破風、破風板

項目名 破風、破風板
よみ仮名 はふ、はふいた

破風(はふ)とは屋根の妻側の造形のこと。
切妻造や入母屋造の屋根の妻側には必ずこの破風が必要となります。
またこの破風に用いられるのが破風板(はふいた)です。
屋根の内部や屋根瓦の下に雨風などが吹き込まないよう、住宅の屋根の先端部分に取り付けられている部材です。「博風」と記す場合もあります。
家屋ではシンプルなデザインが一般的ですが寺院などの破風板は彫り物などの装飾が施され、豪華なものが多く存在します。
よく使われている素材として木材、窯業系ボード、金属が挙げられます。
窯業(ようぎょう)系とはセメント材料、繊維原料、水を混合して成形し、それを高熱処理した素材です。
昔は破風板に木材を使用するのが一般的でしたが劣化が激しい為、金属のカバーを取り付けたり、ガルバリウム素材でコーティングするのが主流になりつつあります。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る