステータスも高い。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る