越屋根

項目名 越屋根
よみ仮名 こしやね

屋根の最上部に採光や風通しを良くするために、棟をまたいで一段高く小さな屋根を取り付けた屋根のことです。

メリット

採光及び風通しがよくなる
元来の目的として、採光や通風、煙抜きを行うために設ける屋根ですので、当然それらの効果は期待できます。高い位置に換気口を設置することで、温度差換気を行いやすくなります。

居住空間を広くできる
越屋根は高さのある空間を構成するので、広々とした空間を演出することができます。

デメリット

施工にかかるコストが高い
構造が複雑になればなるほど、費用がかかります。コストやメンテナンス性を重視するのであれば、切妻屋根や片流れ屋根などの方が費用対効果を得られるでしょう。

雨漏りのリスクが高い
こちらも、構造が複雑な屋根形式に共通するデメリットです。メンテナンスにかかる手間はほとんどの方にとって最重要課題ですので、断固とした理由がない場合は無難な屋根を選ぶようにすべきです。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る