棟瓦

項目名 棟瓦
よみ仮名 むながわら、むねがわら

概要

屋根の最上部である棟に取り付けられる瓦のこと。

屋根の中でどこの場所にあるか

屋根下地と瓦の間に敷かれる。葺き土がずれないよう野地板に土留桟を打って用いられる。

設置の目的

各面の屋根を寄せた部分でもっとも高い位置にあるため、瓦の下地に雨水が漏水しないような構造で配置される。また、屋根の美観を整える目的で、さまざまな形状の棟瓦がある。

どのような種類があるか

棟に雨水が溜まらないよう排水目的で積む「熨斗瓦」や、熨斗瓦の隙間に雨が侵入しないよう被せて積む「雁振り瓦」、棟の両端を飾る「鬼瓦」などがある。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る