寄棟屋根

項目名 寄棟屋根
よみ仮名 よせむねやね

棟を頂点として、四面の屋根を張ったスタイルの屋根です。寄棟造とも呼ばれます。寄棟屋根に用いられる、頂上の棟を大棟と呼びます。日本では、切妻屋根に次いでよく見られる屋根構造です。

メリット

四方に雨雪を分散させることができる
切妻屋根が二方面のみの傾斜面であるのに対し、寄棟屋根は四方向に傾斜面を設けています。そのため、雨や雪による負荷を分散させることができます。また、風に対しての耐久性も高く、台風に強い屋根であることも特長です。

四方向全ての外壁をカバーできる
寄棟屋根は屋根面が四方向に取り付けてあるため、四方向全てで直射日光や雨の影響を抑えることができます。また、壁の面積も少なくて済みます。

柔軟なデザインを適用しやすい
寄棟屋根は和風、洋風どちらの建築様式にも適用できます。寄棟屋根は格調高さや、落ち着いた印象を与えやすく、また屋根の凸凹を活かすことでデザイン性を高めることができます。

デメリット

工費が割高になり、工期も長くなる傾向がある
切妻屋根と比較すると、屋根面積が広くなりがちで使用する屋根材が増えます。また、複雑な作業も必要となるため、コストは大きくなる傾向があります。

雨漏りのリスクはやや高い
切妻屋根と比較すると継ぎ目が多くなるため、雨漏りの可能性はやや高くなります。特に、かき合いと呼ばれる屋根のY字部分は、三枚の屋根の継ぎ目となる箇所で雨風の負荷もかかりやすいため、定期的にメンテナンスする必要があります。

ソーラーパネルを設置しにくい
屋根を四枚に分けているため、一枚一枚の面積は小さくなります。また、ソーラーパネルが長方形であるのに対し、寄棟屋根は台形と三角形を組み合わせた屋根のため、屋根全面に設置することができません。切妻屋根や片流れ屋根等と比較すると、ソーラーパネルの設置には不利な屋根です。

施工サービス内容を見る

関連する用語

ページトップへ戻る