立平葺き

項目名 立平葺き
よみ仮名 たてひらぶき、りっぺいぶき
別名 立はぜ葺き、縦はぜ葺き

概要

金属屋根の葺き方のひとつで、地面に対して垂直に屋根材を止め付ける「縦葺き」のうち垂木を用いず、継ぎ目を板金材料だけで加工した工法。金属板の継ぎ目である「はぜ(ハゼ・馳)」を、立てて仕上げていることからこう呼ばれる。

設置の目的

金属の屋根材の継ぎ目に芯材となる垂木がある「瓦棒葺き」よりも仕上げ加工が短時間で済み、施工が用意。また、雨水や湿度の影響で劣化する垂木がないことで屋根のメンテナンス性が向上する。

材料

主にガルバリウム鋼板が用いられる。

主にどういう建物に使われるか

公共施設や商業施設などの大型建築の屋根をはじめ、シンプルモダンなデザイン性が評価され一般住宅にも採用されている。

メリット

排水性
屋根の頂点から軒先まで屋根材に遮るものがない縦葺きなので、雨水の排水性が高い。
防水性
板金材料だけで屋根材同士をつなぎ合わせ木材を使用していないで、防水性が高く腐食に強い。
緩勾配でも施工可
排水性が高いため、2寸(20/100)以上の勾配が必要となる一般的な屋根と比較して、0.5寸(5/100)以上の勾配があれば施工できる。
経済性
垂木を使わず、現場では板金加工のみで施工がきるので短工期で工費も安く上がる。
デザイン性
シンプルでモダンな意匠性が好まれ、外壁にも利用されることが多い。

デメリット

防音性
長尺の金属材を屋根に用いることから、雨音の吸収にやや難がある。同様の理由で断熱性にも劣るため、遮音シートや断熱シートを野地板との間に張ることで対処する。
施工条件に注意
あらかじめ工場製作された長尺の屋根材を施工現場に搬入するため荷下ろしスペースの確保に注意が必要なほか、現場で屋根材の加工が必要な可変性には対応しにくい。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る