エアコンフィルター洗浄

フィルターの汚れは、アレルギーやぜんそくの原因です!

エアコンフィルター洗浄

エアコンフィルター洗浄

定価(税抜)
13,200円/一式 +出張料3,000円
icon_iekoma_mini 初回体験価格(税抜)
5,000円/一式 出張料無料!

お問い合わせ

※戸建て専門のため、集合住宅・ビル・店舗・工場などは受付できません

※本サービスは下記エリアのみ対象となります


<関東>
東京都(島しょ部除く)・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県
<東北>
福島県
<中部>
静岡県・愛知県・山梨県・長野県・岐阜県(一部※)
※岐阜県は美濃地方の一部となります。美濃地方対応エリアについてはご相談時にお問い合わせください。
※サービスによって対象エリアが異なります。あらかじめ、各サービスページを御覧ください。

※戸建住宅向けのサービスとなっておりますので、集合住宅(アパート・マンション)、ビル、店舗、工場等の作業はお受けすることができません。

※作業は居住部分に限ります。

※借家の場合、大家様の許可および立ち合いが必須条件となります。

24時間365日受付

エアコンにこんな症状がありませんか

お使いのエアコンには、次のような症状がありませんか?

悩む人
 

効きが悪い

エアコンを稼働させても室内の温度があまり変わらないときは、エアコンが故障しているか、エアコンの汚れが原因です。フィルターにほこりがたまり、空気を入れ替える効率が下がっている可能性があります。

臭いが気になる

「久しぶりにエアコンをつけたら、送風が臭い」という経験はありませんか?カビやダニなど、エアコン内部の汚れが原因です。
送風が臭うのは、エアコンの掃除が必要なサインのひとつです。

カビが生えている

エアコンの吹き出し口にある小さいポツポツとした黒ずみの正体は、カビです。室内へ清潔な空気を循環させるためにも、エアコンの掃除をしましょう。

運転するとせきが出る

せきや目のかゆみが続いている人は、エアコンが原因かもしれません。エアコンを運転し始めるとせきが出る人は、要注意です。

エアコンの汚れの正体

フィルター汚れ

エアコンの前面のカバーを開けて、吹き出し口やフィルターの汚れをチェックしましょう。汚れがびっしり付いていませんか?エアコンの汚れの正体には、次のようなものがあります。

カビ

エアコンの内部は、湿気が発生しやすい環境です。特に冷房時は、温かい室内へ冷やした風を送るため、エアコン内部に結露が発生します。
さらに、掃除をしていないエアコンには、カビやほこりなどの汚れも付着しているため、カビの恰好のすみかになります。

ほこり

エアコンは、室内の空気を吸い込み、熱交換により温かい空気や冷たい空気になった風を室内へ再び排出し、室内の温度を調整します。このとき、空気と同時に室内のほこりも一緒に吸い込むので、フィルターにほこりが蓄積されるのです。

ダニ

ほこりと同じように、空気中を舞うダニもエアコンは吸い込みます。吸い込まれたダニは、ほこりとともにフィルターにたまり、カビなどをエサに生息します。そして、エアコンを運転すると、再び空気中へ放出されるのです。

汚れを放っておくとどうなるの?

咳ごむ人

エアコン内にはさまざまな汚れが付着するため、定期的な掃除が必要です。掃除をせずに汚れを放っておくと、どうなるのでしょうか。

エアコンの効きが悪い

エアコンのフィルターにほこりがたまると、目詰まりを起こし、部屋の空気が吸い込みづらくなります。吸い込む空気の量が減れば、吹き出す風力も低下します。エアコンの効きが悪くなるため、なかなか部屋が適温になりません。
運転効率が下がるので、電気代も増え、無理に稼働させ続けるために、故障したりエアコンの寿命が短くなったりするのです。

部屋中に汚れた空気が広がる

結露が起こりやすく、ほこりなどの汚れがたまりやすいエアコン内部は、カビやダニの温床になりやすい環境です。エアコン内部のカビやダニは、エアコンを運転する度に、部屋中へ放出されます。エアコンの風が臭いときは、カビやダニが原因です。

カビの胞子が部屋へ拡散されると、部屋のカーテンや布団など、あちこちにカビが発生する可能性があります。

健康被害

エアコンの汚れが原因で、わたしたちの健康が脅かされることもあります。
エアコンの風とともに部屋中に放出されたカビやダニは、皮膚に触れたり、体内に吸い込まれたりします。カビやダニは、アトピー性皮膚炎やせき、目のかゆみ、ぜん息などのアレルギー症状を引き起こす可能性があるので、気をつけましょう。

こんな方はエアコン掃除を依頼しよう

業者

次の項目が当てはまる人は、自分で掃除するよりも業者に依頼することをおすすめします。

エアコン掃除が面倒

養生してエアコンを分解して、細かい部分まで丁寧に掃除するとなると、時間も手間もかかります。エアコン掃除が面倒で、シーズンごとの掃除もほとんどしない人は、業者へ頼むことをおすすめします。

忙しくてエアコン掃除をする時間がない

「とにかく忙しくて、定期的にエアコン掃除する時間がない!」という人にも、業者に依頼することはおすすめです。業者に頼めば、丁寧でスピーディーに対応してもらえます。
小さなお子さんがいて手が離せない人や、ペットが邪魔をする場合も業者のクリーニングはおすすめです。

掃除の仕方がわからない

電化製品を分解したり、取り付けたりするのが苦手な人もいるでしょう。無理をして誤った取り付け方をすると、故障の原因や漏電・火災など大事故の原因にもなります。

分解して内部まできれいに掃除したい

エアコンを分解して、内部までしっかりきれいに掃除することには、知識と技術が必要です。新品のときのように、内部まできれいにエアコン掃除したい人は、業者の力を借りましょう。

イエコマのエアコンフィルター洗浄

エアコンのフィルターには、空気中のホコリやゴミが付着するため、定期的な掃除が必要です。汚れたフィルターをそのまま放っておくと、目詰まりを起こしてエアコンの効きが悪くなるだけでなく、ホコリやゴミを栄養分とするカビの発生につながります。
カビの胞子を吸い込むと、アレルギーやせんぞくを引き起こすこともあるため、できるだけ防ぎたいものです。

「エアコンに手が届かない」「足腰が弱い」などの理由で掃除を怠っている人は、ぜひ私たちイエコマにお任せください!
イエコマではエアコンフィルター洗浄を、初回限定:5,000円/一式(税別)
で承っております!
普段の掃除では取り除けない頑固な汚れも一度に洗浄します。

お問い合わせ年中無休!専門知識をもったスタッフが親切丁寧に対応いたしますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

イエコマのエアコンフィルター洗浄は、親切・丁寧に作業します。安心してお任せください。

細部まできれいに洗浄

自分で掃除すると、汚れの取り残しがあったり、ほこりを内部へ押し込んで目詰まりを起こす原因になったりします。経験や技術のない素人が完全に汚れを落とすことは難しいのです。
イエコマのフィルター洗浄ならば、隅々まできれいに汚れを落とします。

エアコンの熱交換効率UP

フィルターに付いた汚れをきれいに洗浄するので、熱交換効率がアップし、エアコンの効きが良くなります。掃除前に比べると、きれいな空気で過ごせるようになり、さらに電気代も節約できるのです。

室外機の掃除もお任せください

エアコンのみならず、室外機も掃除が必要なことをご存知でしょうか。室外機は屋外にあるため、虫やほこりが詰まって水漏れを起こすことがあります。
イエコマでは、ドレーンホースや室外機の洗浄も行っています。ドレーンホースとは、エアコン内部の水を屋外に排出する管のことです。

24時間365日受付
 

エアコン掃除の目安

フィルター掃除機能付きのエアコンでも、掃除は必要です。エアコンはどれぐらいのペースで掃除すればいいのでしょうか。
掃除する箇所には、フィルターなど前面カバーを開けて見える部分と、配管やエアコンの内部などの目に見えない部分があります。

フィルター掃除は月に2回

カバーやフィルターなど、目に見える部分の掃除は、月に2回が目安です。付いているほこりなどの汚れを除去しましょう。定期的にフィルター掃除をすれば、内部への汚れも付きにくくなります。こまめな掃除を心がけましょう。

忙しくてフィルター掃除ができない、天井埋め込み式のエアコンや、ペットや小さな子どもがいて掃除ができないなどの場合は、無理をせず業者に頼みましょう。業者ならではの高圧洗浄により、自分で掃除したときよりも、きれいに汚れを落とすことができます。6,000~10,000円が相場です。

また、室外機も掃除が必要で、年に1~2回が目安です。室外機の掃除も業者に依頼できます。10,000~20,000円程度が相場ですが、エアコン本体の洗浄とセットで依頼すると、割引をしてくれる業者もあります。

エアコン内部の掃除は1~2年に1回

エアコンの内部の掃除は、分解する必要があるため、大がかりな作業です。自分で内部洗浄するのは、汚れが残ったり、故障の原因になったりするため、おすすめできません。漏電や火災の恐れもあるので、業者に依頼しましょう。

相場は壁掛けタイプだと10,000~20,000円程度、天井に埋め込むタイプは20,000~30,000円程度です。予約が取りやすい春や秋ならば、割引になったり、複数台のクリーニングで安くなるキャンペーンをしたりする業者もあります。

自分で行うエアコン掃除方法

エアコン掃除

エアコンをより快適に長く使うためにも、定期的に掃除をしましょう。業者のクリーニングも上手に使いながら、自分でもこまめに掃除するのが理想的です。
自分でエアコンを掃除する方法と、ポイントを紹介します。

必要な道具

まずは、エアコン掃除に必要な道具を説明します。100円ショップなどを上手に利用すれば、3,000円以下でそろえられるでしょう。

用意する道具

・掃除機
・マスク
・ゴム手袋
・45リットルのポリ袋
・養生テープ(ガムテープ)
・バケツ
・使い古しの歯ブラシ
・綿棒
・布を巻き付けた棒
・霧吹き
・洗浄スプレー
・雑巾
・割りばしなどの棒

洗浄スプレーについて

エアコン分解図
※引用元:三菱重工冷熱
 

  • フィン洗浄スプレー:フィンがきれいになり、熱交換効率がアップする。
  • ファン洗浄スプレー:ファンがきれいになり、臭いやカビの対策になる。

エアコンを掃除する部品に応じて、使用するスプレーの種類が異なります。間違えないように気をつけましょう。
また、洗浄スプレーを電装部分にかけたり、落としきれずに洗剤が残ったりすると、故障の原因になります。使用の際には注意が必要です。

養生の仕方

掃除をすると、黒い汚れがたくさん出ます。特にフィンやファンの掃除で発生する汚水は、飛び散って床や壁を汚してシミになることもあります。
掃除を始める前に、エアコン周りやエアコンの下の床を養生しましょう。場所ごとに、養生の仕方を説明します。

エアコン周辺

1、45リットルのゴミ袋2枚を用意し、それぞれ両サイドをハサミで切ります。
2、2枚のゴミ袋の口同士をテープで貼り合わせて、縦長になるようにします。
3、養生テープを使って、エアコンの左上からビニールシートをエアコンの周りにぐるりと一周、巻き付けます。掃除の際に出る汚れから、クロスや天井を守ります。

エアコンの下

1、45リットルのゴミ袋を用意し、片側だけサイドをハサミで切ります。
2、切り口を広げて、ゴミ袋の口だった部分と重ねて三角形を作ります。
3、たれてきた汚水をキャッチできるように、エアコンの下部分にゴミ袋の口だった部分をしっかりと貼り付けます。
4、掃除をしたときにたまった汚水を捨てられるように、空のバケツを下に用意しましょう。

エアコン掃除を行う際に、床に落ちた汚水でシミができたり、工具や部品を落として傷を付けたりすることがあります。特に畳の場合は、注意が必要です。
ビニールシートなどで床を覆い、養生します。

電装部分

電気が流れる電装部分に水や洗剤がかかると、エアコンは故障してしまいます。
多くのエアコンは左右が電装部分となっています。電装部分をラップでぐるぐる巻き、養生テープで止めます。

部位ごとの掃除方法

エアコンの掃除をする際は、マスクとゴム手袋を着用し、換気をしながら掃除をします。また、掃除を始める前に、コンセントからエアコンのプラグを必ず抜くようにしましょう。

エアコンの外側、前面カバー

エアコンの外側や前面カバーは、ほこりが付きやすい場所です。普段から汚れが気になったときに、柔らかい布で汚れを拭き取る習慣をつけましょう。

フィルター

フィルターは、前面カバーを開けるとすぐに見える部品です。空気と一緒に吸い込まれるほこりなどの汚れを、キャッチする役割があります。汚れやすいため、定期的な掃除が必要です。

1.フィルターの取り外し
前面カバーを開けて、取扱説明書の通りに、フィルターを取り外します。
2.汚れを掃除機で取る
表側の面からフィルターに付いたほこりを掃除機で吸います。裏側から掃除機をかけると、目詰まりが起こる原因になるので、気をつけましょう。
3.水洗い
ほこりが落ちたら、フィルターを水洗いします。洗う時はシャワーがおすすめです。掃除機のときとは逆で、裏側の面から洗います。小さなほこりが残っているときは、使い古しの歯ブラシでやさしくこすって落としましょう。
4.乾燥
タオルで水を拭き取り、日陰で乾燥させましょう。しっかりと乾いてから、外したフィルターを元に戻します。

フィン

フィルターを外すと見える、縦にたくさん並んだ金属製の部品がフィンです。空気の温度を変える役割があるため、結露しやすく、カビが生えやすい特徴があります。

1.養生
床やエアコン周り、電装部分をしっかりと養生します。
2.フィルターの取り外し
前面カバーを開けて、取扱説明書の通りに、フィルターを取り外します。
3.スプレーを噴射
フィンに洗剤1本を使い切るまで噴射。洗剤を浸透させ、汚れを浮かび上がらせるために、15~30分放置します。
4.汚れを落とす
汚れが落ちていない箇所は、歯ブラシを使って落とします。フィンを傷めないために、慎重にこすりましょう。。
5.すすぐ
洗浄スプレーを落とすためのリンスをかけて、すすぎます。リンスが足りないときは、水を入れた霧吹きをかけて、洗剤を落としましょう。カビや故障の原因になるため、洗剤が残らないように気をつけましょう。
6.乾燥
乾いた布で水分を拭き取り、しっかりと乾燥させます。乾いたら、外したフィルターを元に戻します。

ファン

吹き出し口の奥にある筒状の部品がファンです。回転することで、空気を外に送り出します。

1.養生
床やエアコン周りを養生します。ファンの掃除の際には、汚水が部屋側へ流れるため、きっちりと養生しましょう。
2.スプレーを噴射
吹き出し口からファンにスプレーを噴射します。汚れを浮かび上がらせるために、20~30分放置します。ファン全体に洗剤を浸透させるために、時々手でファンを回転させましょう。
3.すすぐ
リンスで洗剤を落とします。リンスがない場合は、霧吹きで水を吹きかけましょう。
4.乾燥
5分程放置して乾燥させます。
5.送風
最後に送風運転を10秒程して終了です。中から汚水が飛ぶことがあるので、吹き出し口部分はタオルで覆いながら、送風をしましょう。
6.乾燥
乾いた布で水分を拭き取り、しっかりと乾燥させます。乾いたら、外したフィルターを元に戻します。

吹き出し口

吹き出し口
 

吹き出し口も、汚れやすい箇所のひとつです。吹き出し口が汚れていると、室内へ汚れた空気を送り出してしまいます。

1.布で拭く
湿らせた布を固く絞り、汚れを拭きます。細かい部分は布を巻き付けた棒や綿棒を使って、掃除しましょう。
2.乾燥
水分が残っているならば、乾いた布で拭き取ります。掃除が原因で故障させないためにも、しっかりと乾燥させることが重要です

ルーバー

ルーバー
 

ルーバーは風向きを変えるための、吹き出し口にある羽根です。

1.ルーバーを開ける
まずは閉じているルーバーを開きます。力任せにすると故障の原因になるので、ゆっくりと慎重に作業しましょう。
2.歯ブラシで汚れをこする
ルーバーはカビが発生しやすい部品です。少し湿らせた使い古しの歯ブラシで、汚れをこすります。
3.乾拭きをする
汚れが落ちたら、布で乾拭きをし、しっかり乾燥させます。乾いた布を巻き付けた棒で拭くと便利です。

 

分解して内部を洗浄

自分でエアコンを分解して内部を洗浄する方法は、故障や事故が起きる可能性もあるため、おすすめできません。隅々まできれいにしたい人は、業者へクリーニング洗浄を依頼しましょう。

室外機

室外機は、エアコンの空気の取り入れ口のため、周囲20㎝以内には物を置かないようにしましょう。

1.周囲の掃除
室外機の周りのゴミを掃除し、室外機の上は、ぬれた雑巾で拭きます。
2.室外機にゴミが詰まっていないかチェック
外機の中をのぞいたときに見えるファンや、裏側の金属板の集まりである熱交換器に、枯れ葉などのゴミが詰まっていないかチェックしましょう。
エアコン熱循環
3.水抜き穴やドレーンホースの詰まりを確認
室外機内に発生した水を排出するための水抜き穴や、室外機の横にあるエアコンの熱交換器にたまった結露水を排出するドレーンホースは、ほこりや虫などで詰まる可能性があります。詰まりがあるときは、割りばしなどの棒でごみを取り除きましょう。

掃除や冷房運転後は送風運転をしよう

冷房運転をした後のエアコン内では結露が起こるため、カビが発生しやすくなります。
冷房運転をした後は、すぐにエアコンを停止するのではなく、30分間送風運転をしてから、スイッチを切りましょう。送風運転にすると、エアコン内が乾燥するため、カビの発生を抑えられます。同じように、エアコンの掃除後も送風運転をするのがおすすめです。

自分で掃除するときは要注意

掃除をする女性

定期的な掃除が必要なエアコンですが、自分で掃除する場合は注意が必要です。デメリットも合わせて確認しましょう。

手間がかかる

高所に設置されるエアコンは、手をあげて上を向いたまま掃除します。さらに、踏み台の上に立って作業するため、安全面にも気をつけなければなりません。肩や首、腰に力が入ってコリの原因になったり、身体に負担がかかったりします。

特に、天井に埋め込むタイプのエアコンは、掃除が大変です。真上を掃除することになるので疲労も起こりやすく、ホコリなどの汚れが上から落下するので掃除が大変です。

エアコン周辺を汚したり傷めたりする可能性がある

掃除をする際、エアコンの汚れが周囲に飛び散ることがあります。また、パーツを外す際に、誤って落としてしまい、クロスや床を傷つけることもあるのです。

掃除をする前に、壁やカーテン、天井や床を汚さないように、ビニールで覆う養生が必要です。白い壁や畳に黒いシミを付けることのないように、気をつけましょう。

故障や事故の恐れがある

エアコンの掃除は、パーツを分解して行います。エアコンの内部洗浄には、知識が必要です。構造を把握しないまま掃除をすると、水漏れが起きたり、余計に目詰まりがひどくなったりすることがあります。
しかし、もっと恐ろしいのは、電源コードを抜かずに掃除した結果、感電したり火災に発展したりするケースです。

市販のエアコン洗浄スプレーは注意が必要

市販のエアコン洗浄スプレーを使う際、養生をしないまま電気が流れる電装部分に洗浄スプレーをかけると、故障や発火が起きることがあります。また、洗浄液が落ちきれずに残ることも多く、部品のサビや性能の低下、ほこりと混ざってさらにカビが生えるなどのトラブルもあるのです。

イエコマが選ばれる3つの秘密

1.業界最安値が維持できるのはなぜ?営業コストを徹底的に合理化しているからです!

通常、ハウストラブルの対応業者は、宣伝・広告費に多額のコストをかけています。
趣向を凝らしたチラシやマグネットが、しょっちゅうポストや新聞に入っていませんか?

でも、たいていの場合、そうしたチラシはゴミ箱に直行してますよね。
これらを作って配り、さらに営業マンも回らせ、見積もりを立てて・・・
ご利用者様に関係のないこれらの作業がすべて施工費に上乗せされ、請求されてきました。

イエコマでは、こうした無駄な営業コストを徹底的に抑えました。

さらに、ご利用者の状況に最適な業者を派遣することで、不要コストを最大限削減。
追加料金なしの明朗会計を実現しました!

2.業界最安値が維持できるのはなぜ?「家の専門家」が施工するからです!

各種補修や清掃を安く請け負う業者は、ほかにもあります。
しかし、その多くはそれ“だけ”しか対応できません。

建築物について素人同然の作業員が作業をした結果、「作業が乱暴で、壁に傷がついていた」「作業したその日はよかったが、しばらくしたらまたすぐに異常が発生した」など、かえって状況が悪化するようなケースが少なくないのです。

当社が派遣するのは、住宅設備・内装・外装工事のエキスパート。
施工箇所だけでなく家全体のことを考えた作業で、長く住むためのお手伝いをいたします。

また、当社では、独自の厳しいサービス基準を設け、「サービスマン」として訪問できるスタッフのみ派遣しております。
大切なお住まいのことをお任せいただく者としてふさわしい “礼儀””清潔感”のある対応をお約束いたします。

3.強引な営業の不安がないのはなぜ?万一のときは、当社が窓口となるからです!

安価な業者に頼んだときに起こりがちなのが、「施工が済んだのに、追加で不必要な工事を勧められて断りにくい」など、しつこい営業を受けるようになってしまうこと。

当社では、良心的な施工業者を手配しているので安心ですが、万が一、施工業者からしつこい勧誘や営業を受けたら、ご相談ください。
ただちにやめるよう、当社がストップをかけます。

窓口と施工が別会社だからこその、安心サービスです。

施工事例

お客様の声

大変満足です
神奈川県 W様
お客様の声 神奈川県 W様

親切・丁寧に対応して頂き、大変満足です。友人・近所の人にも是非勧めたいです。

親切、丁寧、そして素早くサービスを提供させて頂くことを第一に考えております。お客様に満足して頂けて何よりです。うれしいお言葉もありがとうございます。お客様ご自身はもちろん、ご友人やご近所の周りの方々も、住まいのことでお困りでしたらぜひご相談ください。

の感想一覧

閉じる
とても親切でした
神奈川県 K様
お客様の声 神奈川県 K様

スタッフの方は仕事は丁寧で対応もとても親切でした。また機会がありましたらお願いしたいと思います。

ありがとうございます。イエコマは迅速でお客様に親身になった丁寧な対応を心掛けておりますので、そう言って頂けて光栄です。はい、また何かお困りでしたらお気軽にご相談ください。

の感想一覧

閉じる

イエコマ初回限定価格について

イエコマの初回限定価格は、イエコマとの提携店であるネクサスアールグループ及び株式会社明治建築の会員サービスの会員価格となります。
イエコマのサービスを申し込んでいただいた方には、上記会社より会員サービスのご案内をさせていただいております。
会員サービスはイエコマのお得な初回限定価格でサービスがご利用いただけるだけでなく、一部無料でハウスメンテナンスのメニューが受けられる、お得なホームサポートサービスです。

※会員サービスに関するお問い合わせは、イエコマでは承っておりません。 お申し込みなどの詳細については、各施工店のサービススタッフまでお問い合わせください。

お申し込みの流れ

お電話の場合

1. 当社までお電話をください

お申し込みはこちらから

2. 当社の担当者がお客様のご希望のメニューをお伺いします

3. 施工会社よりご連絡し、詳しくご状況を詳しくお聞きした上で作業の日程を調整します

4. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

メールフォームの場合

1. メールフォームに必要事項を記入してください

お申し込み

2. 当社のオペレーターまたは施工店より、折り返しお電話いたします
お客様のお宅の状況を詳しくお伺いした上で、作業の日程を調整します

3. お約束した日時に、当社契約会社のサービススタッフがお伺いして作業します

ページトップへ戻る