問合件数5000件突破!!

止水栓とは?排水トラブルの前に覚えておこう!

目次

1、蛇口の元栓
2、ほかにもあるの?

1、蛇口の元栓

キッチンのシンクや洗面台の下には水とお湯の管が来ています。
それらの管とキッチン用、洗面用の蛇口を接続するときに、直接つなぐこともできるのですが、そうすると、もし蛇口に不具合があったり、古くなったりして修理や交換をすることになったら、一度家の水道の元栓(水道メーターのところにある)を閉めなければなりません。

となると蛇口の修理の間、家中の水道が止まったままになってしまいます。
そんな不便な状況にならないように給水管と蛇口をつなぐときに間に止水栓という器具を取り付けるのです。
蛇口を取り外したりするときにわざわざ外に出てメーターの元栓を閉めなくても蛇口の下にある止水栓を閉めればいいわけですね。

止水栓には開閉するのに手で回せるハンドルタイプやマイナスドライバーなどで回さなければならないものなどがあります。
キッチンや洗面の蛇口の下はハンドルタイプが多く、トイレの手洗い器やウォッシュレットとの接続部はマイナスドライバーで回すものが使われます。

2、ほかにもあるの?

キッチンや洗面の蛇口、トイレの手洗い器などのほかにも止水栓が使われる場合があります。
給水を必要とする設備機器を接続する場合です。

例えば食洗機。
食洗機は水またはお湯をつながなければ動きませんが、やはり直接給水管とつないでしまうとメンテナンスの際に不便です。
ハンドルタイプの止水栓を本体の下、あるいは隣接するシンクキャビネット内部(輸入食洗機の場合)に設けます。

ビルトイン浄水器(アンダーシンク型)も同じです。カートリッジを交換するときにいったん水を止める必要があるので止水栓を設けなければなりません。

洗濯機はどうでしょう?
洗濯機には洗濯機用の水栓というのがありますが、それが止水栓ということになります。給水ホースがカチッとはめられるものですね。
輸入の海外製洗濯機の場合は、食洗機などと同じタイプの止水栓が使われます。

同様に海外製の冷蔵庫で製氷をタンク式ではなく給水方式で行うものがあり、その場合も止水栓が必要です。

また、浴室では本体の台座の部分で止水ができるようになっている浴室用水栓が使われることが多くなっています。

以上、止水栓は目立たないものですが、給水器具を取り付ける際には必ず設けなければならない必須アイテムということで理解していただけたでしょうか。

ページトップへ戻る