改質アスファルトルーフィング

項目名 改質アスファルトルーフィング
よみ仮名 かいしつあすふぁるとるーふぃんぐ

フェルト状の板紙に改質アスファルトを染み込ませ、さらにその両側を改質アスファルトで薄くコーティングした防水建材。
改質アスファルトは、通常のアスファルトに合成ゴムや合成樹脂を混ぜたもの。
ゴムアス、改質アスファルト、とも呼ばれます。

設置の目的

屋根の防水性能を高めるため。
温度変化や伸び・曲げに弱いという、アスファルトルーフィングの弱点を改良した建材です。耐久性に優れているため、近年ではアスファルトルーフィングに代わって使用されることが増えてきています。

メリット

    • 防水性が高い。
    • アスファルトルーフィングに比べ、温度変化や伸び・曲げに強く、ダレにくい。
    • タッカーや釘で固定しても破れにくい。

デメリット

    • 価格がやや高価。
    • 耐火性が低い。
    • 通気性がなく水蒸気(湿気)を通さない。屋根裏に湿気がこもる可能性がある。

関連項目

下葺き材(ルーフィング、防水シート)
アスファルトルーフィング
アスファルトフェルト
透湿防水シート
アスファルトシングル

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る