カバー工法

項目名 カバー工法
よみ仮名 かばーこうほう
別名 重ね葺き、重ね張り、被せ張り

概要

経年劣化で防水性の低下や色あせなど劣化が現れたスレート屋根を解体して葺き替えるのではなく、その上から軽量なガルバリウム鋼板などの金属屋根を張り付けて更新するメンテナンス工法。

設置の目的

約10年ごとの再塗装が必要で、おおむね30年前後で防水機能が低下するスレート屋根の葺き替えの工期と費用を抑えるため、既存の屋根に軽量で耐久性のある金属屋根を張り付ける。

材料

ガルバリウム鋼板を使用した屋根材が主流。

主にどういう建物に使われるか

スレート屋根を用いた一般住宅。日本瓦(陶器、セメント材含む)など波形形状や厚みのある屋根材と、下地調整が必要になるトタン屋根はカバー工法が適用できない。

どのような種類があるか

横葺き、縦葺きと金属屋根の外観バリエーションを生かした施工方法が選べる。

メリット

経済性
古くなったスレート屋根の撤去費用が不要なので葺き替えよりも工費が安価。
短工期
上記と同様の理由で迅速な施工が可能。
アスベスト対策
古いスレート材を使用する既存屋根の場合、撤去時のアスベスト飛散対策と廃棄費用がかからず安全かつ経済的。
耐震性
屋根材のうちでも最軽量の金属材を用いることで既存屋根との比較でも耐震性をほとんど損ねない。
断熱・防音性
既存のスレート屋根をそのまま残すので金属屋根の弱点である断熱性と防音性について心配がない。

デメリット

保険の補償が受けられない
火災保険に加入している場合、「風災・雪災」補償で修理費用が出ない場合がある。

施工サービス内容を見る

ページトップへ戻る