施工事例

瓦調ガルバリウム屋根塗装の施工事例


Before


After

瓦調ガルバリウム屋根塗装の施工事例

M様から屋根塗装の依頼がありました。
今回の屋根は金属屋根です。
金属の屋根というとトタン屋根を連想される方が多いかと思います。しかし、この屋根はガルバリウム鋼板という素材です。同じ金属であってもトタンとは全く耐久性が違う素材です。
トタンはすぐさびて腐食してしまいますが、ガルバリウム鋼板は適切なタイミングで塗装を行えば、半永久的に持つとさえいわれるほどの長寿命の素材です。


1


2

表面が劣化して白くなっています。塗装が劣化すると白くなり、表面が白い粉状に剥離する「チョーキング」という現象が起こります。
この屋根では塗料の劣化が進んでおり、全体的にチョーキングを起こしていました。
指の先で触ると、触ったところが白くなるという状況です。このタイミングで再塗装を行うのがもっとも適切なタイミングです。チョーキングを起こしてしばらく放置すると、塗料の塗膜の保護作用が完全に失われてさびてしまいます。さびてしまった金属屋根は元の強度に完全に戻ることはないのです。


3


4

業務用の高圧洗浄機で表面を丁寧に洗浄します。
最近は家庭用の高圧洗浄機も急速に普及してきていますが、家庭用と業務用では水の圧力と噴出量が違います。
表面を洗浄する目的は、汚れを落とすことはもちろんなのですが、そのほかに劣化した表面の塗料を落とすことも重要な目的です。
劣化した塗料が残っていると、その上から塗装をおこなっても劣化した塗料と一緒に新しい塗膜がはがれてしまうのです。


5

6

乾燥させたのちに下塗りを行います。
金属屋根の下塗りの目的は二つあります。
一つはさび止めです。もう一つは上塗りの塗料のくっつきをよくすることです。上塗りの塗料は保護作用は強いものの素材との密着があまり強くありません。
そのために上塗りの塗料との密着を強めるために下塗りの塗料を塗るのです。両面テープで金属と上塗りの塗料をくっつけるというイメージです。
板の重なり合う部分や、ねじの部分などはローラーで漏れなく塗ることができないので、手間はかかりますが刷毛で丁寧に塗っていきます。


7


8

下塗りが終わったところです。
ところどころに見える金具は雪止め金具というものです。
雪に積もった雪が突然落ちることがあります。雪の重量で下にいる人がけがをしたり、車やカーポートの屋根が曲がったりするといった被害が発生することがあります。これを防止するのが雪止め金具です。
豪雪地帯では雪止め金具では重みに耐えられませんし、雪下ろしの邪魔になるのであまり見かけませんが北関東などではよく見られるものです。
雪止め金具をつけておくと、雪が落ちることによる被害の多くを食い止めることができます。
もし、雪がいきなり落ちてきてびっくりしたという経験のある方は、是非イエコマにご相談ください。
この雪止め金具も刷毛で丁寧に下塗りを行っています。


9


10

下塗りが終わった後、日を空けて上塗りを行います。
下塗りは上塗りよりも薄い色の塗料を用いて塗ります。これによって塗り残しがわかるのです。
逆に下塗りの塗料の方が濃い色だと、上塗りしても、下塗りの色が透けて見えてしまうということが起こります。なので薄い色を先に塗るのです。
ローラーを使って全体を一気に塗装します。屋根以外でも共通することですが、塗装の基本は上から下に塗っていくことです。
屋根塗装の場合、屋根の大棟(頂上部分)から軒先(屋根の先端)の順に行います。


11


12

上塗りの1回目の画像と、2回目(終了時)の画像です。終了後の屋根は濃い色ですが、日の光を受けて鈍く輝く光沢が非常に美しいです。
基本的に10年に1度を目安に屋根の塗装工事を依頼することが望ましいです。
なかなか屋根をまじかに見ることはないので気にならないと思います。しかし、屋根は家を保護する上で最も重要な部分です。
白くなっていたり、ズレなどがないかどうか定期的にチェックすることをお勧めします。
ガルバリウム鋼板だけではなく、屋根はメンテナンスを行うことで本来の寿命まで使えるものなのです。

■ 職人さんからひと言

3月初旬でしたが、肌を刺すような冷たい風が吹く日が多かったです。
男体山は雪でまだ真っ白です。
寒い日の屋根の工事はなかなかしんどいものです。風を遮るものがないので寒いですし、軍手をしていても手がかじかむので刷毛の作業はなかなか大変です。
また体がこわばって動きにくいために転倒にはより気をつける必要があります。
でも工事が完了した後はとても気分がいいですね。仲間と一杯やる熱燗が最高です。

■ まとめ

ガルバリウム鋼板は耐久性が高く、かつ軽い屋根に適した素材です。
しかし、メンテナンスフリーではありません。適切なタイミングで塗り替えることで本来あの寿命まで長持ちさせることができます。
しかし、適切なタイミングがいつかはなかなかわからないと思います。屋根の点検・メンテナンスでしたら是非イエコマにお任せください。

ページトップへ戻る