なぜブレーカーが落ちる?ブレーカーの役割と落ちる原因・解決法

突然ブレーカーが落ち、家の電気が消えると、あわてますよね。とくに夜間であれば、真っ暗な中で復旧作業をしなければならず、あせってしまいがちです。

今回はブレーカーの役割と、落ちる原因についてくわしく解説。停電したときも落ちついて対処できるように、ブレーカーが落ちたときの復旧方法やブレーカーが落ちるのを防ぐ方法も説明します。

ブレーカーが落ちるのは、電気を使いすぎた場合だけではありません。この記事を参考に、落ちたブレーカーの種類に応じて原因を特定し、適切に対処しましょう。

ブレーカーの役割と種類

一般家庭におけるブレーカーの役割と種類について説明します。

ブレーカーの役割

ブレーカーは、電気を安全に使用するための設備。住宅の電気設備にトラブルが起きたときに、異常が発生した回路に流れる電気を自動的に遮断するのが役割です。

ブレーカーは配線用遮断器とも呼ばれ、電気の流れを遮断することを「ブレーカーが落ちる」といいます。ブレーカーが落ちると家全体または一部の電気が使えなくなりますが、電気の使いすぎや漏電によるトラブル拡大を防ぐことができます。

ブレーカーの種類

ブレーカーの種類

ブレーカーの種類は以下の3つです。

  • 赤枠:アンペアブレーカー
  • 緑枠:漏電ブレーカー
  • 青枠:安全ブレーカー

ブレーカーは分電盤という箱の中に収められています。脱衣所や玄関、キッチンなど、設置場所は家庭によって異なるため、設置場所をチェックしておきましょう。

アンペアブレーカー

アンペアブレーカーは電力量計(消費電力を計量する計器)から最初につながる、電力会社が独自に設置するブレーカー。契約ブレーカーやサービスブレーカーとも呼ばれます。

家全体の電気を管理するブレーカーで、電力会社と契約したアンペア数よりも多くの電気が使われると、ブレーカーが落ちる仕組みです。アンペアブレーカーが落ちると家全体が停電して、電気の使いすぎを防ぎます。

近年は電気の使用量をデジタルで計測できる「スマートメーター」を使用する住宅が増えています。スマートメーターの場合はアンペアメーカーが設置されていません。

漏電ブレーカー

漏電ブレーカーはアンペアブレーカーからつながるブレーカー。アンペアブレーカーが無い場合は、電力量計から漏電ブレーカーにつながります。

漏電(電気器具や配線を流れる電流が、外に漏れ出る現象)を検出したとき、ブレーカーを落として電気の流れを遮断するのが役割です。漏電ブレーカーを落として家全体を停電させることで、漏電による感電や火災などの電気事故を未然に防止します。

安全ブレーカー

安全ブレーカーは、分電盤から各部屋に電気を送るためのブレーカー。回路ごとに容量が定められた複数のブレーカーが設置されています。回路は部屋ごとや、消費電力の大きいエアコンなどの場所で分かれているケースが多いです。

特定の部屋や場所で電気を使いすぎたり、電気配線がショートを起こしたりすると、その回路のブレーカーが落ちる仕組みです。安全ブレーカーを落とすことで、その回路の部屋や場所だけを停電させて、電気の使い過ぎを防ぎます。

ちなみに電気配線のショートとは、電気が正しい回路を通らず近道した場合に、大量の電気が流れることです。ショートが起きる原因は、絶縁体の劣化で剥き出しになった導線と導線が接触した、ねずみがケーブルをかじったなど。短絡とも呼ばれ、ショートが起きると電線が加熱・発火を起こし、火災が起きる可能性もあります。

【種類別】ブレーカーが落ちる原因と復旧方法

ブレーカーが落ちる原因をブレーカーの種類別に説明します。停電したら分電盤をチェックして、落ちたブレーカーの種類を確認し、原因を特定しましょう。

あわててブレーカーを上げると、再びブレーカーが落ちたり、火災が発生したりするケースもあります。落ち着いて対処できるように、復旧方法も知っておきましょう。

【アンペアブレーカー】同時に多くの電気量を使った場合

電化製品

アンペアブレーカーが落ちるのは、電気の使い過ぎが原因です。同時に使用する電気量が、電力会社と契約するアンペア数以上となったときに、アンペアブレーカーが落ちて、住宅全体が停電します。

復旧方法

アンペアブレーカーが落ちたときの復旧方法は、以下のとおりです。電気の使いすぎによって停電が起きているので、復旧後も同じように電化製品を使用すると、再びブレーカーが落ちます。同時に使用する電気量を減らすようにしましょう。

1.停電前に使用していた電化製品の電源をすべてオフにする
2.アンペアブレーカーをオンにする
3.復旧後は、復旧前よりも同時に使う電気量を減らすように注意する

ちなみにスマートメーターを使用していて電気を使いすぎた場合も停電しますが、10秒後に自動復旧します。10秒以上停電が続く場合は、漏電ブレーカーが落ちている可能性があるため、確認しましょう。複数回連続で停電すると自動復旧しなくなり、電力会社への問い合わせが必要になるため、注意しましょう。

参考:アノードエナジー

【漏電ブレーカー】漏電

漏電

漏電ブレーカーが落ちるのは、住宅内の電気回路での漏電が原因です。漏電は以下のような場合に発生します。

  • 電化製品やコンセントの中に湿気が入り込んだり、周辺に結露ができたりした
  • 経年劣化によって絶縁体が老朽化して破損した
  • 洗濯機や冷蔵庫でアース線を取り付けていなかった

漏電は感電や火災につながる恐れがあり、大変危険です。

復旧方法

漏電ブレーカーが落ちたときの対処法は、以下のとおりです。

漏電が起きたらすぐに対処することが大切ですが、あせって漏電ブレーカーをオンにすると、火災などの事故が発生する恐れもあります。落ち着いて復旧作業を行いましょう。

1.アンペアブレーカー、漏電ブレーカー、安全ブレーカー、すべてオフにする
2.アンペアブレーカーをオンにする
3.漏電ブレーカーをオンにする
(復帰ボタンがある場合は押してから漏電ブレーカーをオンにする)
4.安全ブレーカーをひとつずつオンにする
5.安全ブレーカーを上げた直後に、漏電ブレーカーが落ちる回路を探す
漏電ブレーカーが落ちた回路で漏電が発生していることがわかる
6.漏電箇所を特定できたら、すべてのブレーカーをもう一度オフにする
7.アンペアブレーカー、漏電ブレーカーと、漏電箇所以外の安全ブレーカーをオンにする
8.漏電の可能性がある電化製品のコンセントを抜く
9.原因がわからない場合や配線からの漏電が考えられる場合は、漏電している回路のブレーカーはオフのままにする。そのうえで、電力会社や電気工事専門業者に早めに連絡して、点検・修理をしてもらう

【安全ブレーカー】特定の場所で電気を使いすぎた、または電化製品がショートした場合

コンセントのショート

部屋や場所ごとに電気の使用量を管理する安全ブレーカーが落ちるのは、以下のいずれかが原因です。

  • 特定の部屋や場所で電気を使いすぎた場合
  • 電化製品が故障してショートした場合

安全ブレーカーが落ちると、特定の部屋や場所だけ電気が使えなくなります。停電した部屋や場所で普段より多くの電気を使用していなかったか、または電化製品やコードから焦げたような匂いがし、ショートしていないかを確認しましょう。

復旧方法

安全ブレーカーの復旧方法は以下のとおりです。

ショートが原因でブレーカーが落ちた可能性がある場合は、火災が発生する恐れがあります。感電の恐れもあるため、コンセントや電源プラグには触らずに、すぐに電気工事会社へ連絡をしましょう。

電気の使い過ぎが原因でブレーカーが落ちた場合は、再び安全ブレーカーが落ちるのを防ぐために、復旧後は必要な電化製品のみを使用するように心がけましょう。

1.コードから焦げた匂いがするなど、ショートが疑われる家電がないかチェックする
2.ショートの可能性がある場合は電気工事会社へ連絡して、コンセントなどには触らない
3.電気の使いすぎでブレーカーが落ちた場合は、電気がつかない部屋の電化製品の電源をオフにして、コンセントから電源プラグを抜く
4.落ちている安全ブレーカーのスイッチをオンにする
5.復旧後は必要な電化製品のみを使用し、復旧前よりも電気量を減らすように注意する

ブレーカー復旧時の事故を防ぐ方法

ブレーカーが落ちて、暗く停電した中であせって作業をすると、ケガなど思わぬ事故を招くことも。次のブレーカー復旧時の事故を防ぐ方法を参考に、落ち着いて作業をしましょう。

ブレーカーが落ちた原因を確認してから復旧作業をする

停電したらすぐにブレーカーを上げてしまいがちですが、まずはブレーカーが落ちた原因を確認しましょう。

漏電や電子機器のショートが原因でブレーカーが落ちているケースもあります。原因を確認せずにブレーカーを復旧させた結果、火災や感電などの事故が発生する恐れもあります。

復旧時はライトで照らしながら作業をする

とくに夜間に停電した場合は、手元や足元をライトで照らしながら作業をしましょう。

分電盤に手が届かない場合は、踏み台に上がっての作業になります。暗い中で復旧作業をすると、転落など思わぬ事故につながる可能性があります。懐中電灯やスマートフォンのライトなどを使い、手元や足元に注意して作業をしましょう。

ブレーカーが落ちるのを防ぐには?

ブレーカーは対策することで、落ちるのを防ぐことができます。

ブレーカーが落ちると、電化製品の使用が一時的にストップするため、停電する度に不便に感じるでしょう。頻繁にブレーカーが落ちる場合は、以下を参考に電気の使い方を見直してください。

  • 一度に多くの家電製品を使用しない
  • 契約アンペア数を見直す
  • 漏電対策をする

一度に多くの家電製品を使用しない

家電製品

電気の使いすぎが原因で、アンペアブレーカーや安全ブレーカーが落ちます。一度に多くの家電製品を使用しないように気をつけましょう。

とくに電子レンジやドライヤー、エアコンなどは、消費電力の大きい家電製品です。同時に使用するのではなく、家族と相談をして、タイミングをずらして使いましょう。電気量を抑えるために、普段使っていない電化製品はコンセントから電源プラグを抜いて、待機電力を抑えるのもおすすめです。

安全ブレーカーが落ちる場合は、特定の部屋で電気を使いすぎています。別の部屋で電気を使うことで、ブレーカーが落ちるのを防ぎましょう。

契約アンペア数を見直す

家電製品

電気の使い方に気をつけているのに、アンペアブレーカーが頻繁に落ちる場合は、契約アンペア数の見直しをしましょう。

アンペアブレーカーは同時に使用する電気量が、契約しているアンペア数よりも多い場合に落ちます。一度に使う電化製品を減らしても、以下のように改善できないケースもあります。

  • 新しい電化製品を使い始めてから、アンペアブレーカーが落ちやすくなった
  • 同居人数が増えたため、アンペアブレーカーが落ちるようになった

アンペアブレーカーが落ちる度に、家全体が停電するため、日常生活が不便になります。契約アンペア数を上げて、アンペアブレーカーを落ちづらくするのがよいでしょう。契約アンペア数の変更は、契約している電力会社のWebサイトや電話などから可能です。

ただし、契約アンペア数が上がるほど、電気の基本料金は高くなります。
たとえば2023年10月現在、東京電力の従量電灯Bの場合は、以下の金額になります。

  • 20A=590円48銭
  • 40A=1,180円96銭
  • 60A=1,771円44銭

参考:東京電力エナジーパートナー

家庭の電気の使用状況に見合う契約アンペア数を選ぶことが大切です。電力会社によっては、カスタマーセンターに問い合わせると、適切な契約アンペア数を教えてくれる場合もあります。電力会社の公式サイトをチェックしてみましょう。

漏電対策をする

漏電ブレーカーが落ちるのを防ぎ、漏電による事故を防ぐためにも、漏電対策をしましょう。

たこ足配線をしない

市販の延長コードや電源タップを使用して、1つのコンセントからいくつもの電源を取る「たこ足配線」も漏電の原因になります。コンセントには定格の容量(同時に使える電流の量)が決まっていて、たこ足配線をすると、容量を超えることがあるのです。

たこ足配線で配線に大きな負荷がかかると、漏電が起きます。さらに容量を超えたコンセントは発熱しやすく、発火して火災につながることもあるため、大変危険です。

水気や湿気の多い場所での電化製品の使用に気をつける

電気を通しやすい水が電化製品にかかると、電線がショートして、漏電する恐れがあります。浴室やキッチン、洗面所などで電化製品を使用する際は、濡れていないか、結露が発生していないかに注意しましょう。

また、冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機、温水洗浄便座など、水回りや湿度の高い場所で使用する電化製品は、アース線を取り付けましょう。アース線があることで、万が一漏電しても、漏れ出た電流を地面へと流し、人への感電を防ぐことができます。

コンセント回りにほこりをためない

コンセントや電源プラグ、コードにたまったほこりが原因で漏電を起こすことがあります。ほこりが湿気を含んで、電化製品や電線に水分が入り込むことで、漏電や発火の恐れがあるのです。

日頃からこまめに掃除をして、コンセント回りにほこりをためこまないようにしましょう。

まとめ

ブレーカーは落ちることで、電気の流れを遮断して、電気の使い過ぎや漏電による被害拡大を防ぎます。停電したら、落ちたブレーカーの種類から原因を確認して、落ち着いて適切に復旧作業を行いましょう。

また、ブレーカーが落ちるのを防ぐ方法を参考にしながら対策を行い、頻繁にブレーカーが落ちるようであれば、契約アンペア数の見直しをしましょう。

漏電している場合、素人では原因を特定するのが難しいものです。少しでも心配な点がある場合は、電気工事士資格を所持する専門業者に相談をしましょう。

ページトップへ戻るTOP