妻側

項目名 妻側
よみ仮名 つまがわ
別名 妻面

建物の棟方向の壁面を平側(平面)という。平側に直角に接する壁面のことを妻面といいます。

「妻」とは、端、袖、脇などの側面を意味します。日本建築の場合は棟方向の平側を長手方向とし、妻側を短手方向としている。妻側・平側の区分がある屋根としては切妻屋根や入母屋屋根などがあります。
イラストは切妻屋根の例です。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る