一刻も早く直そう! エコキュートの修理方法と概算費用

壊れたエコキュートはすぐに直すことが大切です。ただし、故障の種類によって、修理方法や概算費用は変わります。なんだか高額になりそうで、色々心配ですよね。そんな時に読んでほしい、修理方法と頼るべき業者、概算費用を見ていきましょう。

目次

1、まずは自力解決を目指す! エコキュートの修理方法

エコキュートが壊れてしまった…そんな時にふと頭をよぎるのは「一体、いくらかかるのだだろうか」「数万円で修理できるだろうか」なんて心配です。業者に頼まず、自力で解決できるのならそれに越したことはありませんよね。ここでは、自力解決できるエコキュートの事例&修理方法をみていくことにしましょう。

【事例1:お湯が止まらない! 湯お湯が浴槽からあふれてしまう】
浴槽循環口が汚れているなど、汚れによりセンサーが反応しにくくなっているのかもしれません。ご家族が多い方、浴槽剤を頻繁に利用する家庭で発生しやすい傾向があります。

【事例2:熱交換器配管が目詰りしてエラーが出る】
水道の水質が悪く、泥や砂などの不純物が混ざっている家庭で発生しやすい傾向があります。

【事例3:とにかくエラーが止まらない】
エコキュートは不具合が発生すると、リモコンにエラーコードが出ます。コードを読み取って、説明書やエコキュートを購入されたメーカーHPでコードの内容を確認と何が問題なのかをつきとめ、エラー解除の説明にそって操作を行ってみて下さい。

事例1、2など、汚れの蓄積が原因となっているケースも多いです。万が一こうした問題に直面してしまったら、出来る範囲で部品を外して綺麗に掃除してみましょう。日頃から浴槽剤が詰まらないように、エコキュートに対応している品を使用するなどの工夫をしてみても良いですね。

2、エコキュートの修理にかかる概算費用

自力で解決できるケースは上記の3つくらいです。その他の修理では、原因の発見すら難しくプロの力が必要です。

エコキュート修理にかかる金額は、修理箇所や業者によって違うのですが、一番安価な簡単な部品交換で8,000円~。相場は2~4万円位の範囲になります。

故障が一部ではなく、複合的に生じているケースでは、通常価格よりも値段がアップすることもあります。また、ヒートポンプユニットをそっくり交換する必要が出てくれば40万円の出費が必要になることも。エコキュートの修理は高額になる傾向なので、商品購入の際には、保証適応にすると安心です。

3、エコキュート修理でぼったくり?! 不正な請求から身を守ろう

複雑な機械なので、一体どんな修理が行われているのかよくわからないですよね。「言われるがままに請求金額を払っていたら、とんだぼったくりだった」なんてケースもあります。適正価格かどうかを判断するためにも、下記の内容は必ず確認しましょう。

・どこが故障しているのか
・なんのパーツを取り換える必要があるのか
・修理はどこでするのか(その場、持ち帰り)

また、1つの業者だけでなく、他の業者にも問い合わせて比較してみましょう。エコキュートの故障を経験している人は沢山います。似たような状況を経験した方も多いはずです。インターネットから相場金額を探るのも手段の1つですよ。

4、エコキュートの修理をしてくれる業者について

故障したら、どこに連絡しますか? 主に下記の2つではないでしょうか。
①取り扱い説明書に記載されているメーカー
②買い求めの業者

取り扱い説明書に「サポートセンターへお問い合わせください」なんて記載されているものだから、ついついメーカーに問い合わせをする方も多いのでは? でも、メーカーは「製品の製造元」にすぎません。

こうした修理対応に関しては買い求めの業者(販売店・施工業者・住宅メーカー)に問い合わせるのが正解です。買い求めの業者にどうしても電話がつながらない、直ぐに何とかしたい緊急ケースでは、エコキュートの取り扱いや修理を受け付けている業者に電話をして修理の依頼をしましょう。

5、まとめ

エコキュートの修理費用は割高になりがちです。できれば、保証を付けるようにすると安心ですね。

「修理費を入れたら全然エコじゃない…」なんて事態にならないためにも、自力でできる修理方法を抑えるなど、本記事の内容を役立てて頂ければ幸いです。

自力で解決できそうにない場合は、事態が悪化する前に、適切な業者に連絡することも大切です。修理費の負担が発生した場合は、必ず適正価格なのかをチェックしましょう。

ページトップへ戻る