施工事例

T様邸屋根の葺き替え施工事例


Before


Before

After

After

T様邸屋根の葺き替え施工事例

今回はT様邸の屋根葺き替えの事例を紹介します。
T様邸の屋根を拝見したところ、屋根の谷の部分から雨水が浸水する状態でした。谷は、雨雪を排水させる重要な役割を持っています。水が大量に集中するため、負担もかかりやすく腐食しやすい部分でもあります。
破損がないか定期的に点検ができればよいのですが、高所という設置箇所の性質上、それもなかなか難しいのが現実ではないでしょうか。特に、瓦屋根の谷は雨水が内部に侵入しやすいため、劣化の速度も早い場合が多くなります。
また、今回のケースでは棟の漆喰が劣化して剥がれている箇所が所々散見されました。T様方の希望にあわせて、ガルバリウム鋼板への葺き替えをご提案いたしました。ガルバリウム鋼板は非常に錆びにくく、耐震性・耐久性においてとても優れた素材です。そのため、雨水等の影響を受けやすい屋根に非常に適しており、年々導入が増えています。


1


2

まずは、足場を設置します。
それから瓦を剥がしていきます。T様邸の屋根は平板瓦と呼ばれる瓦で、S字のような瓦ではなく、まな板のように平面上の形をした瓦です。洋風の住宅によく見られる屋根です。


3


4

瓦を取り除いた屋根に新しい野地板を打ち付けます。野地板とは、ガルバリウム鋼材や瓦などを支えるための下地となる板のことです。


5


6

ルーフィングを貼ります。雨水を完全にシャットアウトするためにも特に重要な作業です。瓦といった屋根材が水の侵入を防いでいると一般には思われているでしょう。しかし、実際は瓦といった屋根材は完全に水の侵入を防ぐことはできません。ルーフィングがこの役割を担っています。


7


8

ガルバリウム鋼板を設置しました。写真のように、谷の部分もガルバリウム鋼板で葺き替え、防水性能を強化しました。写真の下部にある金具は雪止め金具です。屋根に積もった雪がいきなり落ちると、下にあるものが壊れたり、通りかかった人がけがをすることがあります。このような事故を防ぐために設置するものです。


9

屋根の妻に施された装飾を破風(はふ)といいますが、その破風も塗装が劣化していたため、塗り直しました。

■ 職人さんからひと言

屋根は、その家のシンボルだと私は思うのです。住人を雨や雪から守ることももちろんですが、やっぱり美しい屋根の下で生活するのって、気持ちいいじゃないですか。
仕事柄様々なお宅の屋根を修理・葺き替えしてきましたが、屋根が生まれ変わる瞬間に立ち会えること、それによってお客様が喜んでくれること、それが私にとってすごく嬉しくて、この仕事やっててよかったなと、もっと多くの人の役に立ちたいといつも感じています。

■ まとめ

イエコマへのお問い合わせでも屋根の修理、特に雨漏りに関するご相談はとても大きな割合を占めています。これは、屋根が見えにくくメンテナンスしにくい部分であること、雨漏りによって生活に直接支障が出てしまいやすいことが主な要因で、仕方ない部分もあります。もし、少しでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。お客様一人一人にベストな最適解をご提案できればと存じます。

ページトップへ戻る