のし瓦

項目名 のし瓦
別名 熨斗瓦、棟瓦
よみ仮名
のしがわら

概要

切妻屋根や入母屋屋根の大棟、冠瓦の下に葺く、細長い形状の平瓦。

設置の目的

屋根面が結合する部分の雨漏り防止のため積まれる。また、外観上目立つ大棟の部分のため意匠性を考慮した素材選定や施工法が求められる。

材質

本瓦同様の粘土瓦が一般的である。雨漏り防止を主目的に積まれるので、継ぎ目をずらしながら数段、漆喰等を練り込みながら積まれる。

主にどういう建物に使われるか

屋根面が大棟に集まり結合する、切妻屋根や入母屋屋根などの伝統的な本瓦を葺いた日本家屋や寺院など。

どのような種類があるか

意匠性を意識した形状や装飾を施したものが、数十種類存在する。

メリット・長所

「設置の目的」にもあるとおり、屋根面が結合する頂上部分の大棟からの防水対策と、あわせて外観上の意匠性。

デメリット・短所

通常3~7段積まれることが多い。段数が多いほど防水効果が高まるが、積みすぎると風の影響を受けるので注意が必要。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る