木材処分

木材の処分に困っていませんか?イエコマにお任せください!

木材処分

木材処分

現地調査・お見積もり無料

お問い合わせ

※戸建て専門のため、集合住宅・ビル・店舗・工場などは受付不可となります


【本サービスの対象エリア】

※岐阜県は美濃地方のみです。
ただし、美濃地方内でも一部対応エリア外となる場合があります。
詳細はお電話かメールにてお問い合わせください。

<関東>
東京都(島しょ部除く)・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県
<東北>
福島県
<中部>
静岡県・愛知県・山梨県・長野県・岐阜県(一部※)
<近畿>
大阪府・京都府・滋賀県・和歌山県・兵庫県
※岐阜県は美濃地方の一部となります。美濃地方対応エリアについてはご相談時にお問い合わせください。
※サービスによって対象エリアが異なります。あらかじめ、各サービスページを御覧ください。

※戸建住宅向けのサービスとなっておりますので、集合住宅(アパート・マンション)、ビル、店舗、工場等の作業はお受けすることができません。

※作業は居住部分に限ります。

※借家の場合、大家様の許可および立ち合いが必須条件となります。

※現地調査が必要となります。

24時間365日受付

自分で処分か業者に依頼か|適切な判断基準

木材

自分で手続きをして粗大ゴミとして出すか、業者に一任するか、迷っている人もいるでしょう。
自分で処分する場合と、業者に依頼する場合のメリット・デメリットを見ていきます。

自分で処分するメリット・デメリット

メリット

業者に依頼するより、安く済みます。自治体のゴミ処理場に自分で持ち込む、燃えるゴミの範囲に入るようカットするなどの方法をとれば、無料で済む場合もあるのです。
無料または格安で、ホームセンターやリサイクルショップなどに引き取ってもらう方法もあります。

デメリット

手間がかかることです。大量の木材を運んだりカットしたりするのは労力を要します。
粗大ゴミとして出す場合には、以下のような作業が必要になります。

  • 処分する木材のサイズや重さを測る
  • サイズや重さに応じた手数料を、粗大ゴミの受付窓口などに電話して確認する
  • 手数料券の取り扱い店を調べ、券を買いにいく
  • 自治体の規定に沿うように木材をカットしたりまとめたりし、収集場所まで運ぶ

業者に依頼するメリット・デメリット

メリット

木材処理の手間が省けます。
ゴミ処理場まで運ぶ、自治体の規定に沿うよう木材をカットするなどの、自分で処理する際の必要な作業がいらなくなるのです。

デメリット

自分で処理するのと比べると費用がかかってしまいます。

木材の基本的な捨て方

ゴミをはく

木材の基本的な捨て方は、大きく3つに分けることができます。

燃えるゴミ(一般ゴミ)として処分

木材のカットややすりがけの際に出た小さな木くずや、自治体の粗大ゴミの大きさの規定(一辺の長さが○cm以上など)未満のサイズの木材であれば、燃えるゴミとして処分することができます。
ゴミ袋に詰め、燃えるゴミの日にゴミ捨て場に持っていきましょう。

ただし、自治体によっては1度に大量の燃えるゴミを出すのは有料としています。たとえば東京都大田区は、臨時ゴミ(1度に多量に出るゴミ)に対し、1kgにつき40円と定めています。
参考:大田区 臨時ごみ(一度に多量に出るごみを出す場合)について

そのような規定がなくとも、あまりに大量のゴミをゴミ捨て場に出すのは、近隣の人の迷惑になります。
捨てる木材の量が多い場合は、日を分けて少しずつ処分しましょう。

粗大ゴミとして処分

各自治体は、どういったものが粗大ゴミに当たるか規定しています。

たとえば東京都新宿区の公式サイトは、粗大ゴミについて以下のように記述しています。

「日常生活に伴って生じた大型ごみで、一辺の長さがおおむね30cmを超える家具、寝具、電気製品(家電リサイクル品以外)、自転車などが対象です」

処分する木材がお住まいの地域の粗大ゴミの規定を満たすサイズであれば、粗大ゴミとして自治体に処分を依頼することができます。

ただし木材に関しては、「木材1束につき180㎝×90㎝以下、重さが10㎏以内」などの規定を設けていたり、それを超える大きさや重さの木材は受け付けていなかったりする場合もあるのです。

粗大ゴミとして処分する際には、自治体の木材のゴミの扱いを調べましょう。わからなければ、粗大ゴミの受付窓口に電話をかけて確認しましょう。

受付窓口に電話する前に、木材のサイズ(縦幅・横幅・厚み)と重さ・量を測っておけば、よりスムーズに処分の仕方を相談できます。

業者に依頼する

木材の処分は業者に依頼することもできます。

木材の処分の依頼先の業者は、主に3種類あります。

  • 不用品回収業者
  • 産業廃棄物処理業者
  • リフォームやハウスクリーニングなど家の改築・メンテナンス事業を営む業者

なお、産業廃棄物業者は事業者向けと個人向けに分かれており、事業者向けのサービスが主である業者には個人が依頼しても断られるケースがあります。
産業廃棄物業者に依頼するときは、個人向けサービスを展開している業者を選びましょう。

イエコマの木材処分

壊れたタンスやリフォーム後に残った大きな木材は、一般的には「粗大ごみ」に分類されます。
自力で持ち運べる場合は、軽トラックなどに積んで市の廃棄物処理場やリサイクルセンターなどに持ち込み、格安で処分することも可能ですが、手間と感じる場合は業者に頼むのも手です。

イエコマでは木材処分を、初回限定:現地調査・お見積り無料で承っております!
専門知識をもった「家の専門家」が、家全体のことを考えて親切丁寧に対応いたしますので、お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせ

24時間365日受付
 

木材の処分費の目安は?

電卓

木材の処分にはいくらくらいかかるものなのか。自分で処分する(業者に頼まない)場合と業者に頼む場合に分けて見ていきます。

自分で処分する場合

木材の大きさや重さ、自治体によって料金は変わってきますが、東京都であれば長さが150cm程度、重さが10㎏以内の束1つで400円前後が相場です。

自治体のゴミ収集車に回収に来てもらうのではなく、自分でゴミ処理場まで運んだ場合、手数料が免除または減額になるケースもあります。

ある程度大きさのある木材を業者に頼らず処分するときには、粗大ゴミとして自治体に処分をお願いするのが一般的です。

業者に依頼する場合

大きなゴミの処分を依頼できる業者としては、不用品回収業者が一般的です。

地域や業者によって異なりますが、10㎏分の木材の処分を依頼した時の料金相場は、基本料金・出張料金(3,000~4,000円前後)+10㎏分のゴミの処理(1,000~2,000円前後)で、合計4,000~6,000円前後です。

ゴミの量が非常に多い場合は、「軽トラック積み放題」などのサービスパックなどを利用し、トラックを1台チャーターした方が安く済むこともあります。

無料で済む場合

暖炉

手間がかかったり条件付きだったりしますが、木材の処分を無料で済ませられる場合もあります。

自治体の規定を利用した方法

たとえば東京都中野区は、「一辺の長さが30センチを超える家具や家電製品は「粗大ごみ(有料)」になります」と規定しています。
参考:東京都中野区公式サイト「燃やすごみ」の出し方・種類

裏を返せば、一辺の長さが30cm以内に収まっていれば、粗大ゴミとはみなされないのです。
同時に中野区は、1度に45ℓのゴミ袋5袋以上のゴミを出す場合には料金が発生すると規定しています。
参考:東京都中野区公式サイト 「一度に多量のごみが出るとき(臨時ごみ)」

のこぎりなどで木材を一辺30㎝以内の大きさにカットし、45ℓのゴミ袋5袋以内にまとめれば、燃えるゴミとして無料で処分できます。

ただしこの方法は、処分する木材の量が多いと大変な作業になります。規定内に収まるようカットするのに労力を要するからです。
また、カットした木材が45ℓのゴミ袋5袋に収まらなければ、結局料金が発生します。

リサイクル業者を利用する

不要な木材を無料で引き取って加工し販売している業者がいます。近くにそのような業者がいれば、利用するのも手です。

ただし、引き取ってもらえる木材に条件がついている場合が多いため、処分する木材がそれに当てはまらなければ利用することはできません。

薪ストーブユーザーに提供する

現在、一部の人々の間で薪ストーブが流行しています。薪ストーブで火をたくには薪が不可欠ですが、継続的に薪ストーブをたくとなると、薪の料金が大きなコストとなります。
そのため、できるだけ安く、可能なら無料で薪になる木を手に入れたいと考えている薪ストーブユーザーがいるのです。

薪ストーブユーザーたちのコミュニティサイトに木材を提供する旨を書けば、ユーザーの誰かが欲しいといってくれるかもしれません。書き込む際には、大きさや木の種類などを明記しておきましょう。

接着剤や塗料が付着している木材は敬遠される傾向にあります。燃やした時に悪臭がしたり、接着剤が煙突内部にこびりついたりする危険があるからです。

ただしこの方法は、インターネット上での個人間の取り引きになります。そのため、木材をどこでどのように引き渡すかで揉めたり、引き渡す際に木材が思っていたのと違うから引き取れないと言われたり、何らかのトラブルが発生する恐れがあるのです。

廃材でリサイクル家具を作る

処分する予定だった木材でちょっとした家具を作る手もあります。
木の板をつなぎ合わせるようにしてボックスを作る、小物入れにするなど、やり方は色々あります。

処分費用が発生しなくなる上に、入手した木材を有効利用することができます。

自治体の木材処分の規定

木材のゴミが出たことがない人の中には、自治体に処分を頼むときの規定や段取りのイメージがつかないでしょう。そもそも取り扱ってもらえるのだろうかという不安もあるかと思います。

以下に規定や手順の例として、東京(新宿区)、千葉(千葉市)、大阪(大阪市)、北海道(札幌市)、愛知(名古屋市)を挙げます。

市町村によって扱いが異なりますので、処分する際にはお住まいの市町村の公式サイトで木材の扱いを調べてください。調べてもわからなければ、自治体の粗大ゴミ受け付けセンターなどに電話して聞きましょう。

東京(新宿区)の場合

大きさが180㎝×90㎝以下、重さが10㎏以下に収まる分で1束として処分してもらえます。規定を超える場合には切断しなければなりません。

新宿区は粗大ゴミのインターネット受付を実施していますが、木材に関してはインターネットでの申し込みはできません。申し込みは粗大ゴミ受け付けセンターに電話する必要があります。

ゴミを出すにはまず電話で申し込み、粗大ごみのシールを購入してください。購入したシールを処分する木材に貼ったら、決められた日の朝、受け付けの際申し込んだ場所にゴミを出しましょう。

参考:「新宿区 粗大ごみの出し方」

千葉(千葉市)の場合

太さ15cm以内、長さ150cm以内であれば粗大ゴミとして出すことができます。
この規定を超える場合には、千葉市廃棄物リサイクル事業協同組合に問い合わせましょう。

電話もしくはインターネットで申し込んだ後、納付券を購入します。購入した納付券に収集日と受付番号(または名前)を書き、ゴミに出す木材に貼り付け、指定された収集日の朝8時までに指定された場所に出します。
必要な納付券の料金は、木材のサイズ・重さを測ってメモしておき、粗大ゴミ受け付けセンターに電話して確認しましょう。

引用:「千葉市 粗大ごみの出し方について」

大阪(大阪市)の場合

木材を粗大ゴミとして取り扱ってもらえます。ただし、大量の場合は日を分けて出しましょう。

電話で申し込んだ後、「粗大ごみ処理手数料券」を購入して捨てる木材に貼り、収集日の午前9時までに家の前(または指定の場所)に出してください。

粗大ごみ処理手数料券は、木材1枚につき1枚購入し貼る形になります。購入する手数料券の料金は、電話の申し込みの際に捨てる木材のサイズ・重さを担当職員に申告し、いくら分必要なのか確認してください。

引用:「大阪市 粗大ごみの申し込み方法」

北海道(札幌市)の場合

基本的に木材を処分してもらうには、木材の長さを5cm以上200cm以下にし、長さ10cm前後のひもで縛らなければなりません。どうしても不可能な場合は、大型ごみ収集センターに電話で相談しましょう。

ゴミに出す際には、まず大型ごみ収集センターに電話で申し込んでください。耳や目の不自由な方はFAXからも申し込みができます。

申し込み後、大型ごみ処理手数料シールを購入し、受付番号をシールに記入してゴミに貼り、収集日の午前8時半までに指定された場所に出してください。

引用:「札幌市 大型ごみ」

愛知(名古屋市)の場合

長さ150cm、直径15㎝以内になるようにしばる必要があります。それが不可能な場合は電話で受付窓口に相談しましょう。

粗大ゴミとして出す流れは、電話もしくはインターネットで申し込んだ後、納付券を購入し指定の場所に出す形です。出す前に納付券をゴミに貼り付けるのを忘れないようにしてください。

電話の場合は各地域の収集日の7日前、インターネットの場合は10日前までに申し込まなければいけません。

引用:「名古屋市 粗大ごみの分け方・出し方」

木材以外のゴミの処理

ゴミ

DIYでリフォームを行った場合、木材以外にもコンクリートや金属類、カーテンや畳など普段は出ないゴミが出ることもあるでしょう。
簡単に、それらの処理の仕方を抑えていきます。

金属類

ネジ・釘・フックなどの金属類の処分の方法は、大きく2通りあります。

  • 自治体の規定に従ってゴミとして処分する
  • 鉄くず業者に換金してもらう

ただし、鉄くず業者に依頼する場合は、運搬料を別途請求されることがあります。
金属類のゴミの量が少ない場合、運搬料が売値を上回ってしまうケースもあるので、少量であれば自治体の規定に従ってゴミとして処分するべきです。

カーテン

カーテンの処分の方法は大きく2通りあります。

  • 燃えるゴミとして処分する
  • リサイクルショップに売る

リサイクルショップに売るには、カーテンの状態がある程度良くなくてはなりません。破れていたり色あせがひどかったりするカーテンは、処分するのが無難です。

畳の処分方法には以下のようなものがあります。

  • 自治体に処分を依頼する
  • 業者に処分を依頼する
  • 細かく切ってゴミ袋にまとめ、燃えるゴミとして出す

細かく切って捨てる方法は、処分費は無料で済むもののかなりの重労働です。畳を切るには電動のこぎりを使わねばならず、電動のこぎりであってもかなりの力を要します。

壁紙

壁紙は燃えるゴミとして処分することができます。
かさばらないよう細かく切り、ゴミ袋に詰めて一般のゴミとして出せば処分費もかかりません。

スプレー缶

スプレー缶は、自治体の規定に従って指定の日にゴミ捨て場に出しましょう。捨てる際には必ず中を空にしなくてはなりません。
中身が可燃性の場合、火災や爆発事故の原因になる恐れがあります。

石膏ボードやコンクリート

基本的に自治体は、石膏ボードやコンクリートなどの処分は受け付けていません。これらは産業廃棄物に当たり、処分は専門の産業廃棄物処理業者に有料で引き受けてもらう必要があります。

イエコマが選ばれる3つの秘密

1.業界最安値が維持できるのはなぜ?営業コストを徹底的に合理化しているからです!

通常、ハウストラブルの対応業者は、宣伝・広告費に多額のコストをかけています。
趣向を凝らしたチラシやマグネットが、しょっちゅうポストや新聞に入っていませんか?

でも、たいていの場合、そうしたチラシはゴミ箱に直行してますよね。
これらを作って配り、さらに営業マンも回らせ、見積もりを立てて・・・
ご利用者様に関係のないこれらの作業がすべて施工費に上乗せされ、請求されてきました。

イエコマでは、こうした無駄な営業コストを徹底的に抑えました。

さらに、ご利用者の状況に最適な業者を派遣することで、不要コストを最大限削減。
追加料金なしの明朗会計を実現しました!

2.業界最安値が維持できるのはなぜ?「家の専門家」が施工するからです!

各種補修や清掃を安く請け負う業者は、ほかにもあります。
しかし、その多くはそれ“だけ”しか対応できません。

建築物について素人同然の作業員が作業をした結果、「作業が乱暴で、壁に傷がついていた」「作業したその日はよかったが、しばらくしたらまたすぐに異常が発生した」など、かえって状況が悪化するようなケースが少なくないのです。

当社が派遣するのは、住宅設備・内装・外装工事のエキスパート。
施工箇所だけでなく家全体のことを考えた作業で、長く住むためのお手伝いをいたします。

また、当社では、独自の厳しいサービス基準を設け、「サービスマン」として訪問できるスタッフのみ派遣しております。
大切なお住まいのことをお任せいただく者としてふさわしい “礼儀””清潔感”のある対応をお約束いたします。

3.強引な営業の不安がないのはなぜ?万一のときは、当社が窓口となるからです!

安価な業者に頼んだときに起こりがちなのが、「施工が済んだのに、追加で不必要な工事を勧められて断りにくい」など、しつこい営業を受けるようになってしまうこと。

当社では、良心的な施工業者を手配しているので安心ですが、万が一、施工業者からしつこい勧誘や営業を受けたら、ご相談ください。
ただちにやめるよう、当社がストップをかけます。

窓口と施工が別会社だからこその、安心サービスです。

施工事例

お客様の声

イエコマ初回限定価格について

イエコマの初回限定価格は、イエコマとの提携店であるネクサスアールグループ及び株式会社明治建築の会員サービスの会員価格となります。
イエコマのサービスを申し込んでいただいた方には、上記会社より会員サービスのご案内をさせていただいております。
会員サービスはイエコマのお得な初回限定価格でサービスがご利用いただけるだけでなく、一部無料でハウスメンテナンスのメニューが受けられる、お得なホームサポートサービスです。

※会員サービスに関するお問い合わせは、イエコマでは承っておりません。 お申し込みなどの詳細については、各施工店のサービススタッフまでお問い合わせください。

お申し込みの流れ

お電話の場合

1. 当社までお電話をください

お申し込みはこちらから

2. 当社の担当者がお客様のご希望のメニューをお伺いします

3. 施工会社よりご連絡し、詳しくご状況を詳しくお聞きした上で作業の日程を調整します

4. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

メールフォームの場合

1. メールフォームに必要事項を記入してください

お申し込み

2. 当社のオペレーターまたは施工店より、折り返しお電話いたします
お客様のお宅の状況を詳しくお伺いした上で、作業の日程を調整します

3. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

ページトップへ戻る