• O様邸スレート屋根にガルバリウム鋼板を重ね葺き(カバー工法)の施工事例

施工事例

O様邸スレート屋根にガルバリウム鋼板を重ね葺き(カバー工法)の施工事例


Before


Before

Before

After

After

O様邸スレート屋根にガルバリウム鋼板を重ね葺き(カバー工法)の施工事例

O様邸の事例をご紹介します。
今回のご相談は、スレート屋根が劣化してきたので張り替えてほしいとのご依頼でした。早速、O様邸の屋根を拝見した所、スレート屋根に色あせや割れている箇所、コケが発生している部分が散見されました。
スレート屋根は経年劣化により色あせが見られるようになります。色あせを放置したままにするとカビやコケが発生し、その結果水はけが悪くなります。湿気の溜まりやすい箇所は凍結や溶融の影響で従来よりも劣化のスピードが早く、ひび割れや雨水の侵入の原因になります。軽度の劣化であれば、塗装により屋根材本来の機能を取り戻すことができますが、ある程度劣化が進行すると、塗装の効果が限られてしまい、その場合は屋根を葺き替える必要があります。
今回のケースでは、スレート屋根を葺いてからある程度年月が経っていたこと、屋根材自体にかなり劣化が見られたことから重ね葺きをご提案いたしました。重ね葺きは、現在の屋根の上に重ねて屋根材を設置する工法でカバー工法とも呼ばれます。屋根の下地に問題がなければ、重ね葺きの施工が可能で、丸ごと取り替える葺き替え工事より工期や費用を削減できるという特徴があります。特に、以前使用されていたスレート屋根は石綿(アスベスト)が使用されており、安全面を考慮して重ね葺きを選ばれるお客様も多くいらっしゃいます。
また、今回のO様邸は屋根の上にベランダが乗っている特殊な構造をしており、施工をするにあたってベランダを一旦外す必要がありました。ベランダと屋根が接する部分に雨押えが設置されておりましたが、大きく歪んでいる状態でした。雨押えは雨仕舞とも呼ばれ、屋根や外壁の隙間から雨水が侵入するのを防ぐ役割を持っております。しかし、歪み等で本来の機能を発揮できないままですと、雨漏りや最悪建物自体の腐食につながる恐れがあったため、新しい雨押えに取り換えました。


1


2

まず、棟板金を外していきます。
棟板金は屋根の頂点に覆いかぶせる金属のことで屋根の両側を繋ぐ役割を持ちます。この部分は特に雨風の影響を受けやすく、劣化しやすい箇所でもあります。写真のように、棟板金の下に打ち付けてある貫板は雨水が侵食して変色していました。貫板も、棟板金を支えるために非常に重要で、劣化を起こすと釘が抜けて隙間が空き、雨の侵入を許してしまいます。10年程度を目安にメンテナンスする必要があります。


3


4

貫板を外すと棟の部分が広く開いていました。長年の負荷により、スレートがずれてしまっています。
ベランダがかかっている部分も床を外して作業を行います。


5


6

既存のスレート屋根にルーフィング(防水シート)を貼ります。ルーフィングは下地に雨水を通さないための工程なので、隙間を作らないようにしっかりと貼ります。
ベランダの下にも丁寧にルーフィングを貼りました。


7


8

ルーフィングの上にガルバリウム鋼板を取り付けます。
ガルバリウム鋼板は防錆性・メンテナンス性に優れ、断熱効果も備えた屋根材ですが、薄い板を使用しているため断熱効果自体は限定的となってしまいます。それを補うために、最近では断熱材を入れるのが主流となっています。


9


10

谷樋部分にガルバリウム鋼板を取り付けます。谷樋は雨雪を軒下に流す役割を持っており水が集中する場所ですので、しっかりと固定します。
頂点が集まっている部分は、雨風などの負荷を受けやすいため特に慎重に作業を行いました。


9


10

棟板金と雪止めを取り付けて完成です。雪止めは、屋根から雪が滑り落ちないように支えるための道具です。最近では関東地方でも大雪による被害が多くなってきており、屋根に雪止めを取り付けるお客様も最近増えてきました。
ベランダ周りの雨押えもしっかりと施工しました。これで施工完了です。

■ 職人さんからひと言

今回は、屋根の修繕方法とそのタイミングについて少々お話いたします。
屋根の修繕方法は、新築時からどのくらい経過しているか、現在の屋根に使われている素材とその状態、あとどのくらいこの家に住む予定なのかなどを総合的に判断してご提案いたします。スレートの場合ですと、だいたい寿命が15年〜20年くらいで、それくらい経過したら屋根を重ね葺き(カバー工法)するとよいでしょう。ただし、寿命が来るまで何もしなくても大丈夫かというわけではなく、5年程度経過するとスレートは色あせや塗膜の剥がれが見られるようになります。これは塗装によって修復することができます。
重ね葺きは現在の屋根に新しい屋根を乗せるため、何度も施工できるというものではありません。そのため、30年に1度は屋根そのものを葺き替える必要があります。
当然ですが、これはあくまで一般論で実際にはお客様それぞれの状況に応じて最適な選択肢は変わります。ですので、一度複数の業者にご相談とお見積を依頼されるのがよろしいかと思います。

■ まとめ

スレート屋根は、寿命が瓦やガルバリウム鋼板と比較すると寿命が短く、メンテナンスも大変です。そのため、葺き替えのタイミングでより長持ちでメンテナンス性に優れたガルバリウム鋼板に屋根材を変更するお客様も増えてきました。今回の事例も、スレート屋根の修復のご相談でしたが、現状の問題点を伺った上、その解決策としてガルバリウム鋼板へのカバー工法をご提案しました。屋根の修復はどうしても費用がかかってしまうため、お客様が後悔されないようご納得した上で決めていただく必要があります。是非、複数の業者にお見積を依頼し、比較していただき、その上でイエコマを選んでいただければ大変嬉しいです。

ページトップへ戻る