目透し天井

項目名 目透し天井
よみ仮名 めすかしてんじょう
別名 敷目板天井(しきめいたてんじょう)

概要

目透かしとは2つの部材をぴったり貼り合わせるのではなく、隙間を空けておくことをいう。目透かし天井とは文字通り、目透かしになっている天井であり、和室の天井の仕上げに用いられる天井材の張り方である
天井板と天井板の張り合わせにおいて、ぴったりと張り合わせるのでなく、約1センチ程度の間隔をあけて張る方法をいう。

板と板のその隙間には、その隙間の流れの上部分(天井内部)に敷目板という幅の細い板を乗せるとか、または天井板同士のつなぎ目を「あいじゃくり」式(片方のつなぎ目を凸とし、もう片方のつなぎ目を凹とする)でつなぎ合わせて、すき間を防ぐ方法などが取られている。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る