漏電の原因は?漏電ブレーカーが落ちたときの対処や事故防止策も

ブレーカーが落ちて、突然電気が使えなくなったら慌てますよね。
なかでも、「漏電ブレーカー」が落ちた場合、「電気が漏れているなんて!」と驚いたり、どうしていいかわからず困ったりする人もいるのではないでしょうか。

火災や感電の原因となる恐ろしい漏電ですが、原因や対処法などを知っておくと、漏電を防ぎ、安全安心に電気を使用することができます

漏電の原因や予兆、実際に漏電が起こった時にどうすれば良いかなど、電気を使う上で知っておくべき情報をまとめたのでぜひ参考にしてください。

漏電とは

「漏電」とは、電気製品や配線、ケーブルなどの本来電気が通るべき回路から、電気が漏れるてしまう現象です。

漏れた電気に物や人体が不用意に電気に接触すると、火災や感電など深刻な事故につながります。るため、漏電の危険性、仕組みなどを理解し、は確実に防止しましょうしなければならないトラブルです。

漏電が起こる仕組み

電球

電気は、電流を通しやすい金属などでできた電線やケーブルを通じて、電気を使う場所まで運ばれ、電気製品を動かします。
電気が通る回路は絶縁体(電気を通さない物質)でコーティングされているので、ケーブルや電気配線に触れても、感電することはありません。

しかし、電気製品やケーブル、コードの劣化などにより、絶縁が不十分な部分から電気が漏れることがあるのです。

なお、漏電と「ショート」は別物です。
電気の流れは、プラス極からマイナス極へと流れます。ショートは、電気の流れが何らかの理由で本来の回路を通らず、近道をしてプラス極からマイナス極へ流れてしまうことです。このとき大量の電流が流れるため、ケーブルや電気製品が破損したり発火したりする事故につながります。

漏電はなぜ危険?

警告

普段何気なく使っている電気が危険、といわれてもピンとこない人もいるでしょう。
人は感電すると、電流の大きさによって以下の状態になるとされています。

1mA ピリッとする程度、電気を感じる程度
5mA 痛みや苦痛がある
10mA 我慢できないほどの苦痛がある
20mA 筋肉がけいれんして身体の自由が奪われ、呼吸困難になる。
50mA 短時間の感電でも生命の危険がある
100mA 心室細動※など、致命的な状態になる

※心室細動:心臓がけいれんし心停止状態になること

1つのコンセントに流せる電流の上限は15A(アンペア)なので、15,000mAもの電流が流れているのです。

人体には電気抵抗(電気が流れることに抵抗する力)があるため、この大きさの電流がそのまま流れるわけではありません。しかし過去には、一般家庭の電圧規格100Vを大きく下回る35Vの電圧で死亡した事例もあります。

漏電は死亡事故にもつながる危険な現象なのです。

参考:
「感電のおはなし」(北海道でんき保安協会)

漏電を防ぐブレーカーの仕組み

電気を安全に利用するために、昨今の一般家庭では、安全装置としてブレーカーが設置されています。

ブレーカーは分電盤に取り付けられています。分電盤とは、家屋に引き込まれた電気を、屋内のさまざまな場所に分配している装置です。

想定以上の電流が回路に流れると、ブレーカーのスイッチが下がり、電流が遮断されます。これを一般に「ブレーカーが落ちる」といいます。

ブレーカーの種類は3つです。下の写真の、赤枠のブレーカーがアンペアブレーカー、緑枠が漏電ブレーカー、青枠が安全ブレーカーです。

分電盤

アンペアブレーカー
(図の赤枠)
電力会社と契約した以上の電気を消費した時に作動する
漏電ブレーカー
(図の緑枠)
屋内のどこかで漏電があった場合に作動し、家全体の電気を遮断する
安全ブレーカー
(図の青枠)
屋内のエリアごとに分けられている。それぞれのエリアで想定以上の電流が流れた時に作動する

ブレーカーが、過剰な電流がケーブルや電化製品に流れるのを防いでくれるので、私たちは安全に電気を利用できます。

漏電の原因

一般家庭での漏電の主な原因には、以下のものがあります。

電気製品の劣化

電気製品

電気製品の内部にも、電気を通すための配線があります。長年使用し続けると、電気製品本体と同様に配線の絶縁も劣化し、漏電の原因となります。

エアコンや洗濯機など家電製品のなかには、安全に使用できる期間の目安(設計上の標準使用期間)を定めているものもあります。古い電気製品には漏電によるトラブルが起こる可能性があることに注意が必要です。

配線やプラグの劣化や破損

劣化した配線

長年使用していると、コードやケーブルの絶縁も劣化し、電気を通す金属の導線がむき出しになり、漏電の原因となります。

また、コードを束ねたり電気製品に巻き付けたりして使用すると、絶縁部分が傷ついたり内部の導線が破損したりなどして劣化を早めることもあります。

小動物による配線被害

ネズミやペットが配線をかじったり、ゴキブリが家電の内部に侵入して配線を破損させたりすることで、漏電が起こるケースもあります。

参考:
「身近な動物が思わぬ火災事故を引き起こします」(製品評価技術基盤機構)

タコ足配線

1つのコンセントに流せる電流の上限は15Aと決まっています。
しかしタコ足配線では、複数の電気製品を接続して使用するため、規格以上の電流が電線に流れ発熱して配線が劣化する原因になります。

水漏れや結露、雨漏り

水漏れするエアコン

洗濯機や食器洗い乾燥機、エアコンなどの電気製品からの水漏れが配線を濡らし、絶縁部分の傷などからコードの内部に水が入って漏電の原因となることもあります。
コードを通る電気が水分に触れてショートするなどするうちにコードの劣化や破損が進行し、電気が漏れてしまいます。水漏れは電気製品の内部に浸水して感電や漏電を引き起こすこともあるので、注意が必要です。

水を使わない電気製品や水気のない部屋なら漏電の心配が全くないわけではありません。冬の結露や雨漏りでコードやコンセント類が濡れ、漏電の原因となる場合もあるので注意をしましょう。

塩害

塩分を含んだ水はよく電気を通します。沿岸部では、塩分を含んだ水分が屋外で使用する電気製品のケーブルや電気製品の内部に浸入し、破損や漏電の原因となります。

塩分を含んだ水が外壁のひび割れや劣化した部分から壁の内部に浸入し、壁内の配線を腐食させ、漏電の原因となることもあります。

漏電のサイン

分電盤

停電が起きたら、漏電ブレーカーを確認しましょう。漏電ブレーカーが落ちていたら、漏電の可能性が高いといえます。

漏電ブレーカーの普及率は、2014年の時点で約9割に上っており、ほとんどの住宅に漏電ブレーカーが備え付けられています。
もしも漏電ブレーカーが自宅にない場合は、できるだけ早く設置するのがおすすめです。

ただし、漏電ブレーカーが落ちていなければ漏電していないと断定するのは危険です。漏電している量が少なければ漏電ブレーカーが落ちず、漏電に気付けない可能性があります。
以下のトラブルが見られたら、漏電の可能性を疑いましょう。

  • 電気製品の金属部分や電気製品に触った時にビリビリする
  • 心当たりがないのに電気代が急に高くなった

参考:
パナソニック ブレーカー・分電盤:住宅分電盤を取り巻く歴史・環境
経済産業省 第5回 産業構造審議会 保安分科会 電力安全小委員会 電気設備自然災害等対策ワーキンググループ

漏電ブレーカーが落ちた時の対処法や注意点

漏電ブレーカーが落ちるのはブレーカーで検知できる量の電気が漏れていることを意味し、危険な状態です。
漏電ブレーカーが落ちたら、慌てずに以下の対応を取りましょう。

漏電箇所の特定と業者への連絡

分電盤

漏電の状況を確認したり補修したりするために、まずは電気工事店に連絡を取りましょう。

漏電ブレーカーが落ちると、家全体のブレーカーが落ち、電気が使えなくなります。
専門業者にすぐ修理してもらえるとは限らないので、修理が終わるまで電気が使えないのは困りますよね。

以下の方法でブレーカーを確認すると、漏電箇所を特定し、それ以外の場所の電気を通常どおり使用することが可能です。

1. いったんすべてのブレーカーを下げる
2.アンペアブレーカーを上げる
3.漏電ブレーカーを上げる
4.安全ブレーカーを1つずつゆっくり上げる
5.漏電している箇所の安全ブレーカーを上げると漏電ブレーカーが落ちる。漏電ブレーカーが落ちる直前に上げた安全ブレーカーの場所で漏電が発生している可能性が高い
6.漏電箇所の安全ブレーカーは下げたまま、他の安全ブレーカー、漏電ブレーカー、アンペアブレーカーを上げる

電化製品の確認

電化製品

漏電している部屋や場所では、電気製品が漏電の原因となっている場合や、漏電で大量の電気が流れたために電気製品が破損している場合があります。

このため、以下の対応が必要です。

  • 専門業者の点検で、漏電の原因が電気製品であることがわかったら、その電気製品は廃棄する
  • 漏電が起こった場所の電気製品は、想定外に多量の電気が流れて故障している恐れがあるので、動作確認を行って正常に作動するか確認する

漏電による主なリスク

住宅の火事

漏電は、次のようなことを引き起こす恐れがあります。

電化製品の故障

漏電が起こると、想定を超えた量の電流が電化製品に流れ、電化製品が故障することがあります。

感電

漏電しているコンセントや電化製品に触れ、感電することがあります。
痛みやしびれだけで済むこともありますが、場合によっては大やけどなどの大事に至ります。

火災

漏れた電気で小さな火花などが発生し、その火花が周囲に燃え移って火事になることがあります。

漏電による事故を防ぐ5つの対策

漏電による事故を防ぎ安全に電気を使用するために気をつけるべき5つの対策を紹介します。

アース線を必ず設置する

アース線とは、電気製品から漏電した電気を地面に流すための線です。

屋外で使用する電気製品や、水気の多い場所で使用する電気製品は、アース線の設置が義務付けられています。
アース線の設置が必要な電気製品の例として、以下のものが挙げられます。

  • 洗濯機
  • 電気温水器
  • 衣類乾燥機
  • 電子レンジ
  • 冷蔵庫
  • エアコン
  • 室外機

アース線の取り付けには、コンセント側にアース専用の接続口が必要です。一般的な2穴のコンセントではアース線の取り付けができません。

一般的な2穴のコンセント

2穴コンセント

アース線専用の接続口付きのコンセント

ース線接続口付きコンセント

万が一漏電が起こっても最低限の被害で済むよう、コンセントをアース対応にする工事も検討しましょう。

漏電ブレーカーの点検をする

漏電ブレーカーの点検

漏電の事故を防ぐためには、まず漏電ブレーカーが正常に作動している必要があります。もし漏電ブレーカーが故障していたら、漏電している配線や電気製品に大量の電気が流れて、火災を引き起こしたり感電したりするかもしれません。

漏電ブレーカーの横には「テストボタン」があり、漏電ブレーカーが正常に作動していることを簡単に確認することができます。1年に1回など、定期的にテストボタンを押して正常に作動していることを確認しましょう。

テストボタンの操作方法は以下のとおりです。

1. 漏電ブレーカーのスイッチが「入」になっていることを確認する
2.テストボタンを押す
3.漏電ブレーカーが正常に作動している場合は、漏電ブレーカーのスイッチが「切」になる
4.漏電ブレーカーが故障している場合は、テストボタンを押しても漏電ブレーカーのスイッチは「入」のまま変化しない

テストボタンで漏電ブレーカーの故障が判明したら、電気工事業者などに連絡をし、できるだけ早く修理を行いましょう。

タコ足配線に注意

タコ足配線

タコ足配線では、コンセントやコードが過熱して劣化しやすく、漏電につながりやすいです。タコ足配線で複数の電気製品を同時に使用すると、1つのコンセントで利用できるアンペア数の上限である15Aを超える恐れがあります。20Aを超えないと安全ブレーカーは落ちないため、コンセントやコードに過剰な負荷がかかるのです。

延長コードや電源タップを使用する際は、1つのコンセントで利用できるアンペア数の上限である15Aを超えないように注意しましょう。
例えば「電気カーペット(3畳用全面8A)と掃除機(強モード10A)」を1つのコンセントから電源を取って同時に使用すると、15Aを超えてしまいます。

電気製品のアンペア数の概算は、消費電力量(W単位)を100V(一般家庭用の電圧)で割って求めることができます。

使用する電気製品の数に対してコンセントが足りない場合は、コンセントを増設する方法もあります。

参考:
「主な電気製品のアンペアの目安」(TEPCO)

水気や湿気の多い場所での電気の使用に注意

水気注意

水分は電気を通しやすいため、水気や湿気の多い場所で電気製品を使用すると電線をショートさせ電気製品の破損や漏電につながる恐れがあります。

浴室や洗面所、台所などでの電気製品の使用に注意するとともに、電気製品や配線が結露で濡れていないかを確認しましょう。

また、雨漏りで壁の内部に収められた配線がショートしたり漏電したりするケースもあるので、雨漏りは放置せずに修理を行いましょう。

劣化・破損した電気製品やコードは使用しない

壊れたエアコン

絶縁部分に傷がついたコードは漏電や感電の危険があるので、使用しないようにしましょう。

また、経年劣化した古い電気製品や破損した電気製品は、内部の電気系統で絶縁が破損し、漏電するおそれがあります。古い電気製品で不調が起こる場合は無理をして使用を続けず、新しく買い替えることも検討しましょう。

漏電修理の作業内容と費用相場

分電盤を修理する業者

業者の漏電修理では、配線の電流を測定するクランプメーター(架線電流計)や、測定部分の電流が規定値を超えていないかを測定するメガー(絶縁抵抗計)などで、漏電の場所を特定し、修理します。

修理の作業内容は、漏電の原因や箇所によって変わってきます。
コンセントやスイッチなど部品の故障が原因であれば、部品を交換するかたちです。
壁の中の配線の不具合が原因であれば、配線を引き直します。

費用の目安は以下です。

作業内容 相場
漏電の原因・場所の特定 4,000円~8,000円
コンセント・スイッチの交換 3,000~6,000円
配線の引き直し 4,000円~
簡単な絶縁処理
(電流が本来の回路以外に流れないようにするための簡単な措置)
3,000円~

※金額はあくまで目安です。

上記に加えて、数千円~1万円の出張料なども発生します。
また、配線工事のため壁や天井に穴を空ける場合には、その費用に1~数万円かかります。

漏電修理は、漏電の起きている箇所や原因によって、費用が大きく異なる工事です。

まとめ

漏電ブレーカーが落ちたら、専門の業者に修理を依頼しましょう。
電気製品の金属部分や電気製品に触った時にビリビリしたり、心当たりがないのに電気代が急に高くなったりした場合にも、業者に相談するのがおすすめです。

修理費用は、漏電の起きている箇所や原因によって大きく変わってきます。

漏電の防止には、アース線の設置、タコ足配線をやめること、水気や湿気に気を付けることなどが有効です。

火災などを防ぐためにも、漏電の防止、早期の発見と対処を心がけましょう。

ページトップへ戻るTOP