入母屋屋根

項目名 入母屋屋根
よみ仮名 いりもややね

上部の屋根を切妻屋根のような二方面勾配とし、下部の屋根を寄棟屋根のように四方面勾配とした、二段構造の屋根です。東アジアの伝統的な屋根形式のひとつで、寺院や城など格式高さを象徴する建物や地方の民家に多く用いられています。

メリット

屋根裏の通気性が高い
妻壁(上部の切妻屋根の側面に設置してある壁)があるため、屋根裏の風通しはよくなります。また、隣の建物から自然と離れた形となり、安定した換気を望めます。

四方に雨雪を分散させることができる
寄棟屋根のように四方向に傾斜面を設けているため、雨雪を分散させることができます。台風に比較的強い点も寄棟屋根と同じ恩恵を受けられます。

四方向全ての外壁をカバーできる
寄棟屋根と同様、屋根面が四方向に取り付けてあるため、四方向の直射日光や雨から外壁を保護することができます。また、外壁の面積を抑えることができるため、外壁に関してのコストカットにつながります。

デメリット

雨漏りのリスクが高い
接合部の多い屋根は、それだけで雨漏りのリスクが高くなってしまいます。

デザイン面で古めかしい印象を与えることがある
重厚感のある雰囲気を出しやすい屋根で、以前では主流の形式でしたが、最近では切妻屋根などがモダンなスタイルとして採用されることが多いので、古風な住宅というイメージをもたれる方もいらっしゃいます。

工費が割高になり、工期が長くなる
入母屋屋根は複雑な形状の屋根のため、それだけ工数もかかります。また最近では、施工できる技術を持った職人が少なくなっていることもあり、その分が費用にも影響しているようです。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る