腕木

項目名 腕木
よみ仮名 うでぎ

概要

柱や梁(はり)から、垂木(たるき)また庇(ひさし)などを支えるために、突き出させた横木。
柱から突き出した腕木の上へ直角に「出しげた」を渡し、さらにその上に何本かの垂木を乗せ、そしてその垂木の上に今度は合板などの野地板を張り、そして最終的にはその上に瓦や金属板などを葺いて、玄関屋根や窓屋根などを形成するもの。そのすべての重みと強度を支える木の腕となるもの。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る