パラぺット

項目名 パラペット
よみ仮名 ぱらぺっと

別名:手すり壁・胸壁・扶壁(ふへき)

建物の屋上や陸屋根(ビルの屋上のような勾配のない平らな屋根)の上端部に設けられる小壁や手すり壁。

パラペットが用いられる主な用途は以下のものがあります。
・屋上の排水
・バルコニーなどの手すり壁
・防火壁、
・商店の看板を取り付ける壁。

メリット

陸屋根の場合などパラペットがあれば、屋上にたまった埃と雨水の泥水を、雨どいなどで排水することが容易となり、建物の汚れや劣化を防止できます。

デメリット

手すりにあたる天板(笠木板金)において、施工技術面での納まり(部材の取付具合)が難しく、荒天にさらされる箇所として雨漏れの原因となるだけに、定期的な点検やメンテナンスが必要となります。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る