目止め

目止めとは、下塗り前に目止め剤を用いてひび割れや木材の導管を埋め、塗面を平滑化する作業のことです。上塗り塗料の余分な吸収を抑制したり、下地となる素材の美しさを引き立てる上で重要です。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る