手すり取り付け

家の中での転倒・転落事故の防止に、手すりを設置しませんか?

手すり取り付け
イエコマ紹介キャンペーン

手すりの取り付けが
初回限定!
1ヵ所目 10,000円(税別)
2ヵ所目以降 +3,000円/ヵ所(税別)

※戸建て専門のため、集合住宅・ビル・店舗・工場などは受付不可

※戸建住宅向けのサービスとなっておりますので、集合住宅(アパート・マンション)、ビル、店舗、工場等の作業はお受けすることができません。

※作業は居住部分に限ります。

※借家の場合、大家様の許可および立ち合いが必須条件となります。

※上記料金は施工費用です。(手すり代金は含んでおりませんので別途必要となります)

24時間365日受付

階段、廊下、浴室…転倒してしまう前に手すりの取り付けを!

階段、廊下、浴室…住み慣れた家だとしても、転倒や滑りによる事故が起きてしまうケースは少なくありません。特に、高齢になると身体能力の低下に伴い、怪我や事故が多発しています。
高齢者や小さな子供のいる家で動作の困難さや事故の危険性を回避するために、手すりを取り付けるのは大変有効です。手すりには、転倒事故防止だけではなく、立ち座りなどの動作を円滑にする役割を持っています。

特に階段や浴室、トイレなどでは、滑りによる転倒・転落事故が多い場所です。安全のためにも、また本人の自立のためにも、手すりを取り付けて事故や怪我を防止しましょう。

 

>>ご自身で手すりを取り付ける方は「手すり取り付けに必要な材料・道具に移動

手すりを取り付ける前にチェックすべきポイント

「動作補助の役割として手すりを取り付けたい…。」「転倒や滑りによる怪我防止のため、階段に手すりが欲しい。」と考えている方もいるでしょう。
「せっかく取り付けたものの、結局ほとんど使わなかった…。」なんてことは避けたいですよね。

それに、手すりは一度取り付けてしまうと、外すのもなかなか難しいのです。そのうえ、ビスで固定しているため、失敗してしまうと壁に無数の穴が開いてしまいます。
手すりの取り付けに失敗しないために、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

・どんな動作に手すりが必要なのか
・手すりの取り付け位置の確認
・手すりの設置スペースはあるのか
・使用者の身長や動作に対して、どんな形の手すりが必要なのか
・手すりの形状、材質はどのようなものが最適なのか

以上をチェックしつつ、手すりの取り付けを考えましょう。
イエコマでは、怪我や事故の危険回避、胴体補助のためにどのような手すりを取り付ければいいのか事前にチェックを行い、取り付けを行います。
まずは一度、ご相談ください。

手すりの取り付けは自分でもできるの?

手すりの取り付けは、確かに自分で行うことができるかもしれません。
しかし、大きな事故につながる可能性も考えられるので、おすすめはしません。
階段の上り下りや浴室での立ち座りの時、手すりには思っている以上の負荷がかかっています。
手すりを伝って階段を上っていたのに、その手すりが外れて転倒し、大怪我をしてしまった…という事故につながってしまうかもしれません。
安全のために取り付けた手すりなのに、事故を引き起こしてしまうのは意味がありません。

また、手すりを付けるための下地を探すのも、壁に対して平行にビスを開けるのも、なかなか難しい作業です。
手すりの取り付けは、イエコマにお任せください。安心、安全に手すりを利用しましょう。

24時間365日受付

 

手すりを取り付けるメリット

手すりを付けると、想像以上の意外なメリットが複数あります。
今一度、メリットを確認しておきましょう。

転倒を防ぐ

家庭内での転倒は決して少なくありません。特に階段、玄関、浴室など、段差がある・滑りやすい場所での転落や転倒は大きな事故に結びつきます。住み慣れたわが家でも、手すりは安全に暮らすための道具の一つです。

 

誘導の助けになる

身体のバランスが崩れやすい場面での転倒を防ぐとともに、暗くて見えにくい夜間などは目的地までの誘導になります。
特に高齢者で、夜中にトイレに行きたくなった際などには、大いに役立ちます。

 

立ち座りがしやすくなる

トイレ・浴室では、立ったり座ったりといった動作が手すりによって楽になります。また、手すりを使う人だけでなく、日常的に支援する家族などの負担軽減も期待できるのです。

 

手すり取り付けに必要な材料・道具

手すりを取り付ける際に必要な材料や道具には、以下のようなものがあります。中には家庭に常備されていないものもあります。
ここでは、手すり取り付けに必要な材料・道具、壁の種類ごとに適したねじのタイプを紹介します。

必要な材料・道具

手すり棒

手すりは握ったときの触り心地も大切です。素材には木やステンレス、樹脂被覆タイプ(芯はステンレスやスチール、アルミ)があります。
木製手すり棒は、のこぎりでカットして長さを調整しやすいという特徴があります。ぬくもりのある質感から、階段や廊下に用いることが多いでしょう。
ステンレス製や樹脂被覆タイプは、衛生面への配慮が必要なトイレ、洗面所、浴室などに用いられます。
樹脂被覆タイプにはカラーバリエーションがあり、木目調に加工されたものもあります。

 

ブラケットL型通

手すり棒を壁に固定するためのL字型の金具です。手すり棒を通すタイプや、上に乗せるタイプがあります。

 

自在ジョイント

階段などのコーナー部分で、手すり棒をつなげる場合に用いるジョイント金具です。

 

端部キャップ(エンドキャップ)

手すり棒の端をカバーするためのキャップです。洋服の袖を巻き込まないように安全性を考慮して、曲がっているものもあります。

 

下地探知機

手すりは、壁のどこに取り付けてもよいわけではありません。壁材の後ろにある柱(下地)に固定することで安全性が得られます。下地を探すために用いるのが下地探知機または下地センサーです。

 

のこぎり

手すり棒は、設置場所に適した長さにするためにカットする場合があります。素材によってはのこぎりでカットできるので、あると便利です。

 

キリ

手すりを取り付ける際に仮穴を開けるために必要で、電動ドリルがあると便利です。

 

電動ドライバー

手すりを確実に固定するには電動ドライバーやドリルが適しています。固定箇所が多いので、時間の短縮にもつながります。

 

メジャー

手すりには、設置場所や使用する人の身体能力に合わせた高さや位置の調整が必要です。メジャーは不可欠でしょう。

 

ねじやプラグ

壁面に合わせたものを準備します。この後詳しく説明します。

 
 

壁の種類ごとに適したねじのタイプ

手すりは安全に使えることが大前提です。壁材に合ったねじやビスを用い、しっかり固定する必要があります。

 

樹脂製プラグ

外壁材としてよく用いられるモルタルやコンクリートには、直接ねじやビスを打ち込むことができません。そのため、まず壁材に下穴を開け、ねじ山の付いている樹脂製プラグを差し込んでから、プラグにねじを打ち込みます。穴の大きさや長さを自由に選べますが、コンクリート用のドリルが必要です。

 

中空用アンカー

アンカーは直訳すると「いかり」です。中空用アンカーは、薄い合板で中空構造になっている壁や天井に用いられます。壁材に穴を開けて中空用アンカーを打ち込み、アンカーのねじを抜くと壁の後ろ側で傘が開くように固定される仕組みです。これにより、安定したねじ穴がつくれます。

 

グラバーやカベロック

最近の住宅の壁や天井に多い石こうボードにねじを打つときに用いられます。
グラバーは、ハンマーで打ち込むだけで簡単に取り付けることができ、中央にねじを打ち込み、必ず横向きで用います。
カベロックはドライバー1本で石こうボードに取り付けることができ、軽量物の固定に向いています。ドライバーで締めていくと側面にあるアームが壁に食い込み、しっかり固定されます。

 

階段手すりの取り付け方

手すりを自分で取り付けたい、工程を知りたいという方も少なくないでしょう。
ここでは、工程の複雑な階段手すりの取り付け手順を紹介します。

1.目印のピンを打つ

手すりの高さは、基本的には750mm程度です。階段の各踏み面から750mmの位置に目印のピンを打ちます。このピンを糸やマスキングテープでつなげて手すりの位置を決定します。

 

2.壁受けブラケットの位置を決める

手すりの位置を決めたら、壁受けブラケット(金具)の位置を決めます。手すり棒の直径が35mmの場合は60mm下に、32mmの場合は58.5mm下にピンで目印を付け、再び糸やマスキングテープでつなげていきます。

 

3.柱の位置を探す

下地探知機を使って壁裏の柱や間柱を探し、柱の位置に印を付けます。このとき、マスキングテープを貼ってその上に印を付ければ、壁紙が汚れることはありません。

 

4.手すり棒を必要な長さにカットする

壁受け金具を付けるため、端から60mm以内の位置に印を付けておきます。平らな場所に置き、印を付けた位置に下穴を開けてから、壁受けブラケットをビスで固定します。

 

5.両端を基準にして、他の金具を取り付ける

手すり棒の直径が35mm以下の場合は900mm以下の間隔で、32mmの場合はやや狭めの600mm以下の間隔で取り付けていきます。必要に応じて、手すり棒の両端にもキャップやジョイントを取り付けましょう。

 

6.手すり棒の固定

手すり棒に必要な金具を取り付けたら、柱に付けた印に合わせて手すり棒を固定していきます。手すり棒の端は下側もしくは壁側を向くようにします。

 

手すり取り付け時の注意点

手すりを取り付ける際には、注意点がいくつかあります。安全性につながるものですから、階段・廊下・トイレの場所別に注意点を確認していきましょう。

階段の手すり取り付け時の注意点

壁裏の柱や間柱に金具で固定する

屋内の壁は石こうボードや合板でできています。壁の裏側は空洞になっており、等間隔で柱が入っています。手すりを付ける際には、この柱にしっかり固定することが大切です。固定できる柱がない場合は、補強用の木板を取り付けてから手すりを設置します。手すりは中途半端な長さにせず、安全が確保できる踊り場まで設置しましょう。

 

手すりはできるだけ連続して設置する

手すり棒が途切れるところはジョイントで接続します。階段がカーブしている場合は、自由に角度を変えられるジョイント金具もうまく組み合わせて、連続して設置することが安全につながります。手すりが途切れると、手すりをつかみ直すために身体のバランスが不安定になる瞬間が生じます。連続した設置が難しい場合は、手すり棒の間隔が400mm以下であれば自然につかみ直すことができるといわれています。

 

手すり棒の端の処理

階段の始めと終わりにあたる部分は、身体の傾きが変わり不安定になります。水平な部分を200mm程度つくることで、安定して身体を支えることができます。また、手すりの端は下側を向かせるか、壁側に曲げて設置します。直線のままでは洋服の袖に入り込んで危険です。

 

片側手すりの場合は使いやすい側に設置する

階段の両側に手すりを設置できれば安全ですが、階段の幅などを考慮して片側に付ける場合が多いでしょう。通常は、利用する人の利き手側に設置します。まひなどで利き手がうまく使えない場合は、より使いやすい方に設置しましょう。

 
 

廊下の手すり取り付け時の注意点

廊下に設置する手すりの目的は、手すりに預けた手を滑らせて身体を横に移動させることです。
直径32~36mmの円形の手すり棒を用います。手すりの高さは、脚の付け根にある大腿(だいたい)骨転子部あたりに合わせるため、750~800mmになります。

手すり棒を下から受けるように金具を取り付けることで、手を滑らせる際の引っかかりを防ぎます。
また、階段と同様に、洋服の袖口に引っかかったりしないように、ジョイントを使って連続して設置し、端を壁側に折り込むように取り付けます。

 

トイレの手すり取り付け時の注意点

トイレの手すりは、座ったり立ったりする動作や、座っているときの姿勢を安定させるために用います。縦手すりは立ち上がる際に有効です。
便器の先端から200~300mm前方に設置し、立ち上がるときの重心移動をしやすくします。

座っている際に安定した姿勢を保つのが難しい場合は、横手すりも設置します。横手すりは便座よりも230~300mm高い位置に設置します。縦手すりと横手すりを組み合わせたL字型の手すりを用いることも多いでしょう。

設置場所を決めるときは、利用者が使いやすい方向や介助者の動きやすさ、トイレのスペース、車いすの使用の有無など、複数のポイントで検討が必要です。

 

手すり取り付けの相場

手すり取り付けの費用は、一般に1カ所につき2~3万円程度かかります。

金額は、取り付ける場所や手すり棒などの資材の価格、下地の状況によって変わります。
特に階段の場合、階段の長さやカーブの形で必要なジョイントも変わり、その分の費用がかかるでしょう。

 

手すり取り付け時の自治体助成制度の活用方法

各自治体では、住宅の改修について助成制度を設けています。要件に当てはまるのであれば、助成を受けて業者に頼むことで、安心かつ安全な環境が整えられるのではないでしょうか。
ここでは、介護保険制度、住宅改修助成を紹介します。
住んでいる自治体に、利用できる条件を問い合わせてみましょう。

介護保険制度を使う

介護保険制度で住宅改修の対象となるのは、65歳以上の介護保険第1号被保険者が介護認定を受けたときや、40~64歳の介護保険第2号被保険者が16種類の特定疾病により介護認定を受けたときです。
要介護1~5、要支援1~2の全てが対象の「住宅改修費の支給」というサービスを利用します。

支給されるのは、身体や住宅の状況から改修が必要と認められた場合に限られます。
上限は20万円で、そのうち1割を自己負担することになります。なお、20万円を超えた分は自己負担となるため注意が必要です。

対象となる工事は、手すりの取り付けや段差の解消などに限られます。
担当のケアマネジャーや理学療法士、作業療法士といった他職種の意見を聞きながら、施工業者とも打ち合わせるとよいでしょう。

 

在宅高齢者や障がい者(児)への住宅改修助成

介護保険の被保険者に該当しない場合でも、高齢者や障がい者(児)を対象とした助成制度を設けている自治体があります。自治体によって、助成名称や利用できる条件は異なります。一般に、65歳以上で要介護認定を受けている人が対象で、所得制限も設けられています。

障がい者(児)が家庭で安心して生活できることを目的に、助成を実施している自治体もあります。身体障がい者手帳を持つ身体障がい者(児)が対象で、身体状況に合わせて住宅改造費を助成しています。こちらも制度があるかは自治体によって異なり、利用には条件や所得制限があります。

いずれにしても、工事を先に行うと助成対象ではなくなる場合もありますから、注意が必要です。

イエコマが選ばれる3つの秘密

1.業界最安値が維持できるのはなぜ?営業コストを徹底的に合理化しているからです!

通常、ハウストラブルの対応業者は、宣伝・広告費に多額のコストをかけています。
趣向を凝らしたチラシやマグネットが、しょっちゅうポストや新聞に入っていませんか?

でも、たいていの場合、そうしたチラシはゴミ箱に直行してますよね。
これらを作って配り、さらに営業マンも回らせ、見積もりを立てて・・・
ご利用者様に関係のないこれらの作業がすべて施工費に上乗せされ、請求されてきました。

イエコマでは、こうした無駄な営業コストを徹底的に抑えました。

さらに、ご利用者の状況に最適な業者を派遣することで、不要コストを最大限削減。
追加料金なしの明朗会計を実現しました!

2.業界最安値が維持できるのはなぜ?「家の専門家」が施工するからです!

各種補修や清掃を安く請け負う業者は、ほかにもあります。
しかし、その多くはそれ“だけ”しか対応できません。

建築物について素人同然の作業員が作業をした結果、「作業が乱暴で、壁に傷がついていた」「作業したその日はよかったが、しばらくしたらまたすぐに異常が発生した」など、かえって状況が悪化するようなケースが少なくないのです。

当社が派遣するのは、住宅設備・内装・外装工事のエキスパート。
施工箇所だけでなく家全体のことを考えた作業で、長く住むためのお手伝いをいたします。

また、当社では、独自の厳しいサービス基準を設け、「サービスマン」として訪問できるスタッフのみ派遣しております。
大切なお住まいのことをお任せいただく者としてふさわしい “礼儀””清潔感”のある対応をお約束いたします。

3.強引な営業の不安がないのはなぜ?万一のときは、当社が窓口となるからです!

安価な業者に頼んだときに起こりがちなのが、「施工が済んだのに、追加で不必要な工事を勧められて断りにくい」など、しつこい営業を受けるようになってしまうこと。

当社では、良心的な地元業者を手配しているので安心ですが、万が一、施工業者からしつこい勧誘や営業を受けたら、ご相談ください。
ただちにやめるよう、当社がストップをかけます。

窓口と施工が別会社だからこその、安心サービスです。

施工事例

お客様の声

お申し込みの流れ

対応エリアをご確認ください

対応エリア対応エリア

※離島は対応エリア外となります

お電話の場合

1. 当社までお電話をください

お申し込みはこちらから

2. 当社の担当者がお客様のご希望のメニューをお伺いします

3. 施工会社よりご連絡し、詳しくご状況を詳しくお聞きした上で作業の日程を調整します

4. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

メールフォームの場合

1. メールフォームに必要事項を記入してください

お申し込み

2. 当社のオペレーターまたは施工店より、折り返しお電話いたします
お客様のお宅の状況を詳しくお伺いした上で、作業の日程を調整します

3. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

ページトップへ戻る