サッシの修理・建て付け調整

戸車/鍵の交換、サッシの修理、建て付け調整…窓のお困り事解決します

サッシの修理・建て付け調整
イエコマ紹介キャンペーン

戸車/鍵の交換・サッシの建て付け調整・・・窓周辺の修理・点検が
初回限定!
21,500円~(税別)

※戸建て専門のため、集合住宅・ビル・店舗・工場などは受付不可

※戸建住宅向けのサービスとなっておりますので、集合住宅(アパート・マンション)、ビル、店舗、工場等の作業はお受けすることができません。

※上記料金は修理費用です。(部品などの代金は含んでおりませんので別途必要となります。)

※作業は居住部分に限ります。

※借家の場合、大家様の許可および立ち合いが必須条件となります。

※生産中止品の部品は入手できない場合があります。

24時間365日受付

窓の開け閉めがしにくい、隙間ができている、キーキーと音がする…ひょっとして、サッシの修理が必要かも?

毎日開け閉めをし、部屋の中へと空気を運ぶ通り道である窓。気が付くと何年、何十年とメンテナンスをせず、開け閉めをするときに力がいる、きちんと閉まらずに隙間ができてしまう、キーキーと音がしてしまうなどの不具合でお困りではありませんか?

このような不具合は、経年劣化が原因となり、どんな住まいであっても起こり得ることなのです。
窓の不具合を直すには、サッシの修理や部品の交換が必要です。さらに、定期的なメンテナンスを行うと、長く使い続けることができるのです。
毎日使う窓だからこそ、ストレスを感じずに開け閉めをしたいものです。

ご自身で戸車を交換される方は>>「戸車の交換・調整方法に移動

サッシの不調、何が原因なの?

経年劣化によって、開け閉めがし辛くなってしまう窓。
どんなことが原因で修理が必要になるのでしょうか?

戸車の不具合

窓が不調になってしまう原因のほとんどが、戸車の不具合です。
実は消耗品である戸車。開け閉めをしているうちに位置がずれてしまう、壊れてしまう、すり減ってしまう…などが原因で、窓そのものの開け閉めがしにくくなるのです。

戸車が不具合なまま使い続けると、サッシそのものが壊れ、窓がきちんと閉まらなくなってしまうかもしれません。

 

鍵の不具合

窓の開け閉めをする度に使うクレセンド(鍵)。経年劣化により、中の部品の壊れ、ビスや鍵が回る部分が緩くなる、などの不具合が出てきてしまいます。
鍵は、防犯面を考えるときちんとしておきたい部分でもありますよね。
完全に壊れてしまう前に、修理を行いましょう。

 

建て付けが悪い

レールとの隙間がなく開け閉めがしにくい、窓枠そのものが歪んでいる…などの不具合は、建て付けの悪さが原因かもしれません。
戸車には、建て付け調整用の穴があり、ドライバーやねじ回しを利用すれば高さを調整することができます。自分で上下に動かして調整することも可能ですが、一度外れてしまうと付け直すことが困難になります。

 

壊れた戸車を放置すると…

戸車は、とてもシンプルな造りで、壊れることはめったにありません。
しかし、毎日の開け閉めにより戸車が摩耗劣化して回転が悪くなり、徐々に戸の動きが重くなってしまうことがあります。

戸車の摩耗劣化はなかなか気付きにくく、動きが悪いまま使い続けると、サッシや窓本体が壊れてしまうことがあるのです。
戸の動きが悪くなったと感じたら、放置せずに戸車の交換を検討しましょう。

 

DIYでは困難?戸車の交換が難しいワケ

サッシを修理する男性

戸車は、造りがシンプルなので簡単に交換できると思われがちです。確かに、部品の交換自体は簡単ですが、交換までの段取りがかなり難しいのです。

交換部品が少ない

戸車の製品ライフサイクルは短く、4年前後でモデルチェンジされます。そのため、長年使っているサッシの部品は購入できない場合があります。

レールに合う戸車しか使用できませんが、専門業者でなければ見分けるのは困難です。
部品が手に入らない場合は、サッシごと交換しなければなりません。

 

不具合の理由が不明瞭

サッシの動きが悪い、ドアの開閉時にガタガタする、隙間ができるなど、レールの不具合はさまざまですが、原因が戸車とは限りません。
原因を特定せずに戸車を交換し、一時的に動きが良くなったとしても、またすぐに動きが悪くなってしまうでしょう。
また、サッシの不具合は、専門業者でなければ見分けるのは困難です。

 

サッシの取り外しが難しい

サッシの取り外しにはコツが必要です。取り外し方はメーカーによって異なります。
そのため、安易に取り外すと、取り付けができなくなってしまうこともあるのです。
サッシの種類によっては、分解しないと戸車を取り外せないタイプもあります。

 

こんな時はサッシを調整・戸車を交換するべき!

戸車を初めとするサッシの部品は、交換時期になってもなかなか気付きにくいといわれています。
以下のような不具合が生じた場合、調整・交換の検討をオススメします。

●引き戸が重たくなった
●鍵穴がズレ始めた
●サッシの端が床をこする
●隙間ができてしまい、きちんと閉められない

 

戸車の交換の相場

戸車の交換をDIYで行う場合と、業者に依頼した場合の相場はどのくらいでしょうか。
それぞれの相場を見ていきましょう。

DIYの場合

DIYで行う場合は、さまざまな道具や材料が必要になります。
以下のものを用意しましょう。

・金づち
・マイナスドライバー(戸車をねじで留めている場合はプラスドライバー)
・ペンチ
・新しい戸車

戸車の値段は種類や用途によって異なり、数百円から10,000円超までさまざまです。
戸車の値段にも左右されますが、全部で2,000~4,000円程度を見積もっておくとよいでしょう。
全ての道具・材料は、ホームセンターなどで買いそろえることができます。

 

業者に依頼した場合

こちらも部品代によって異なりますが、多くの業者が5,000~20,000円程度で請け負ってくれます。
DIYの場合、同じ部品を購入できなかったり不具合の発生箇所を特定できなかったりすることもあります。
一度修理すれば、3~4年は使い続けられるので、専門業者にきちんと修理・交換してもらうことをオススメします。

また、専門業者に戸車交換を依頼する際には、一緒にレールも点検してもらいましょう。事前に戸車とレールの写真を送付しておくと、スムーズに交換・点検してくれるはずです。

 

イエコマのサッシ修理・建付け調整

イエコマでは、サッシ全般について修理・調整・部品の交換をいたします。
施工料金は、初回限定価格で…
21,500円~(税別)
で提供しており、
現地調査・お見積り無料、お問い合わせは24時間365日受付中です!
お気軽にご相談ください。

24時間365日受付

 

戸車とは?

サッシにはなくてはならない戸車の役割と寿命について説明します。

戸車の役割

戸車とは、戸の開け閉めを滑らかにするために、戸の下もしくは上下に取り付ける小さな車輪です。
引き戸に戸車を付けると、滑りが良くなりスムーズに開閉できるようになります。

戸車の寿命

一般的な戸車の寿命は、3~4年程度といわれています。
引き戸は、ほとんどの住まいで毎日開け閉めされているでしょう。引き戸が開け閉めされるたびに、戸車は摩耗していきます。
もし、戸が開け閉めしづらくなったり、引っ掛かるように感じたりしたら、戸車の交換をオススメします。

 

戸車の種類

戸車は、用途に応じてさまざまな形状があります。使用する扉や窓によって、適切な戸車は異なります。
また、戸車とレールはセットで用いるため、交換前にレールの形状も確認する必要があります。
基本的には、従来の戸車と同じ種類のものを選ぶことになりますが、種類と特徴を確認しておきましょう。

戸車とレールの形状

レールの種類

戸車とレールは、セットで使用されます。

丸型・甲丸レール

丸型は、長きにわたって使用されている戸車で、甲丸レールと呼ばれる半円断面形のレール上を走ります。

 

平型・敷居

平型は、敷居などの溝の上を直接走るタイプの戸車です。レールはありません。

 

V型・Vレール

車輪部分とレールの断面がV字型なのが特徴で、レール部分を床に埋め込んで設置します。

 

戸車の材質

戸車の主な材質は、鉄、ステンレス、ナイロン、ゴムの4種類です。

鉄製戸車

鉄製戸車は最も幅広く使用されています。他の戸車に比べて強度があり、湿気に弱いという特徴があります。さびてくると、戸を動かすたびに音がするようになります。

 

ステンレス戸車

ステンレス戸車の最大のメリットは湿気に強いことです。そのためさびにくく、湿気の集まりやすい浴室やトイレなどの扉や窓によく取り付けられています。また、ステンレスは強度があるので、寿命も比較的長めです。

 

ナイロン製戸車

ナイロン製戸車は、車輪にナイロン樹脂をコーティングしたものです。ナイロン製戸車を使用している戸は、大きな音を出さないという特徴があります。湿気に強いものの、耐久性がそれほど高くなく、浴室の扉や窓によく使われます。

 

ゴム製戸車

ゴム製戸車は、最も音のしない戸車です。ナイロン製戸車よりも静かで、例えばリビングルームや室内の仕切りなど、動かしたときに大きな音を出したくない場所の戸に取り付けられています。

ただし、耐久性があまり高くないので、比較的早めの交換・修理が必要です。

 

戸車の機能

部屋の扉によって、さまざまな機能を持った戸車を使い分けなければなりません。
どのような機能を持った戸車があるのでしょうか。

調整戸車

調整戸車には高さを調整する機能があり、車輪の位置を上下に昇降させることができます。サッシの片側に固定戸車を、もう片方に調整戸車を使うことが一般的です。
高さの調節により、サッシのゆがみもある程度は改善可能なので、さまざまなサッシに使用されています。

 

固定戸車

固定戸車は、上下昇降機能のない最も一般的な戸車です。サイズが一定なので、そのまま取り付けることができます。

 

防音サッシ用戸車

防音サッシ用戸車は、サッシと外枠を密着させることのできる戸車です。騒音の発生する地域や風の強い地域で、サッシが動かないようにするために使われています。また、気密性や断熱性を高くするために、サイズが最小の戸車でもあります。

 

2連式戸車

戸車を2連にすれば、荷重を分散させることができます。戸車が通常のものよりも多いため、スムーズな開閉が可能です。
複層ガラスのサッシに用いられます。

 

戸車の軸受

軸受とは、軸を正確かつ滑らかに回転させるための部品です。一般にベアリングと呼ばれ、以下の3種類があります。

保油式

標準の戸車です。軸と車の間が常に潤滑油で満たされています。

 

ペアリング式

回転摩擦が少なく、他の軸受よりも高価です。

 

直受け式

網戸などに用いられる軸受です。摩擦は大きいものの、最も安価です。

 

戸車の交換・調整方法

戸車の交換・調整は、以下のように行います。
また、木ねじの穴が緩い際の対処法や、戸車の沈み込みの改善法などもまとめてあります。

調整方法

1.引き戸を外す
まずは引き戸を外します。要領はふすまを外す時と同じです。
1人で行うと、引き戸が倒れてけがや事故につながる恐れがあるので、できれば2人で外しましょう。
引き戸の両端を持ち、上に持ち上げてから下側を手前に引くようにして、戸車をレールから外します。次に、引き戸を斜めにしたまま、上に付いている戸車をレールから外しましょう。
2.戸車の掃除
引き戸を外したら、戸車を掃除します。
戸車の寿命は3~4年といわれていますが、3年以内に動きが悪くなったとすれば、原因は戸車にたまったゴミや汚れかもしれません。
戸車にたまったゴミは、ピンセットや歯ブラシを使えばキレイに掃除できます。
掃除の後に戸車を確認し、摩耗していなければ油を差して回転を良くすると、開閉がスムーズになります。
3.戸車の高さを調節
戸車にかける厚紙

掃除が終わったら、戸車を回してみましょう。戸車が揺れたり、音を出して回ったりする場合は、戸車の高さが合っていない可能性があります。よくある例として、戸車が沈み込んでいる、傾いているなどが挙げられます。
戸車の高さを調整するには、薄い板か厚紙を使用します。
戸車が沈み込んでいる場合は、薄い板を挟んで高さを調整しましょう。傾いているようなら、片側に薄い板を挟んで高さを均等にします。

4.ねじ穴が大きくなっていたら割り箸を埋める
ねじ穴が大きくなると、ねじがうまく機能しなくなります。このような場合は、ねじ穴に割り箸を埋めましょう。
割り箸の先端を鉛筆のように細く削り、木工用接着剤を付けて穴に打ち込みます。その後、不要な部分を切り落とし、接着剤が乾いたら戸車を取り付けましょう。

通常の交換方法

1.引き戸を外す
戸車の調整と同じように、まずは引き戸を外します。
2.木ねじをドライバーで外して戸車を外す
木ねじをドライバーで外し、戸車も外します。古い戸車は外しにくいかもしれませんが、基本的には戸車を留めている釘を抜くと簡単に外せます。
この時、真っすぐに抜かないと再び打ち直さなければならなくなるので、注意しましょう。
3.レールがさびていたらレールも交換
引き戸が動かしにくい原因は、戸車ではなくレールの不具合かもしれません。戸車を交換する際は、同時にレールも点検しましょう。
レールがさびていたり、折れたりしていたら、交換が必要です。
4.新しい戸車をはめ込む
古い戸車を外した後、新しい戸車をはめ込んでねじで留めれば完成です。

 

木ねじの穴が緩い際の対処法

1.竹箸に接着剤を付けて穴に打ち込む
竹箸の先端に接着剤を付け、穴に打ち込みます。
2.不要部分をカッターで切り、乾燥させる
接着剤が乾いたら、平らになるように不要な部分をカッターで切り、乾燥させます。
3.新しい戸車を取り付ける
あとは、キリなどで下穴を開けて新しい戸車を取り付けましょう。

 

戸車の沈み込みの改善法

ドアを動かすと擦れるような音がする原因は、多くの場合、戸車が沈み込みすぎているためです。
合板を挟んで高さを調整しましょう。左右どちらかに傾いている場合も、調整のために片方に合板を挟みます。

サッシの戸車交換方法

1.寸法を測る
まず、戸車取り付け部の形式を確認します。サッシの戸車を交換する際は、正確な寸法を測らなければなりません。
サッシのメーカーが分かる場合は、使用している戸車を問い合わせてもいいでしょう。
2.取り換え用の戸車の位置合わせ
新しい戸車を入手したら、設置作業に入ります。高さ調整ねじを使って、戸車の高さが平行になるように調整します。

 

レールの取り換え方法

戸車と同時にレールも点検しましょう。さびていたり折れたりしていたら、新しいレールに取り換えます。レールにもさびに強いものや音の静かなものがあるので、取り換えたい場所に適した素材を選んでください。

1.ドライバーで古いレールを外す
レールをマイナスドライバーで外す

マイナスドライバーを使って、古いレールを外します。
釘がさびていて抜きにくい場合は、ペンチなどを使用します。
2.レールを外した箇所に印を付ける
レールを外したところに鉛筆で印つける

長いレールを交換する時は、曲がらず付けられるよう、外した箇所に鉛筆などで印を付けておきましょう。糸を張ると、うまく印を付けることができます。
3.新しいレールを2cm程度の釘で打ち込む
新しいレールは、2cm程度の釘で打ち込みましょう。45cm間隔で、空いている穴に打っていきます。
この時、古い釘穴に打ち込んでしまうとレールがぐらつく原因になるので、新しい場所に打ち込むよう注意しましょう。
4.レールから釘頭が出ないようによくたたく
釘は、レール用の真ちゅう製をオススメします。釘頭が出ないようによくたたき、レールになじませましょう。

 

戸車の故障を防ぐメンテナンス方法

サッシを修理する女性

先述の通り、戸車の寿命は3~4年といわれています。しかし、実際にはサッシの動きが悪くなったことに気付かず、5年以上使用されていることがしばしばです。
定期的なメンテナンスを心掛けると、戸車の寿命を延ばすことができます。

戸車のゴミ取りと給油

まず、戸車は定期的に掃除しましょう。
戸車やレールに付着したゴミやほこりを取り除けば、戸車の動きがある程度よくなります。
掃除後、戸車の動きに問題がなければシリコンスプレーで給油しましょう。

 

戸車の高さの調整

戸車が摩耗すると、サッシ全体が下がったり傾いたりします。
上下調整機能付きの戸車であれば、調整ねじを回して正しい位置に合わせましょう。
高さを調整しても開閉の不具合が直らなければ、交換のタイミングです。

イエコマが選ばれる3つの秘密

1.業界最安値が維持できるのはなぜ?営業コストを徹底的に合理化しているからです!

通常、ハウストラブルの対応業者は、宣伝・広告費に多額のコストをかけています。
趣向を凝らしたチラシやマグネットが、しょっちゅうポストや新聞に入っていませんか?

でも、たいていの場合、そうしたチラシはゴミ箱に直行してますよね。
これらを作って配り、さらに営業マンも回らせ、見積もりを立てて・・・
ご利用者様に関係のないこれらの作業がすべて施工費に上乗せされ、請求されてきました。

イエコマでは、こうした無駄な営業コストを徹底的に抑えました。

さらに、ご利用者の状況に最適な業者を派遣することで、不要コストを最大限削減。
追加料金なしの明朗会計を実現しました!

2.業界最安値が維持できるのはなぜ?「家の専門家」が施工するからです!

各種補修や清掃を安く請け負う業者は、ほかにもあります。
しかし、その多くはそれ“だけ”しか対応できません。

建築物について素人同然の作業員が作業をした結果、「作業が乱暴で、壁に傷がついていた」「作業したその日はよかったが、しばらくしたらまたすぐに異常が発生した」など、かえって状況が悪化するようなケースが少なくないのです。

当社が派遣するのは、住宅設備・内装・外装工事のエキスパート。
施工箇所だけでなく家全体のことを考えた作業で、長く住むためのお手伝いをいたします。

また、当社では、独自の厳しいサービス基準を設け、「サービスマン」として訪問できるスタッフのみ派遣しております。
大切なお住まいのことをお任せいただく者としてふさわしい “礼儀””清潔感”のある対応をお約束いたします。

3.強引な営業の不安がないのはなぜ?万一のときは、当社が窓口となるからです!

安価な業者に頼んだときに起こりがちなのが、「施工が済んだのに、追加で不必要な工事を勧められて断りにくい」など、しつこい営業を受けるようになってしまうこと。

当社では、良心的な地元業者を手配しているので安心ですが、万が一、施工業者からしつこい勧誘や営業を受けたら、ご相談ください。
ただちにやめるよう、当社がストップをかけます。

窓口と施工が別会社だからこその、安心サービスです。

施工事例

お客様の声

手早さに驚き
埼玉県 T様
お客様の声 埼玉県 T様

その手早さには驚きでした。作業後、会社案内と立派な名刺を差し出しましたが、よくマナーを心得ておられると感じました。この方には我が家でまた問題が起きれば必ず相談します。そういう立派な仕事ぶりであったことをご報告します。

イエコマ

こちらこそ、お褒めを頂いて恐縮と感じております。またお住まいに問題が起こった際は是非向かわせて頂きます。ありがとうございました。

の感想一覧

閉じる
実家もお勧めしたい
千葉県 S様
お客様の声 千葉県 S様

作業対応がとても良く、とても満足しています。実家も網戸の張り替え、お勧めしたいです。

イエコマ

ご利用ありがとうございます。とても満足頂けて良かったです。もちろんご実家の網戸もお電話があればすぐに張り替えさせて頂きますよ。

の感想一覧

閉じる
早い対応で大変満足
茨城県 O様
お客様の声 茨城県 O様

早い対応で、お安く、きれいに仕上げていただき、大変満足しております。

イエコマ

ありがとうございます。お客様に満足して頂けてとても嬉しく思います。
お家で困ったことがあれば、是非またご相談下さい。

の感想一覧

閉じる

お申し込みの流れ

対応エリアをご確認ください

対応エリア対応エリア

※離島は対応エリア外となります

お電話の場合

1. 当社までお電話をください

お申し込みはこちらから

2. 当社の担当者がお客様のご希望のメニューをお伺いします

3. 施工会社よりご連絡し、詳しくご状況を詳しくお聞きした上で作業の日程を調整します

4. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

メールフォームの場合

1. メールフォームに必要事項を記入してください

お申し込み

2. 当社のオペレーターまたは施工店より、折り返しお電話いたします
お客様のお宅の状況を詳しくお伺いした上で、作業の日程を調整します

3. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

ページトップへ戻る