透湿防水シート

項目名 透湿防水シート
よみ仮名 とうしつぼうすいしーと

水は通さず、水蒸気(湿気)は通すシート状の建材。

材質

ポリエチレン製不織布

設置の目的

雨水の浸入を防ぎつつ、湿気を排出するため。
1990年頃から全国で使われるようになった建材です。雨水の浸入を防ごうとすると、どうしても建物の気密性が高くなり、湿気がこもってしまうという問題がありました。透湿防水シートは、特殊な構造によって湿気を効率よく逃し、なおかつ雨水を防ぐことができます。

メリット

    • 建物内部の湿気を排出し、結露やカビを防げる。
    • 価格が比較的安価。

デメリット

    • 耐火性、耐震性、耐風性、気密性、防音性などに欠けるため、石膏ボード、グラスウール、構造用合板と併用する必要がある。

関連項目

下葺き材(ルーフィング、防水シート)
アスファルトルーフィング
改質アスファルト
アスファルトフェルト
アスファルトシングル

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る