施工事例

W様邸瓦屋根の漆喰補修施工事例


Before

Before

After

After

◼︎ W様邸瓦屋根の漆喰補修施工事例

漆喰補修の施工事例です。瓦屋根は、漆喰を塗ることで瓦同士を留めています。
施工前のW様邸の漆喰には、コケが生えています。コケは水分を含みやすく、このまま放置していると、漆喰が傷むだけでなく、屋根の内部に雨水が浸み込んでしまう恐れもあります。
そのため、元の漆喰をはがし、新しい漆喰を塗りました。


1

2

コケをブラシで落とし、元の漆喰を丁寧に取り除きます。


3

4

補修に使う漆喰です。
漆喰が緩すぎても固すぎても上手く補修ができません。丁度良い加減に調整することが大切です。


5

6

漆喰を補修して施工完了です。
コケが生え、緑色だった漆喰が、見違えるようになりました。

■ まとめ

W様邸の漆喰補修の施工事例でした。
瓦屋根は耐久性が高く、寿命が長いのが特徴ですが、漆喰は定期的に補修する必要があります。漆喰の補修のタイミングで、瓦の割れや、ズレが見つかることもありますので、メンテナンスと考えて、定期的にプロに見てもらうことをおすすめします。
イエコマでは、瓦の部分補修も対応しています。瓦屋根でお困りのことがあれば是非ご相談ください。

ページトップへ戻る