問合件数:9,109件(9月現在)

水栓・蛇口の修理及びパッキン交換

温度の調節がしにくい、水の出が悪い…パッキンの交換が必要かも!?

水栓・蛇口の修理及びパッキン交換
イエコマ紹介キャンペーン

蛇口・水栓の修理、パッキンの交換が
初回限定!
1ヵ所 6,000円(税別)
2ヵ所目以降 +1,500円/ヵ所(税別)

※戸建て専門のため、集合住宅・ビル・店舗・工場などは受付不可

※蛇口・水栓本体の不具合により、修理が不可能となる場合があります。

※戸建住宅向けのサービスとなっておりますので、集合住宅(アパート・マンション)、ビル、店舗、工場などの作業はお受けすることができません。

※作業は居住部分に限ります。

※借家の場合、大家様の許可および立ち合いが必須条件となります。

※生産中止品の部品は入手できない場合があります。

24時間365日受付

蛇口・水栓からの水漏れは、パッキンの交換で直る!?

ツーバルブの蛇口

蛇口・水栓・ハンドルからの水漏れ、水の止まりが悪い、出が悪い…水道料金がかさむ原因になり、どうしても気になってしまいますよね。
水漏れがする場合、蛇口・水栓そのものが故障しているのではなく、パッキンの経年劣化によるケースがほとんど。毎日使い続けているパッキンは、潰れてしまったり、隙間に細かいゴミが挟まってしまったりすることがあります。

パッキン自体の耐用年数は、一般的に10年程度と言われています。
水道管から流れてくる水をせき止める役割をもっているパッキンは、負荷がかかりやすく、劣化が早いのです。

水栓・蛇口から水漏れが続く場合、たとえ軽度であってもそのままにしていると、時間の経過と共に蛇口の傷みが進行し、さらに水漏れが酷くなってしまうかもしれません。
水栓蛇口の水漏れが気になったら、なるべく早く蛇口の修理をしましょう。
もしご家庭で水漏れが発生してしまった場合、蛇口・水栓の接続部分を確認してみましょう。異常が見当たらないようであれば、蛇口内のパッキン交換を検討する必要があるかもしれません。

ご自身で水栓・蛇口の修理及びパッキン交換をされる方は、
>>『蛇口の修理(パッキンの交換)前に必ず行うこと』
に移動

イエコマのパッキン交換はここが違う!

パッキン交換自体は、必要な工具がそろっていれば自分で交換できるといわれています。
しかし、どこのパッキンか特定できない、部品が錆びていて分解できない、自分で水漏れ修理ができる自信がない…そんな場合は、イエコマにお任せください。

パッキンの劣化により水漏れが発生していると思っていたのに、原因は別にあった…という可能性もあるでしょう。
イエコマでは、専門知識を持ったスタッフが水漏れの原因を突き止め、蛇口・水栓の修理やパッキンの交換を行います。

水栓・蛇口の交換やパッキン交換の相場は、施工価格を5,000円程度、業者によっては出張費を別途3,000円ほど上乗せするところもあります。
しかしイエコマでは、出張費なしで初回限定価格で…
1ヵ所 6,000円(税別)
2ヵ所目以降 +1,500円/ヵ所(税別)

で提供しております!

「シャワーの切り替えが固い」「水栓・蛇口の温度調整がしにくい」「水やお湯の出が悪くなった」…など、蛇口・水栓のあらゆるお困りごとを解決します。まずは一度、ご相談ください。

>>イエコマは、水栓・蛇口の交換も提供しております。

水栓・蛇口の交換

6,000円~(税別)


蛇口から水が出る構造

※ここでは、混合水栓のみの説明に限定します。

混合水栓とは、一台で水とお湯の両方が出る水栓のことです。水とお湯を水栓の金具内で混合し、流量と温度を調整して出します。
混合水栓には、以下のタイプがあります。

ワンホールタイプ

蛇口 ワンホールタイプ

取り付け穴が1つの混合水栓です。ハンドルを上下左右に動かすことで、水量・水温を調整することができます。

 
蛇口 シングルレバーの部品構造

レバーハンドルと連動したカートリッジにより湯水路の開閉を加減し、水とお湯の量を調整する仕組みになっています。

 

ツーホールタイプ/シングルレバー

蛇口 ツーホール/シングルレバータイプ

取り付け穴が2つある混合水栓です。穴の片方からは水、もう片方からはお湯が組み上がり、ワンホールタイプ同様のハンドル操作により、水量・水温を調整します。
ワンホールタイプと同様、レバーハンドルと連動したカートリッジにより湯水路の開閉を加減し、水とお湯の量を調整する仕組みです。

 

ツーホールタイプ/ツーバルブ

蛇口 ツーホール/ツーバルブタイプ

取り付け穴が2つある混合水栓です。水のバルブとお湯のバルブをそれぞれ調節することにより、蛇口から出る水の量・温度を調整します。
 
蛇口 ツーバルブタイプの部品構造
止水状態では、「スピンドル」という部品が、水に直接触れる「コマ」という部品を押さえることによって、水の流れを止めています。ハンドルを開くと、スピンドルが上がりコマが水圧で持ち上がって吐水する仕組みです。

 
 

蛇口の水漏れ箇所と原因

蛇口の水漏れは、さまざまな箇所から発生します。
混合水栓の蛇口の構造は、シングルレバーとツーバルブの2種類で分かれており、それぞれで水漏れした場合の修理方法が異なります。

ツーバルブの場合はコマパッキン・三角パッキンの劣化が、シングルレバーの場合はバルブカートリッジの故障・パッキンの劣化・スパウトの故障が水漏れの主な原因です。
以下に、水漏れの箇所ごとに原因をまとめていきます。

ツーバルブの場合

蛇口 ツーバルブタイプの水漏れ箇所

1.吐水口からの水漏れ

蛇口を閉めたはずでも、水がポタポタ落ちることがあります。
これは、コマパッキンの劣化や摩耗が主な原因と考えられます。コマパッキンは、蛇口ハンドルの一番下についていて、水道の水漏れを防ぐ部品です。

 

2.ハンドル下のナットからの水漏れ

ハンドルの根元から水漏れを起こしている場合は、ナットやボルトなどの緩み、三角パッキンの劣化などが原因と考えられます。
ナットやボルトをきつく締める、またはハンドルの下に設置された三角パッキンを交換することで、ハンドル部分の水漏れを解消できます。

 

3.スパウト(吐水パイプ)の根元からの水漏れ

スパウト(吐水パイプ)と蛇口本体の隙間から水漏れがある場合は、ナットの緩み、接続部分のUパッキンの劣化が原因です。
しかし、ナットをきつく締める、またはパッキン交換などで水漏れが解消できない場合は、スパウトそのものに原因があると考えられます。その際は、吐水パイプ自体を新しいものと交換する必要があります。

 

4.クランクナットからの水漏れ

クランクナットとは、壁付ツーホールタイプの蛇口の脚部分についた止め具のことです。
クランクナット部分が水漏れしている場合は、クランク用のパッキンが劣化している可能性があります。
パッキンの交換で、クランクナットの水漏れを解消できます。

 

5.壁と蛇口取り付け部分の接続部分からの水漏れ

壁付の蛇口の場合、壁と蛇口の隙間から水漏れを引き起こす場合があります。
壁の中にある給水・給湯管との接続部にあるシールテープの劣化・不足、または給水・給湯管の破損が原因と考えられます。
シールテープの巻き直しはある程度簡単に行えますが、給水・給湯管の破損が原因の場合は大掛かりな修繕工事が必要になり、水道管修理業者に相談するべきです。

 

6.止水栓からの水漏れ

止水栓部分から水漏れがある場合は、止水栓内部や止水栓から配管に接続している部分のパッキンが劣化していることが考えられます。

 

シングルレバーの場合

1.吐水口からの水漏れ

吐水口から水がポタポタ落ちて止まらなくなるのは、シングルレバーの蛇口で非常に多いケースです。
吐水口からの水漏れは、バルブカートリッジの故障が原因と考えられますので、バルブカートリッジを交換する必要があります。

2.ハンドル下からの水漏れ

ハンドルのすぐ下から水漏れしている場合も、吐水口からの水漏れと同様、バルブカートリッジの劣化が原因です。バルブカートリッジを交換することで水漏れを解消できます。

3.スパウト上部からの水漏れ

スパウトとは、ハンドルの下にある胴体の部分です。スパウト上部から水漏れしている場合は、ナットの緩み、バルブカートリッジの故障、スパウトの故障、パッキン不良のどれかがが原因と考えられます。

4.スパウト下部からの水漏れ

スパウト下部から水漏れしている場合は、スパウトの故障、もしくはパッキンの不良が原因と考えられます。

5.蛇口の接続部からの水漏れ

蛇口の接続部から水漏れがある場合は、ナットの緩み、または止水栓内部や止水栓から配管に接続している部分のパッキンの劣化が原因と考えられます。

 
 

蛇口修理の頻度

蛇口の寿命は、一般的に10年程といわれています。
ただし、長年使っている蛇口に何らかのトラブルがあれば、修理ではなく交換することも選択肢に入れておきましょう。

蛇口の接続部に使われるパッキンは、一番劣化しやすい部品です。
水漏れが発生したときは、まずパッキンの劣化の有無を確認するようにしましょう。

・蛇口のトラブル事例や寿命の詳細・蛇口のトラブル予防法などは、『水道の蛇口交換で水のトラブルをいますぐ解決しよう
の記事をご参照ください。

 
 

蛇口の水漏れ修理に必要な道具

蛇口の水漏れ修理に必要な道具は、主に以下のようなものです。
修理箇所によって必要なものがさらに追加される場合があるので、必ず修理方法とともに確認するようにしましょう。

ツーバルブの場合

・パッキン(部位に合ったもの)
・モンキーレンチ
・ウォータープライヤー

ホーザン株式会社(モノタロウ掲載)より引用

 

シングルレバーの場合

・交換部品
・プラスドライバーまたは六角棒レンチ(ハンドルに合ったもの)
・モンキーレンチ

 
 

蛇口の修理(パッキンの交換)前に必ず行うこと

パッキンの購入

まずは、交換するパッキンの種類や寸法を確認し、適するものを購入しましょう。
パッキンは、ホームセンターやネットショップなどで簡単に購入できます。

 

止水栓または水道の元栓を締める

蛇口の修理は、止水栓または水道元栓を締めてから行うべきです。
もし蛇口を締めずに作業を行えば、配管から水があふれ出し、辺りが水浸しになってしまいます。

止水栓は、シンクや洗面台の蛇口の下に設置されていることが多いです。見当たらない場合は、住宅の敷地内に水道局の検針の人が見る水道元栓を締めるようにします。

止水栓は、マイナスドライバーで時計回りに回すと締まります。
もし、止水栓が経年変化などで損傷しドライバーが回らない場合は、無理に回さないようにします。止水栓からの水漏れが止まらない、または止水栓がドライバーを使っても回らない場合は、水道元栓を締めましょう。

水栓や水道元栓を締めた後、取り替える蛇口よりも低い高さにある他の蛇口を全てひねり、配水管内に残っている水を出してから作業を行うと、蛇口の修理時に吹き出る水の量が少しで済みます。

 
 

蛇口の修理(パッキン交換)方法

実際に蛇口のパッキン交換を自分で行う方法を解説します。
※ここでは、混合水栓(一台で水とお湯の両方が出る水栓)の修理に内容を統一して説明していきます。

>>『シングルレバータイプの修理方法』に移動

ツーバルブタイプの修理方法

蛇口 ツーバルブタイプの部品構造
 

1.吐水口から水漏れしている場合

1.止水栓または水道元栓を締める

2.ハンドルの下にあるカバーナットを外す
モンキーレンチを使い、蛇口のハンドルの下にあるカバーナットを回して外します。

3.蛇口の内部にあるスピンドルを取り出す
ナットを外した後、ハンドルを左回りに緩めてスピンドルを取り出します。
スピンドルとは、下の画像のような部品です。

株式会社三栄水栓製作所(モノタロウ掲載)より引用

4.蛇口の内部にあるコマを取り出す
スピンドルのさらに下に設置されているコマを取り出します。

5.パッキンを新しいものに交換する
取り出したコマの先端についているパッキンを新しいものに交換します。

6.本体を元に戻す
コマをハンドル部分に差し込み、コマを取り出したときと反対の工程で蛇口を元通りにして修理完了です。

7.止水栓または水道元栓を開ける
蛇口が締まっているかを確認したのち、締めていた止水栓もしくは元栓をゆっくり開け、水漏れがないか確認します。

※万が一この作業で水漏れが改善できない場合は、コマの上部についていたスピンドルも新しいものに交換してみましょう。
それでも水漏れを起こしてしまう場合は、蛇口の本体ごと交換することをおすすめします。

 

2.ハンドル下のナットから水漏れしている場合

1.カラービスとハンドルを外す
蛇口のハンドル部分にあるカラービスを、モンキーレンチまたはウォータープライヤーなどを使って左回しで外します。カラービスが外れたら、ハンドルも外します。

2.ナットを外す
ハンドルの下に設置されているカバーナットをモンキーレンチなどで緩め、外します。

3.三角パッキンを新しいものに交換する
スピンドルの外側に設置されている三角パッキンを新しいものに交換します。

4.本体を元に戻す
パッキンを取り出したときと反対の手順で、蛇口を元通りにして修理完了です。
※ハンドル下のナットから水漏れしている場合では、止水栓または水道元栓を閉める必要はありません。

 

3.スパウト(吐水パイプ)の根元から水漏れしている場合

1.スパウトの根元部分のナットを締める
まず、スパウトの根元部分のナットをきちんと締め、それでも水漏れするか確認します。
水漏れが続く場合は、以下の作業を行います。

2.スパウトの付け根部分のナットを緩めてスパウトを外す
モンキーレンチでスパウト部分のナットを左向きに回して取り外し、スパウトも蛇口本体から外します。

3.Uパッキンを新しいものに交換する
取り外したスパウトにはめ込まれているリングとUパッキンを外し、Uパッキンを新しいものに交換します。

4.スパウトを本体に取り付け、元に戻す
Uパッキンを取り出したときと反対の手順で、蛇口を元通りにして修理完了です。

※スパウト(吐水パイプ)の根元から水漏れしている場合では、止水栓または水道元栓を閉める必要はありません。

 

4.クランクナットから水漏れしている場合

※クランクナットとは、壁付ツーホールタイプの蛇口の脚部分についた止め具のことです。

1.止水栓または水道元栓を締める

2.クランクナットを外す
モンキーレンチを使い、蛇口本体と蛇口の脚をつないでいるクランクナットを左右両方とも緩め、取り外します。

3.パッキンを新しいものに交換する
蛇口本体と蛇口の脚部分の間に設置されていたパッキンを新しいものに交換します。

4.蛇口本体を取り付け、元に戻す
パッキンを取り出したときと反対の手順で、蛇口を元通りにして修理完了です。

5.止水栓または水道元栓を開ける
蛇口が締まっているかを確認したのち、締めていた止水栓もしくは元栓をゆっくり開け、水漏れがないか確認します。

 

5.壁と蛇口取り付け部分の接続箇所から水漏れしている場合

1.止水栓または水道元栓を締める

2.蛇口本体を取り外す
モンキーレンチを使い、壁とつながっている部分の水栓金具を回し、蛇口本体を壁から取り外します。

3.シールテープとパッキンを外す
取り外した蛇口取り付け部分の接続箇所についているシールテープとパッキンを外します。
シールテープのこびりつきが残らないようにきれいにしましょう。

4.新しいシールテープとパッキンを設置する

蛇口取り付け部分の接続箇所に新しいシールテープとパッキンを取り付けます。
シールテープは、取り付け脚のネジ方向と反対向きに巻くことで蛇口を取り付ける際にシールテープが締っていく仕組みです。きつめに7~10回程巻きましょう。

5.蛇口本体を取り付ける

シールテープとパッキンを交換した蛇口を時計回りに回して取り付けます。
このときに注意するのは、逆向きに回さないということです。逆向きに回してしまうと、先ほど貼ったシールテープが緩み、水漏れの原因となります。
逆向きに回してしまった場合は、もう一度シールテープを貼りなおしましょう。

6.止水栓または水道元栓を開ける
蛇口が締まっているかを確認したのち、締めていた止水栓もしくは元栓をゆっくり開け、水漏れがないか確認します。

 

6.止水栓から水漏れしている場合

止水栓付近から水漏れしている場合は、水漏れ箇所に合った対策を施します。まずは水濡れ部分をタオルなどで拭き取り、水漏れの発生場所を確認しましょう。
以下に水漏れ箇所ごとの対処方法を説明します。

止水栓と蛇口へ向かう給水管の接続部分から水漏れしているケース

1.止水栓または水道元栓を締める

2.ナット取り外す
止水栓と蛇口へ向かう給水管の接続部分のナットを、モンキーレンチで回して取り外します。

3.パッキンを新しいものに交換する
ナットを取り外した部分に設置されているパッキンを新しいものに交換します。

4.ナットを取り付け、元に戻す
ナットの中の汚れを歯ブラシなどでよく落とし、ナットをモンキーレンチで元の場所に取り付けます。

5.止水栓または水道元栓を開ける
締めていた止水栓もしくは元栓をゆっくり開け、水漏れがないか確認します。

 

止水栓の水の開閉部分から水漏れしているケース

1.水道の元栓を締める
※止水栓ではなく、必ず水道の元栓を締めます。

2.止水栓の開閉部を外す
止水栓本体をウォータープライヤーで固定し、モンキーレンチで止水栓の開閉部を外します。

3.パッキンと止水栓の開閉部を新しいものに交換する
新しいパッキンと止水栓の開閉部を設置し、モンキーレンチでナットを締めます。

4.水道の元栓を開ける
締めていた水道の元栓をゆっくり開け、水漏れがないか確認します。

 

シングルレバータイプの修理方法

蛇口 シングルレバーの部品構造
 

1.吐水口・ハンドル下から水漏れしている場合

1.止水栓または水道元栓を締める

2.ハンドルを外す
ハンドルの前面もしくは上部に、ハンドルを固定するネジがついています。
ネジで固定されている場合もあれば、六角ナットになっている場合もあるので、プラスドライバーか六角棒レンチで緩めていき、ハンドルを外します。

3.スパウトのカバーを外す
スパウトとは、ハンドルの下に設置されている蛇口の胴体部分のことです。
スパウトのカバーは、手で反時計回りに強く回すと外すことができます。

4.バルブカートリッジを交換する
古いバルブカートリッジを新しいものに交換します。
バルブカートリッジは、何かで固定されているわけではないので、手でそのまま持ち上げると取り出すことができます。

5.本体を元に戻す
新しいバルブカートリッジを設置し、反対の工程で蛇口を元通りにして修理完了です。

6.止水栓または水道元栓を開ける
蛇口が締まっているかを確認したのち、締めていた止水栓もしくは元栓をゆっくり開け、水漏れがないか確認します。

 

2.スパウト上部から水漏れしている場合

スパウト上部から水漏れしてしまっている場合は、ナットの緩み、バルブカートリッジの故障、スパウトの故障、パッキン不良の4つの原因が考えられます。
次の手順に従って、ひとつずつ修理してみましょう。

1.止水栓または水道元栓を締める

2.ハンドルを外す
ハンドルの前面もしくは上部に、ハンドルを固定するネジがついています。
ネジで固定されている場合もあれば、六角ナットになっている場合もあるので、プラスドライバーか六角棒レンチで緩めていき、ハンドルを外します。

3.ナットが緩んでいないか確かめる
まずは、ナットに緩みがないか確かめます。ハンドルを外すとナットが見えるので、緩んでいればモンキーレンチなどで締めなおしてください。
ナットをきつく締めた後、本体を元に戻して止水栓または水道元栓開き、水漏れの有無を確認します。

4.パッキンを交換する
ナットの緩みが水漏れの原因でなかった場合は、パッキンの交換をします。
ハンドルの下に設置されているスパウトのカバーを手で反時計回りに強く回して外し、中に見えるパッキンを新しいものに交換します。
パッキンを交換した後、本体を元に戻して止水栓または水道元栓を開き、水漏れの有無を確認します。

5.スパウトに不良がないか確認する
パッキン交換でも水漏れが直らなかった場合は、ハンドルの下に設置されているスパウトの不良を疑います。
まずは、スパウトの内側をきれいに拭き、水漏れの有無を確認します。
拭いても直らない場合は、スパウト内部のパッキンシート面にキズがついていたり、ゴミが付着したりしていないかを確認します。もし、キズやゴミが見つかれば、スパウトを交換します。
スパウトを交換した後、本体を元に戻して止水栓または水道元栓開き、水漏れの有無を確認します。

6.バルブカートリッジを交換する
スパウトを交換しても水漏れが直らない場合は、バルブカートリッジを新しいものに交換します。
バルブカートリッジは、ハンドルとスパウトを外すとすぐ現れます。何かで固定されているわけではないので、手でそのまま持ち上げると取り出すことができます。

7.本体を元に戻し、止水栓または水道元栓を開ける
新しいバルブカートリッジを設置し、反対の工程で蛇口を元通りにして修理完了です。
蛇口が締まっているかを確認したのち、締めていた止水栓もしくは元栓をゆっくり開け、水漏れがないか確認します。

 

3.スパウト下部から水漏れしている場合

スパウト下部から水漏れしてしまっている場合は、スパウトの故障、もしくはパッキンの不良が考えられます。
次の手順に従って、ひとつずつ修理してみましょう。

1.止水栓または水道元栓を締める

2.ハンドルを外す
ハンドルの前面もしくは上部に、ハンドルを固定するネジがついています。
ネジで固定されている場合もあれば、六角ナットになっている場合もあるので、プラスドライバーか六角棒レンチで緩めていき、ハンドルを外します。

3.パッキンを交換する
ハンドルの下に設置されているスパウトのカバーを手で反時計回りに強く回して外し、中に見えるパッキンを新しいものと交換します。
パッキンを交換した後、本体を元に戻して止水栓または水道元栓開き、水漏れの有無を確認します。

4.スパウトに不良がないか確認する
パッキン交換でも水漏れが直らなかった場合は、ハンドルの下に設置されているスパウトの不良を疑います。
まずは、スパウトの内側をきれいに拭き、水漏れの有無を確認します。
拭いても直らない場合は、スパウト内部のパッキンシート面にキズがついていたり、ゴミが付着したりしていないかを確認します。もし、キズやゴミが見つかれば、スパウトを交換します。
スパウトを交換した後、本体を元に戻して止水栓または水道元栓開き、水漏れの有無を確認します。

4.本体を元に戻し、止水栓または水道元栓を開ける

 

4.蛇口の接続部から水漏れしている場合

1.ナットが緩んでいないか確かめる
水漏れしている蛇口接続部のナットをモンキーレンチで締め、水漏れが続くかどうか確かめます。

2.修理業者に依頼する
ナットのゆるみが原因ではない場合、パッキンの劣化が原因と考えられます。
蛇口接続部のパッキンの交換は素人には難しく、失敗してしまうと部屋中が水浸しになりかねませんので、修理業者に依頼するようにしましょう。

 

 

賃貸物件の蛇口の水漏れ対処法

もし、賃貸物件で蛇口から水漏れを起こしてしまった場合は、まず大家か管理会社に相談してみましょう。
状況を説明し、業者への修理の許可がおりれば、業者に連絡して修理を頼みます。
このとき、大家や管理会社が修理業者を紹介してくれる、または連絡を手配してくれる場合もあります。

賃貸物件の場合、大体は大家か管理会社が修理費用を負担してくれるはずですが、入居時の契約書の内容によっては、自己負担になってしまうこともあります。
まずは契約内容をよく確認してから、相談するようにしましょう。

イエコマが選ばれる3つの秘密

1.業界最安値が維持できるのはなぜ?営業コストを徹底的に合理化しているからです!

通常、ハウストラブルの対応業者は、宣伝・広告費に多額のコストをかけています。
趣向を凝らしたチラシやマグネットが、しょっちゅうポストや新聞に入っていませんか?

でも、たいていの場合、そうしたチラシはゴミ箱に直行してますよね。
これらを作って配り、さらに営業マンも回らせ、見積もりを立てて・・・
ご利用者様に関係のないこれらの作業がすべて施工費に上乗せされ、請求されてきました。

イエコマでは、こうした無駄な営業コストを徹底的に抑えました。

さらに、ご利用者の状況に最適な業者を派遣することで、不要コストを最大限削減。
追加料金なしの明朗会計を実現しました!

2.業界最安値が維持できるのはなぜ?「家の専門家」が施工するからです!

各種補修や清掃を安く請け負う業者は、ほかにもあります。
しかし、その多くはそれ“だけ”しか対応できません。

建築物について素人同然の作業員が作業をした結果、「作業が乱暴で、壁に傷がついていた」「作業したその日はよかったが、しばらくしたらまたすぐに異常が発生した」など、かえって状況が悪化するようなケースが少なくないのです。

当社が派遣するのは、住宅設備・内装・外装工事のエキスパート。
施工箇所だけでなく家全体のことを考えた作業で、長く住むためのお手伝いをいたします。

また、当社では、独自の厳しいサービス基準を設け、「サービスマン」として訪問できるスタッフのみ派遣しております。
大切なお住まいのことをお任せいただく者としてふさわしい “礼儀””清潔感”のある対応をお約束いたします。

3.強引な営業の不安がないのはなぜ?万一のときは、当社が窓口となるからです!

安価な業者に頼んだときに起こりがちなのが、「施工が済んだのに、追加で不必要な工事を勧められて断りにくい」など、しつこい営業を受けるようになってしまうこと。

当社では、良心的な地元業者を手配しているので安心ですが、万が一、施工業者からしつこい勧誘や営業を受けたら、ご相談ください。
ただちにやめるよう、当社がストップをかけます。

窓口と施工が別会社だからこその、安心サービスです。

施工事例

お客様の声

低価格なのに
千葉県 O様
お客様の声 千葉県 O様

低価格なのに色々と細かい所(ちょっとした所)をやってくれました。

イエコマ

住まいの気付かないような小さなトラブルも、積もり積もれば大きなトラブルになり兼ねません。それらを取り除くこともまた、住まいの不安を無くす一つの方法だと考えております。ご利用ありがとうございました。

の感想一覧

閉じる
責任感がある
神奈川県 T様
お客様の声 神奈川県 T様

お風呂、洗面所×2、そして詰まる寸前の台所の流しをやって頂きました。すべて丁寧な仕事ぶりで、最後に床下まで入って、水漏れがないかチェックして頂き、床下のヒビも教えてくれて、しっかり仕事をして責任感があると思いました。特に、これは帰った後気付いたのですが、洗面所やシンクの汚れもきれいに磨いて行ってくれたのでそのきれいさと持続力に家族も喜んでいました。

イエコマ

ご利用ありがとうございます。お客様の生活から小さなトラブルや些細な汚れを取り除くのがプロの仕事、イエコマの責任です。ご家族にも喜んで頂けて良かったです。これからもお客様に安心・満足して頂けるサービスをご提供できるよう努力して参りたいと思います。

の感想一覧

閉じる
本当に助かりました
神奈川県 K様
お客様の声 神奈川県 K様

丁寧に作業して頂き、また今後の排水管のケアも教えて頂き本当に助かりました。ありがとうございました。

イエコマ

その場しのぎの作業は快適なサービスとは言えません。イエコマはお客様の生活をより良いものにする為、安心・丁寧なサービスの提供を徹底しております。また住まいのことでお困りの場合はぜひまたご相談ください。ありがとうございます。

の感想一覧

閉じる
とてもお得
埼玉県 O様
お客様の声 埼玉県 O様

とてもお得にやって頂いて良かった。きれいになって気分が良いです。

イエコマ

ありがとうございます。お客様の快適な暮らしのお手伝いが出来てとても光栄です。また何かありましたら、ぜひご相談くださいませ。

の感想一覧

閉じる
すべてをお任せして安心
神奈川県 M様
お客様の声 神奈川県 M様

大満足です。初対面の印象もとても良く、作業もていねいでした。すべてをお任せして安心していられました。以前他の業者にお願いしたのですが、本当に対応・作業すべて良くなく、今回も心配していましたが、良い業者の方に巡り合えて良かったと思っています。ありがとうございました!

イエコマ

ありがとうございます。家のクリーニングはお客様に安心して頂けることが第一と考えております。これからも安心のサービスを提供します。

の感想一覧

閉じる
丁寧・親切
東京都 N様
お客様の声 東京都 N様

とても良い業者さんが来てくださいました。丁寧・親切で、とても良かったです。ありがとうございました。

イエコマ

ありがとうございます。そう言っていただけて私たちも本当に嬉しいです。もしまた困ったことがあれば是非ご相談ください。

の感想一覧

閉じる
丁寧な作業
東京都 N様
お客様の声 東京都 N様

丁寧に作業をして頂き、処理もきれいにして頂きました。

イエコマ

イエコマは迅速で丁寧なサービスでお客様に安心して頂くことを信条としております。今後も更なる技術・サービス向上のため努めていきたいと思います。ご利用ありがとうございます。

の感想一覧

閉じる
また利用したいです
静岡県 U様
お客様の声 静岡県 U様

素早い対応でした。作業後の説明も納得できました。価格もリーズナブルでまた利用したいです。

イエコマ

イエコマはお客様の住まいの不安を無くすために低コスト、ハイクオリティを追及しております。ご利用、誠にありがとうございました。また何かございましたらお気軽にご相談くださいませ。

の感想一覧

閉じる

お申し込みの流れ

対応エリアをご確認ください

対応エリア対応エリア

※離島は対応エリア外となります

お電話の場合

1. 当社までお電話をください

お申し込みはこちらから

2. 当社の担当者がお客様のご希望のメニューをお伺いします

3. 施工会社よりご連絡し、詳しくご状況を詳しくお聞きした上で作業の日程を調整します

4. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

メールフォームの場合

1. メールフォームに必要事項を記入してください

お申し込み

2. 当社のオペレーターまたは施工店より、折り返しお電話いたします
お客様のお宅の状況を詳しくお伺いした上で、作業の日程を調整します

3. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

ページトップへ戻る