施工事例

S様邸板金コーキング施工事例


Before 棟板金


After 棟板金

Before 破風板

After 破風板

Before 幕板

After 幕板

■S様邸板金コーキング施工事例

外壁の幕板に隙間が空いているとのことで、S様より補修に関するご相談がよせられました。早速ご自宅を拝見したところ、幕板以外にも棟板金や破風板もつなぎ目部分に隙間が生じていることが確認できました。常に雨や風、紫外線などに晒されている屋根や外壁の板金は、家の中で最も劣化しやすい部分です。
隙間が空いてしまったからといってすぐに雨漏りが発生してしまう訳ではありませんが、このままの状態を放置していると、いずれ下地は傷み、大きな被害につながってしまいます。
そこで、コーキング工事で隙間を塞ぎ防水処理を行いました。


1


2

まず、余分なコーキング剤が板金に付着しないようにマスキングテープを貼ります。
テープが浮き上がっているとその隙間にコーキング剤が入り込み、仕上がりが汚くなってしまうので、マスキングテープはしっかりと密着させます。(1)

空気が入らないよう、丁寧にコーキング剤を塗布していきます。(2)


3

4

ヘラやバッカーを使用して、コーキング剤を隙間に押し込むようにしながら均一にならします。(3)

マスキングテープを剥がします。
コーキング剤を打ってから時間が経つと、テープを剥がす際、上部の乾いたコーキング剤が皮膜となってマスキングテープにくっついてしまいます。コーキング剤を打ってからは時間との勝負です。一連の作業を、一箇所ずつ手際良く進めていきます。(4)

■ まとめ

今回は、棟板金、破風板、幕板のコーキング工事を行いました。
棟板金は屋根と屋根の面が合わさる山状の接合部分を塞ぎ、雨水が屋根内部に侵入するのを防いでいます。破風板は屋根の妻側の縁(ケラバ)の部分を雨や風から守っていくことが主な役割です。また家の内部に火が入り込みにくくする、防火の役目もになっています。棟板金、破風板のどちらも家の中で最も雨、風、紫外線などの影響を受けやすい場所にあり、住宅の中で最も酷使されている部分と言えます。
一方幕板は、外壁にアクセントでつけられているものです。
取り付けられていない家も沢山あり、機能的な面では無くてもよい部材となりますが、幕板の裏側の外壁は塗装が施されていない場合があります。塗装によって保護されていない外壁部分に水が掛かったり、溜まったりするとその部分だけ劣化が急速に進行してしまいます。
小さな隙間が原因となり、いずれ大きな被害につながってしまう可能性もありますので、少しでも気になることがございましたら、是非イエコマをご活用いただき、お早めに点検やメンテナンスを行っていただければと思います。

ページトップへ戻る