鬼瓦

項目名 鬼瓦
よみ仮名
おにがわら

概要

和風建築の棟(大棟、隅棟、降り棟などを含む)の先端に取り付けられる装飾瓦。鬼面をかたどったものが多いことから、こう呼ばれる。

設置の目的

棟の末端に取り付けることから、雨仕舞いを主目的とし防火機能もあわせもつ。外観上、目立つ位置であるため古来よりさまざまな意匠が凝らされてきた。

材質

本瓦同様の粘土瓦が一般的である。

主にどういう建物に使われるか

伝統的な本瓦を葺いた和式建築に幅広く用いられる。

どのような種類があるか

厄除け信仰を込めて「鬼面」をかたどったものが多いが、火除けを願って「菊水」など水の文様をかたどったものや家紋をあしらったものなど多種多様な装飾が施されている。鬼面でなくても伝統的に、「鬼瓦」と呼ばれる。鯱(しゃち)、鴫尾(しび)なども鬼瓦の一種といえる。

メリット・長所

大棟、隅棟、降り棟など屋根の各棟の末端の防水機能をもたせるとともに、外観デザイン構成に大きく主張する。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る