もう悩まされない!鳥のフン対策

LINEで送る
Pocket

いくらきれいにベランダを掃除しても、翌日にはフンで汚れているベランダ。ひどいときには、1日に何度も掃除する羽目になることも。全く嫌になりますよね。

ベランダのフンなどの鳥害は、

  • フンに含まれる病原菌の危険性
  • フンで汚れていくマイホームのベランダ
  • 羽音や鳴き声などの騒音被害
  • ご近所からの視線

これらのようなデメリットがあります。

当記事では、

  • 「なぜ鳥は市街地に来るのか」から見る鳥害対策
  • 自宅で出来る具体的な鳥害対策
  • ベランダのフンの正しい掃除の仕方

などをお話しします。

実際に当記事の内容を実践された方で、ベランダに鳥が来なくなったという方もいらっしゃいました。
この記事が、あなたの鳥害対策の参考になれば幸いです。

もう鳥のフンに悩まない!鳥害対策をしよう

鳩

毎朝ベランダに行くと鳥のフンが落ちている。
鳥が巣を作っていて、匂いも気になる。
そんなベランダとは、もうお別れしましょう。

あなたを悩ませている鳥は○○

対策の前に、まずはあなたを悩ます敵を知ることから。
町にフン被害をもたらしているハトは、主にドバドとキジバトです。
ドバドは体が全体的に灰色で、首元が淡い緑色に光るハトです。
キジバトは紫がかった灰色の体で、背中にうろこのような模様が入っているのが特徴です。
町で1番よく見かけるのはドバドですね。その次に多いのがキジバトです。
この2種類の他にも、カラスバトやシラコバトなど、ハトには多くの種類があります。しかし町に住み住宅にフン被害をもたらすハトは、ほとんどがドバドかキジバトです。

ハトは、ハチなどの害虫のように攻撃してくるわけではありません。
しかし彼らが運んでくる病原菌や寄生虫に注意が必要です。
ハトのフンや羽毛に含まれる病原菌が体内に入ると、クリプトコッカス症や鳥インフルエンザなどの感染症にかかる危険があります。
感染被害以外にも、ダニなどの寄生虫による被害も懸念されます。
特にお子様やペットのいる家庭だと、感染症や寄生虫は心配なところですよね。家族の健康のためにも、早めの対処をおすすめします。

鳥が市街地に来るのは、市街地の方が安全だから

そもそも、なぜドバトやキジバトは市街地に来るのでしょうか?
この疑問の答えは、この後にお話する鳥害対策にもつながってきます。

ドバドやキジバトが町に生息する大きな理由は2つ。
1つは、都市開発などで、木々の住処が無くなってしまっていること。
2つ目は、都市の方が山間に比べ、天敵が少なく安全であることです。

つまり鳥を追い払うためには、ここは危険だと認識させることがポイントになります。

代表的な3つの鳥害被害

鳥の群れ

対策のお話の前に、あなたを悩ます鳥害ケースはどれに当てはまるのか確認しておきましょう。

自宅のベランダにフンや巣ができてしまった

1つ目は、自宅のベランダが頻繁にフンで汚れたり、巣を作られたりしてしまった場合。
最も被害に悩んでいる人が多いのがこれではないでしょうか?
これでは日頃から、気楽に洗濯物を干すこともできませんよね。
巣ができているとなれば、ベランダに出るのも怖いですし、巣を取り払うのも一苦労です。

鳴き声や羽音がうるさい

たくさんのハトがベランダを寝床に使用するようになったり、ハトが巣を作ったりした場合には、鳴き声や羽音の騒音もひどくなります。
この場合は自力でハトを追い出すか、業者に処理してもらうかしかないですね。

車や外壁、窓にまでフンがついてしまう

車や外壁、窓など、幅広い範囲にフンが付着している場合です。
見た目が汚らしいですし、衛生面も気になります。早期解決をしなくてはなりません。
どこかに巣を作られている可能性も高いでしょう。
フンで汚れる範囲が広いと、その分日々の掃除も面倒になります。そもそもハトが近づいてこないようにするなど、根本的な解決を図りたいところです。

自宅で取れる鳥害被害への具体的な対策とは

鳩

ここからは実際に、ご自宅でできる鳥害対策をご紹介していきます。

鳥の天敵となる動物の模型を使う

冒頭にもお話したように、ハトがあなたの家に巣を作っているのは、ここに天敵はいないと安心しているからです。
そこに蛇やカラスなどの天敵の模型を設置することで、ここは危険だと認識させることができる可能性があります。

対策グッズも手頃な値段で買えますし、対策効果も高いので、おすすめできる方法の1つです。

ただしハトによっては、模型がニセモノであることに気づいて居ついてしまうこともあります。絶対に効果のある対策法とはいえません。

磁石の鳥害グッズを使う

ハトなどの鳥が持つ、地球の磁場を頼りに飛ぶ習性を利用した対策法です。
磁石によってハトの方向感覚を狂わせ、飛べなくしようというわけです。

しかしハトは磁場だけでなく、視覚や太陽の位置なども利用して飛行しています。長距離を正しい方角に飛ぶことは磁力で邪魔できるかもしれませんが、ベランダに近づくのを阻止できるかは疑問です。

光の反射を使う

ベランダの天井や軒先から、CDディスクなど光を反射するものを吊るす方法があります。鳥が太陽などの強い光の反射を嫌うことを利用した方法です。
しかし時間が経ち危険がないことをハトが学習すると、効力が無くなってしまいます。
そのため一時しのぎに過ぎず、根本的な解決は見込めません。

鳥の嫌いな臭いなどの薬品(忌避剤)を使う

鳥が嫌う臭いのスプレーをまいたり、臭いを発するグッズを置いたりしてハトを避ける方法です。
天敵の模型やCDなどのようには目立たず、ベランダの外観を損ねにくいメリットがあります。

ですが1度忌避剤を置いただけでは、効果のある期間が限られる点に注意が必要です。時間の経過で臭いが薄れたり、雨で忌避剤が流れてしまったりする恐れがあるからです。定期的にスプレーをまいたり、グッズを新しいものに交換したりする配慮が必要になります。
またハトは1度住み着いた場所には強い執着心を持つため、すでに巣が作られていたり、ハトの寝泊まりの場所になっていたりしたら効果を発揮しない可能性が高いです。

針山や有刺鉄線をつける

駅前にあるような、そもそも鳥が止まれないようにする方法です。
手すりなどのハトが止まりそうなポイントに、有刺鉄線やゴム製の針山などを設置すれば、鳥には住みづらい環境となります。

設置に少し手間がかかったり、洗濯物を干すなどの家事に支障が出たりすることはあるかもしれません。

番外編:音や電気での対策もあるが…

上記でご紹介した以外にも、音や電気での対策もあります。
ハトなどの動物の接近を感知し大音量で驚かせて追い払うグッズや、けがをさせない程度の電気ショックをハトが止まりそうな場所に流すグッズなどです。

しかしご自宅で出来るかというと、現実的には難しいといわざるを得ません。
ハトが逃げるような大音量は近所迷惑になりかねませんし、屋根やベランダに電気ショックを流すのは安全面で不安があります。
田舎の畑などでは有効かもしれませんが、個人宅でこのような対策をとるのは困難でしょう。

自分でフンの掃除をする際の3つの注意点

掃除道具

ここまでは対策をご紹介してきましたが、ここからはフン掃除での注意点をお話していきます。

掃除道具は一度使ったら捨てる

鳥のフン掃除では、掃除用具の使いまわしはNGです。
フンは多くの細菌やウイルス、寄生虫をもっています。
そのため一度掃除しただけの掃除用具にも、多くの菌が付くことになります。
当然、その掃除用具を使うたびに菌と接触することになるため、感染の危険性があるのです。

掃除をする際は、もったいないからと取っておかずに、一度使ったら処分するようにしましょう。

手袋とマスクは必ずつけて!

手袋とマスクは重要な感染対策です。
「短時間で済む作業だから大丈夫」と油断して着用をおこたるのは危険です。その短時間の間に菌が体内に入ってしまうかもしれません。
マスクをしっかり付け、掃除中に舞い上がったほこりや乾燥したフンの粉塵などを吸い込まないようにしましょう。

手袋の着用も重要です。掃除で汚れた手で移動すると、菌を広範囲に広げてしまう恐れがあります。掃除中や掃除後に掃除場所を離れるときは、手袋をいったん外すようにしましょう。

風が強い日の掃除はやめよう

ほこりや粉塵などを広範囲に広げないための注意です。
広範囲に広がれば、それだけ生活の中で感染症にかかるリスクが高くなってしまいます。
そのため風の強い日の掃除は、できるだけ控えてください。

フン掃除に必要な道具をご紹介

フン掃除に必要となる、基本的なグッズをご紹介しておきます。

  • マスク
  • ゴム手袋
  • 雑巾や、着なくなったシャツや布
  • キッチンペーパーや、古紙
  • 大き目のゴミ袋
  • お湯(40℃くらい)の入ったバケツやペットボトル
  • 消毒用のエタノール
  • 次亜塩素酸ナトリウムの入った消毒液
  • ほうきやちりとり

これだけのものがあれば、掃除は滞りなく行えます。

フン掃除の流れ

女性

フン掃除は3つの段階に分けて行っていきましょう。

STEP1:まずは乾燥しているフンや汚れを、濡らしてふやかす。

ほこりや粉塵が舞わないようにする効果と、ふき取りやすくするための2つの効果があります。
まずは、霧吹きなどを使って湿らしていきましょう。

STEP2:汚れが柔らかくなったら、布や古紙でふき取る

フンや汚れがふやけたら、手袋とマスクをつけた状態でふき取り作業を行いましょう。
フンや汚れの範囲を広げないよう、そっと作業を行うように注意してください。
大きめのごみ袋も用意しておきましょう。

最後は消毒を忘れずに

フン掃除が終了したら、最後は消毒スプレーできちんと殺菌しましょう。
乾燥した際に、細かなほこりや粉塵が舞ってしまいます。
そのため、掃除後は丁寧消毒まで行うことが重要です。

フン掃除は業者に頼んだ方が効率もコスパもいい

業者の男性

フン掃除は「自分で掃除できる限度を超えている」「掃除をしたくない」という方もいらっしゃるでしょう。
慣れない作業で総合的に掛かる時間やストレスなどを考えると、コスパの面では業者に依頼した方が良いこともあります。

すでにベランダにハトの巣が作られている場合は特に厄介です。卵やヒナのある巣を個人が独断で撤去することは、鳥獣保護法によって禁止されています。これを破った場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課されます。

※参考:「鳥獣保護法」

フン被害などの掃除を請け負う業者の相場は、大体2万~6万円程です。
掃除の手間やハトの巣ができていた場合を考えると、業者に依頼した方が賢明なケースもあるでしょう。

まとめ

毎日を過ごす自宅にフン被害などの影響があったら、当然ストレスが掛かります。ふとベランダに目を向けるたびにフンの汚れが目に入るのは、気分のよいものではありません。
健康面にも悪影響があるとなると、早期解決をする必要も。
ご家庭でできる対策や掃除もありますが、あまりにもひどいようであれば、プロの業者の力を借りましょう。

鳥に悩まされることのない生活を手に入れるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 

鳥の巣撤去ならイエコマ

家の専門家による鳥の巣撤去が…
1ヵ所 5,200円
2ヵ所目以降+750円/ヵ所!
※上記は税抜価格 鳥の巣撤去
許可なく撤去すると鳥獣保護法に違反!
高所にあったり自分で対応しづらいときは、イエコマにお任せ!

24時間365日受付

イエコマの『鳥の巣撤去』の詳しい説明

ページトップへ戻る