問合件数:9,109件(9月現在)

  • 【京セラ-kyocera】太陽光発電システム メーカー別エラーコード一覧

型式:エコノラインEX PVN-403/PVN-551


エラーコード エラーコードの意味 対処の仕方
F0 太陽電池異常(入力過電圧) 運転スイッチを「切」にして、約 1 分後に運転スイッチを「入」にしてください。それでも異常(点検)コードが表示されるときは、運転スイッチを「切」、外部のサービスブレーカを「OFF」にしてお買い上げの販売会社にご連絡ください。
F5 装置異常(出力過電流)
F6 装置異常(直流分流出)
F8 装置異常(検出器異常)
F2 太陽電池の漏電 運転スイッチを「切」にして、約 1 分後に運転スイッチを「入」にしてください。それでも再度漏電を検出するときは、運転スイッチを「切」の状態にしてお買い上げの販売会社にご連絡ください。
F4 装置内部温度の異常上昇 ①運転スイッチを「切」にする。②本体上面、下面の通風孔を点検する。● 通風孔が物やほこりでふさがれている場合 1) 物やほこりを取り除く。2) 30 分経過してから、連系運転を始める。● 通風孔がふさがれていない場合30 分以上経過してから、再度運転スイッチを「入」にしても異常(点検)コードが表示されるときは、お買い上げの販売会社にご連絡ください。
E0 停電中、またはブレーカ切れ ①停電中の場合 停電が回復するまで待つ。②停電中でない場合パワーコンディショナに接続されている漏電遮断器およびサービスブレーカをON」にする。
E1,E2,E3,
E4,E5,E6,
E7,E8,E9,
E10
家庭内電源の乱れなど(運転一時停止) 解除されれば自動的に運転を再開します 系統が正常に戻るまでお待ちください。系統が正常に戻ると、数秒~ 5 分後に運転を再開します。
2~ 3 日間この状態が続くようでしたら、何らかの異常が考えられますので、お買い上げの販売会社にご連絡ください。

イエコマの太陽光発電システム(パワコン)に関するサービスの紹介

イエコマでは、『パワコンメンテナンス』というサービスを行っています。
パワコンの設置状況や配線状況、発電効率などを慎重にチェックし、必要な場合は交換作業を行います。交換だけにとどまらず、交換後にはしっかり動作チェックも実施。施工開始前から終了後までていねいに対応いたします。
ご相談・見積もりは無料です。

パワコンメンテナンス・交換ならイエコマ

家の専門家によるパワコンメンテナンスが…

4,500円(税別)追加料金一切なし!

パワコンの交換が、38,000円(本体代金別)
パワコンメンテナンス

発電量・売電金額が不安定…

設置から10年を経過したパワーコンディショナーは発電効率と設置状況を一度確認しましょう

24時間365日受付
ページトップへ戻る