葺き土

項目名 葺き土
よみ仮名 ふきつち

概要

屋根瓦を野地板に固定するため用いる、粘土を主とした土。葺き土を用いた瓦の施工法を土葺きと呼ぶ。

屋根の中でどこの場所にあるか

屋根下地と瓦の間に敷かれる。葺き土がずれないよう野地板に土留桟を打って用いられる。

設置の目的

  • 屋根瓦が滑り落ちないよう接着性のある土を使用する。
  • 葺き土が乾燥していく過程で瓦と一体化し、並びの不均一さやねじれが修正され、地震時や強風時のガタつきが抑えられ耐久性も増す。

材料

粘土をメインに、石灰や川砂、藁すさなどを混合して粘着性のある土をつくる。

主にどういう建物に使われるか

昭和初期まで日本瓦を葺く際に多用されていたが、関東大震災や阪神大震災を契機に耐震性に劣ることがわかり、「引掛葺き」に取ってかわられ現在ではほとんど使用されていない。

メリット

瓦と屋根下地材の間に土を置くことで、断熱性と防火性が高まる。

デメリット

瓦の重量と同等の葺き土を使用するため、屋根重量が増し耐震性の観点からはマイナスとなる。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る