問合件数:9,109件(9月現在)

進化するシャワーの機能

日本人にもお風呂にゆっくりとつかるよりシャワーで簡単に済ましてしまうというパターンの人が増えてきているようです。みなさん、忙しいんですね。
特に夏はシャワーだけという方も多いのではないでしょうか。

そもそも日本の家庭のお風呂にシャワーが付きはじめたのは1980年ころということですから日本でのホームシャワー文化は高々30年ちょっとです。
その間、シャワーの源とも言うべき給湯器の機能やパワーが大幅にアップし、一昔前によくあった、シャワーを浴びているときに台所や洗面でお湯を使うととたんに出が悪くなって風邪をひきそうになったなどということもほとんど聞かなくなりました。

シャワー金具が進化しています

適温のお湯を出すために、最初はお湯水それぞれのハンドルを少しずつ回しながらちょうどいい温度に調整していたのが、1本のレバーで湯水の混合具合を調整できるようになり、さらには出したいお湯の温度を設定しておけば自動的にその温度でお湯が出せるようにもなりました。
まったく便利になりましたね。昔の不便だったときのことを知っているだけに余計そう思います。

シャワーヘッドの機能やデザインの種類が非常に豊富です。
たとえば、1本のシャワーヘッドで吐水のパターンが何通りかに切り替えられるものがあります。
吐水のパターンにはノーマル水流のほか、強くたたきつけるような強力水流、やさしく包み込むようなソフト水流、リズミックな間欠水流などがあり、それらを組み合わせて使うことでシャワーによるリラクゼーション効果が期待できるのですね。
また、水圧が弱くてシャワーの出が悪いところでも勢いのある水流が得られる低水圧用シャワーヘッドなどもあります。

デザインでは日本製のシャワーも最近がんばってはいますが、やはり海外製のものに軍配が上がるでしょう。ここはシャワー文化の成熟度が違うのでしかたがありませんね。
日本で購入できる海外製品のブランドにはグローエ(ドイツ)、ハンス・グローエ(ドイツ)、コーラー(アメリカ)など。
これらのブランド製品は国内の高級ホテルの部屋などに採用されていたりするので、もしかしたらご覧になった方がいらっしゃるかもしれません。

あと、最近トレンドになっているのはオーバーヘッドシャワーというもの。
直径の大きいシャワーヘッド(直径30cmくらいのものも!)を頭より上の位置にセットします。レインシャワーともいいますね。
海辺のコテージの庭にオーバーヘッドシャワーが備えてあって、ボードを抱えたサーファーが海から上がって陽の光の中で頭からシャワーを浴びている、こんな光景が浮かんできませんか?

水栓・蛇口の交換ならイエコマ

熟練スタッフによる水栓・蛇口の交換が、

6,200円(税別)~!
水栓・蛇口の交換 シングルレバー式、サーモスタット式など、お客様のご希望にあった水栓・蛇口をご用意いたします!

蛇口が壊れた、新しい水栓・蛇口への交換なら、イエコマにお任せ!

24時間365日受付

ページトップへ戻る