問合件数5000件突破!!

出窓に飾る観葉植物はサイズと育てやすさがポイント

一年を通して緑色が鮮やかな観葉植物は、温かみがあり、室内に自然を感じさせてくれる人気アイテムです。殺風景な部屋にやすらぎや癒しを与え、お気に入りの雑貨とともに飾ると、お洒落なインテリアにもなります。
観葉植物は、置く場所によって選ぶポイントが変わることをご存知ですか?
この記事では、出窓に飾る観葉植物選びのポイントをご紹介します。

1.植物の特徴に合わせて飾る場所を選ぼう

寒さに弱かったり、水やりがほとんど必要なかったりと、観葉植物にも様々なタイプのものがあります。
観葉植物といえば、常に緑色が美しい状態を思い浮かべる方も多いでしょうが、植物なので上手に育てないと元気がなくなり、枯れてしまうこともあります。
飾るときは、次のようなポイントに注意しましょう。

・日当たり
室内の日当たりが良い場所を順に並べると次のようになります。

「ガラス越しに直射日光が当たる場所」
 ↓
「カーテン越しに光が当たる場所」
 ↓
「日陰で蛍光灯の光が当たる場所」
 ↓
「日陰で白熱灯の光が当たる場所」

観葉植物の多くは、日光が良く当たる窓側を好みますが、種類によっては、直射日光が苦手な
植物もいます。
飾る場所の日の当たり具合によって、観葉植物を選ぶのもいいでしょう。

・気温
観葉植物のほとんどは、高温多湿な熱帯地方に自生しています。そのため、暑さに強く寒さに弱いという特徴があります。
中には耐寒性のある植物もいますが、そうでない場合は最低でも10度以上の室温が必要です。
冬場は、気温が低い窓付近に置かないように気をつけましょう。

・風
部屋を閉め切った状態では、観葉植物も病気になってしまいます。風通しの悪い場所だと、土がジメジメしたままで根が呼吸できず、腐ってしまうことがあるからです。
また、ジメジメした環境は、虫がつきやすくもあります。風通しの良い場所に置き、適度な換気を心がけましょう。

2.出窓に向いているのはどんな観葉植物?

日当たりの良い出窓は、観葉植物を育てるにはピッタリの場所です。プランターをお洒落なものにしたり、カーテンレールを使って植物を吊るしたり、垂らしたり、様々な見せ方ができるのは魅力的ですね。そして出窓に飾ると部屋の中からも外からも、見て楽しむことができます。
では、出窓に飾る観葉植物を選ぶときのポイントを見ていきましょう。

・大きさ
採光を遮らないように、出窓に飾れる卓上サイズの観葉植物を選びましょう。大きいものや重たすぎるものは、倒れたときに危険です。成長が早く、大きく育つ観葉植物も、お手入れが大変です。

・気温
出窓は、昼間は日光が当たりやすく、夜間は一番気温が下がる場所でもあります。寒さに強い植物を選ぶといいでしょう。
また、気温は高いほどよく育ちますが、ガラス越しに直射日光が当たる場合は、カーテンをしたり、日光に強い植物を置いたりしてくださいね。

・病気
観葉植物や鉢の中の土に虫がつくことがあります。換気をしたときに出窓の植物に虫がつき、病気になってしまうこともあります。虫がつきにくく病気になりにくい植物を選びましょう。
害虫は、ジメジメとした環境を好むので、乾燥に強く丈夫な植物がおすすめです。水やりの目安は土の表面が乾いたときです。また、葉が乾燥すると逆に虫がついてしまうこともあるので、葉には霧吹きをしてあげるといいでしょう。
受け皿に水をためたままにしない、腐葉土や堆肥を使用しない、鉢を外に出さないようにする、といったことにも気を付けて虫がつかないようにしましょう。

3.出窓に飾るオススメ観葉植物

・シュガーバイン
耐寒気温は0度。
5枚の葉が愛らしく、つる性のため吊ったり垂らしたりして飾ってもかわいい。
シュガーバイン

・アイビー
暑さ、寒さに強く、虫がつきにくく病気になりにくい。
つる性で垂らしたり吊ったりしてもかわいらしい。
アイビー

・サボテン
乾燥、高温、低温に強い。種類が豊富。
水やりは月に1回でOK。水をあげすぎると根腐れを起こす。
サボテン

・ポトス
耐寒気温は8度。つる性の植物。
直射日光には弱いが、明るい場所を好み育てやすい。
ポトス

・モンステラ
葉がハートの形をしているが、成長すると葉に切れ込みが入り、エキゾチックな雰囲気に。
成長がゆっくり。直射日光には弱いが、乾燥や日陰に強く、耐寒性もある。
モンステラ

・ガジュマル
ゴムの木の仲間で、「多幸の木」と呼ばれる。
幹がぷっくりとした独特な形をしている。生命力が強く育てやすい。
ガジュマル

4.まとめ

人気の観葉植物ですが、いろいろなタイプのものがあり、育てやすさは異なります。
特徴に合わせて元気に育つ環境を選びましょう。
日当たりの良い出窓は、観葉植物を育てるのにピッタリの場所です。置く、吊るす、垂らすなどいろいろな方法で楽しめます。
また、雑貨と組み合わせて飾れば、あなただけのオシャレな空間が出来上がりますよ。

ページトップへ戻る