施工事例

外壁のひび割れ

 

経年劣化によりできた外壁のひび割れ
経年劣化によりできた外壁のひび割れ(2)
コーキング剤を添付してひび割れが補修された外壁

気になる外壁のひび割れ。わかりにくい部分ですが、経年劣化により、ひび割れができています。このような少しのひび割れでも、雨水や湿気などの水分が侵入し、壁が内部から腐敗してしまうかもしれません。
内部からの腐敗は目に見えないだけに、気が付きにくいもの。大規模な工事が必要になる前に、補修を行いましょう。

まずは、材質や壁の色に合わせたコーキング剤を塗布し、補修を行います。

外壁を塗装している様子
塗装し終わった外壁の様子
外壁を塗装している様子(2)

ひび割れは、埋めてしまえばそれで終わり…という訳ではありません。傷の深さによっては、埋めた後も再び同じ場所からひび割れてしまう場合もあります。
ひび割れが深い場合は、コーキング剤で補修をしてから上に塗装を施します。
壁一面を塗り直すので、とても綺麗に直ります。

※ 外壁塗装の塗り直しは別途料金が発生いたします。まずは一度、お気軽にご相談くださいませ。

の事例一覧

閉じる
ページトップへ戻る