エアコンの寿命はどのくらい?|耐用年数とお手入れについて

LINEで送る
Pocket

エアコンは、快適な生活のためになくてはならないものですよね。
夏には冷房機能が熱中症対策に欠かせず、冬には部屋全体の空気を暖めてくれる重要な暖房器具になります。

一年を通して使える家電製品、エアコンですが、電気代や本体の値段は少し高めです。
家計を節約するためにも、できれば長い期間、経済的に使い続けたいですよね。

この記事では、エアコンを長く賢く使う方法とエアコン買い替えを見極めるポイントについて紹介します。
エアコンの寿命や長持ちさせる方法について知り、エアコンを賢く使っていきましょう。

1、エアコンの寿命は何年?

そもそも、エアコンの寿命は何年程度なのでしょうか。
家電の中では壊れにくい方ですが、何十年も使い続けられる物ではありません。

平均寿命

内閣府による2017年の統計情報「消費者動向調査」によると、エアコンの平均寿命は「13.6年」という結果が出ています。

これは総世帯数の平均です。総世帯数とは、「単身世帯の数」と「2人以上の世帯の数」を合わせた数です。
ちなみに「単身世帯」のエアコンの平均寿命は「14.9年」、「3人以上の世帯」のエアコンの平均寿命は13.6年です。

統計では「エアコンは10年以上使える」という結果が出ました。

しかし、エアコンの製造メーカーは家庭用エアコンの平均寿命を「10年程度」としている場合がほとんどです。
メーカーは、エアコンがどのくらい使えるのか「設計上の標準使用期間」を計測し、設定しています。
「設計上の標準使用期間」とは、言い換えると「安全に使用できる期間の目安」です。

統計では10年以上使える結果が出ていますが、安全に使用するためには10年が目安です。

また、エアコンの修理部品には「保有期間」があります。
この「保有期間」は各メーカーによって長さが違いますが、この期間を過ぎると部品がなくなり、部品交換などの修理が行えません。
修理すればまだ使えるエアコンでも、部品がないため買い替えなければならなくなるのです。
型落ち品やアウトレット品は、さらに早く部品がなくなる場合もあります。

ちなみに店舗や公共施設で使用される業務用のエアコンは使用頻度が高く、耐久性を重視したつくりになっているため寿命は15年ほどと言われています。

参考:消費者動向調査 -内閣府

使っているエアコンの製造年の確認

家庭用エアコンの平均寿命を紹介しましたが、家にあるエアコンを何年前に購入したのか覚えていない人もいるでしょう。
エアコンの製造年は、メーカーや製品によって記載場所が違います。
今使っているエアコンの製造年をしっかり把握して、あと何年使えるかだいたいの予想を立ててみましょう。

以下にエアコンの製造年の確認方法を紹介します。

本体

部屋に設置されているエアコンを下から見上げると、吹き出し口の下に設計上の標準使用期間が書かれたシールが貼られていることがあります。
このシールで製造年を知ることができます。

室外機

本体に標準使用期間の書かれたシールが貼られていない場合は、製造年は室外機に書かれていることがあります。
外に出て、室外機の側面や裏側を確認してみてください。

メーカーへの問い合わせ

品番や型番、製造番号などが分かれば、メーカーのホームページで製造年を調べることもできます。
ホームページを見て調べるのが面倒な場合は、品番など必要な番号を控えてメーカーに電話で問い合わせて、製造年を教えてもらいましょう。

2、エアコンが壊れやすくなる使い方

エアコン悩む女性

普段の生活の中で何気なく使っているエアコンですが、間違った使い方がエアコンの寿命を縮めているかもしれません。
寿命を縮める使い方を知っておけば、それを避けることができます。
エアコンを長く快適に使うために、エアコンが壊れやすくなる使い方を把握しておきましょう。

無理な温度設定

エアコンに大きな負担をかける使い方は、寿命を縮めてしまいます。

例えば、設定温度と室内温度の差が激しいとエアコンに大きな負担がかかります。
設定温度と室内温度の差は5度以内にとどめるのを目安にしましょう。

例:室内温度が30度の場合 → 設定温度を25度以上に設定

長期間使用しない

家電は使いすぎても寿命を縮めてしまいますが、まったく使用しない期間が長く続くことでも壊れやすくなります。
季節の変わり目で久しぶりにスイッチを入れたら不具合が出た経験がある人もいるでしょう。

月に1回程度、点検も兼ねて慣らし運転をすることで、不具合を防ぐことができます。

また、長期間使用しないことでフィルターにホコリがたまります。喫煙者のいる家庭では、さらに汚れがこびりついてしまうのです。
使用しない期間はエアコンにカバーをかけておくと、これらのホコリや汚れを防ぐことができます。

室外機に負担をかける

室外機に負担をかける使い方をすると、室内機の使い方にかかわらず寿命が短くなってしまいます。
近年の猛暑の影響で、熱い外気に晒される室外機には大きな負担がかかっているのです。

室内でエアコンを使うと、室外機はファンを回して熱を外に逃がします。
この放熱がうまくいかないと、室外機にも室内機にも負担がかかり故障の原因になります。

室外機は可能な限り日陰に設置し、周囲に荷物などを置かないように注意しましょう。日陰に置けない場合は、風通しのよい「すだれ」などを利用して日陰を作ってください。

掃除をしない

エアコンを使わなくてもホコリがたまりますが、使用中のフィルターも空気と一緒にホコリを吸うのでかなり汚れます。
汚れがたまったまま使用すると、エアコンが効きにくくなり、風量を強めたり温度の設定を変えたりしなければなりません
つまり、エアコンに汚れがたまったまま使うと、エアコンに負担をかけてしまうのです。

エアコンを使用している期間(特に夏、冬)はこまめにフィルターを掃除しましょう。2~3週間に1度の頻度での掃除が目安です。
また、専門業者に頼んで内部のカビまでしっかり洗浄してもらうのも効果的です。

3、エアコンのこんな買い替えサインに注意

エアコン考える女性

では、具体的にどのような状態になっていたらエアコンを買い替えるべきなのでしょうか。
先ほど紹介したように、使用期間10年を過ぎたエアコンはいつ修理不能になってもおかしくありません。
ここでは、エアコンを買い替えるべきサインについて紹介します。

異音

「エアコンのスイッチを入れると、変な音がした」という経験はありませんか?
エアコン本体の内部や、室外機から聞き慣れない大きな音が聞こえてくる場合は、買い替えのサインかもしれません。

ガタガタ、ガラガラと異音がするのは、室内機の送風ファンや室外機のコンプレッサーに異常が出ている可能性があります。
特に室外機に異常がある場合は、メーカー側も買い替えを勧めることが多いです。

室内機のフィルターの目詰まりなどが原因の場合もありますが、こまめな掃除によってある程度防ぐことができます。

臭い

エアコンから出てくる嫌な臭いの原因は、ホコリや本体の内部に発生するカビの影響によるものです。これは、フィルターの掃除によってある程度改善することができます。
しかし、何度も自分で掃除する手間を考えると、自動クリーニング機能のあるエアコンに買い替えた方がよいでしょう。

また、フィルターの奥のファンや熱交換器の周りにカビが発生している場合は、自力での掃除は難しくなります。専門業者にクリーニングを依頼するか、それでも改善が見られない場合は買い替えを検討してください。

エアコンが効かない(部屋が冷えない、または暖まらない)

エアコンが効かない場合はまず設定を確認してみましょう。
冷房をつけたつもりでも暖房の設定になっていたり、自動運転設定で間違った温度に設定されている可能性があります。
リモコンの電池が切れていることも考えられます。

設定を確認してもやはりエアコンが効かなければ、フィルターの汚れが原因になっている可能性があります。
フィルターにたまったホコリがエアコンの効きを妨げて、本体は作動しているのに部屋の温度は変わらない事態が起こります。
エアコンが効きにくくなったと感じたら、フィルターを掃除してホコリを取り除いてみましょう。

それでも効き目がない場合は、室外機の状態をチェックしてみましょう。室外機の不調が室内機の作動に影響している可能性があります。
室外機に汚れがたまっている場合や周りに物が置いてある場合は、「放熱フィン」から熱を放出することができないため、トラブルが起きます。

「異音」の項目で紹介したように、室外機の掃除でも問題が解決されない場合は買い替えをおすすめします。

室外機から水が漏れる

室外機から水が漏れる場合は、ガス漏れも起きている可能性があります。
ガス漏れによって結露が発生し、室内機に水がたまることがあり、その水が処理しきれずに室外機から水が漏れるのです。

ガス漏れの原因は、配管の劣化による亀裂発生、施工不良、エアコンを移設した際のガス抜けなどさまざまです。
特に配管の亀裂が大きい場合、亀裂を完全にふさぐには買い替えをしなければなりません。

室内機から水が漏れる

室内機からの水漏れは、ドレンホーの詰まりが原因かもしれませんドレンホースとは、エアコン内部の水を外に出すための排水管です。

ここにゴミが詰まっていると、ドレンホース内を水が逆流してきます。中のゴミを取り除くと解決できます。

ドレンホースの掃除でも水漏れが改善されない場合は、フィルターやフィンの掃除をしてみましょう。フィルターやフィンに汚れがたまっていると、結露が大量に発生し水漏れにつながるからです。

ドレンホース、フィルター、フィンの掃除をしてもまだ水が漏れてくる場合は、内部の部品に不具合があると考えられます。部品の交換で解決できればよいのですが、保有期間の10年を過ぎていると部品がメーカーにない可能性があります。型落ち品やアウトレット品だった場合は、10年よりも早くその部品がなくなっていることもあるのです。
型落ち品やアウトレット品であれば、買い替えをした方がよいでしょう。

ブレーカーが落ちる

エアコンのスイッチを入れても勝手に運転が停止してしまい、ブレーカーが落ちてしまうケースもあります。これはエアコン内部のコンプレッサーの故障が原因です。
コンプレッサーとは、エアコンの内部で室内の温度をコントロールする部分です。
コンプレッサーが故障すると、エアコンが正常に機能しないのに通電は続いている状態になります。すると、機器に対する電流値(アンペア)が上昇し、エアコンに流れる電流と他の家電製品で消費する電流の合計値が限界に達し、ブレーカーが落ちてしまいます。

コンプレッサーの故障は経年劣化によるものがほとんどです。フィルターの掃除などでは改善できないため、買い替えによって解決するしかありません。

4、エアコンの修理費用

エアコン御者修理

それでは、エアコンの修理にかかる具体的な金額を見てみましょう。

日立

  • 本体:9,000~29,000円
  • リモコン:4,000~9,000円
  • 室外機:12,000~80,000円
  • ガス漏れ:24,000~80,000円
  • 室内ファン:11,000~26,000円

ダイキン

  • 本体 12,800~37,000円
  • リモコン 3,000~21,000円
  • 室外機 11,800~28,000円
  • ガス漏れ 8,400~37,000円
  • 室内ファン 27,800~33,000円

パナソニック

  • 本体 10,000~49,000円
  • リモコン 3,000~20,000円
  • 室外機 5,000~40,000円
  • ガス漏れ 10,000~49,000円
  • 室内ファン 10,000~49,000円

※保証期間内(購入から1年間)は無料

三菱電機

  • 本体 7,000~35,000円
  • リモコン 10,000~26,000円
  • 室外機 10,000~150,000円
  • ガス漏れ 25,000~60,000円
  • 室内ファン 7,000~12,000円

メーカー4社の主なエアコンの修理費は以上です。
実際は、上記の金額に加えて出張費や見積料もかかることが多いので注意してくださいね。

5、エアコンの修理or買い替え?費用の違い

エアコンの修理を業者に頼む場合と思いきって買い替える場合では、費用にどのような差が出るのでしょうか。
ここでは気になる費用について紹介します。
以下に紹介する電力と費用は、1kWhあたりの電力量料金を27円(全国10電力会社の平均価格)として計算しています。

暖房時の消費電力

  • およそ15年前のエアコン ・・・1080W (1時間あたりの電気代は29.16円)
  • 最近のエアコン ・・・605W (1時間あたりの電気代は16.34円)

15年前のエアコンから最近のエアコンに買い替えると、1時間当たり12.82円分の電力を節約できます。

参考:エネチェンジ

先述の通り、エアコンの修理代は修理内容やメーカー、機種によって大きく変わります。
簡単な点検で済めば数千円で足りますが、修理代に加えて部品代や出張費、移設費が加算されると、場合によっては十数万円ほどかかってしまうこともあるのです。

新品のエアコンでも、安ければ数万円で購入できます。修理やそれに付随する費用が新品の購入よりも高額であれば、買い替えを検討しましょう。

6、おすすめのエアコン

いざ買い替えを決めても、どのエアコンを買えばいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。
ここでは各メーカー別のおすすめエアコンを紹介します。
買い替える機種について迷っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

日立

日立ルームエアコン AJシリーズ 白くまくん RAS-AJ22G

日立 白くまくん

コンパクト設計・ソフト除湿・内部自動クリーニング機能などが特徴の人気タイプです。

Panasonic

インバータ―冷暖房除湿タイプ ルームエアコン  CS-227CF エオリア 省エネ基準クリアモデル

パナ エオリア

「天井シャワー気流」「しずかモード」や、スマホでの遠隔操作をすることができるエアコンです。

ダイキン

Eシリーズ S22UTES

ダイキン E

運転スタートから早い時間で暖まる「ヒートダッシュ機能」や「高外気タフネス冷房」「低外気タフネス暖房」を備えています。

人気の最新モデルは手を出しにくい金額であることもしばしばですが、メーカーの決算期では割引の対象にされていることもあります。
最新機能などにこだわりがない場合は、中古品を購入するという選択肢もあります。中古といっても、2010年以降に発売されたエアコンは性能のよいものが多いです。

比較検討を重ね、自分の家庭に合ったエアコンを探してみてください。

7、忘れてはいけない!エアコンの処分の仕方

エアコン相談業者

エアコンの買い替えを決めて、いよいよ買い替えるとき、気になるのは古いエアコンの処分方法です。
ここでは買い替え後の古いエアコンの処分方法と、気になる処分費用を紹介します。

新品を購入するお店に回収を依頼する

買い替え後のエアコンは、新品の取り付け工事の際にお店に引き取ってもらうことが可能です。家電量販店ではもちろん、通信販売やネットショッピング、テレビショッピングで購入した場合も引き取ってもらえる場合がほとんどです。

使わなくなった製品は解体され、鉄やプラスチックなどの素材ごとに分類されてリサイクルに利用されます。この過程に必要な「リサイクル費用」が発生するので、消費者はこれを負担しなければなりません。
例えば、日立のエアコンを買い替える際は972円(税込)のリサイクル料がかかります。

リサイクル料金の他に、エアコンの取り外し費用や収集運搬料も必要です。
例えばケーズデンキでは、取り外し料金5,400円(税込)、収集運搬料1,080円(税込)、合計6,480円の費用がかかります。

注意!不法な回収業者の存在

注意しなければならないのが、不法な廃品回収業者です。
不法な廃品回収業者に回収を依頼すると、家電はリサイクルされないばかりでなく不法投棄や環境破壊につながります。不法な業者に回収を依頼したところ、運搬費用や回収費用として法外な金額を請求された事例もあります。

依頼する前には口コミサイトなどをしっかりチェックして、安全な業者かどうか見極める必要があります。

参考:一般財団法人家電製品協会
ケーズデンキ

8、賃貸物件でのエアコンの交換

夫婦相談業者

賃貸物件に住んでいて、エアコンを新しいものに替えたい!と考えている人もいるでしょう。
ここでは、賃貸物件でのエアコンの交換について解説します。

借主が勝手に交換するのはダメ

賃貸物件に備え付けてあるエアコンは、基本的に家主である大家さんのものです。なので、借主が勝手に交換してはいけません。
修理したい場合も交換したい場合も、まずは大家に相談してみましょう。

大家と借主|どちらが修理・買い替え費用を負担する?

エアコンは大家のもののため、修理費や買い替え費用を負担するのも当然大家です。エアコンの状態や大家の対応にもよりますが、問題なく運転することができるエアコンからの交換だと、なかなか修理や買い替えを承諾してもらえないかもしれません。

どうしても、修理や買い替えが必要な場合は、借主の実費で修理・買い替えを行いたいと申し出てみましょう。

9、エアコンの寿命を縮めない使い方

エアコン掃除女性

前述した通り、エアコンは使い方によって寿命に差が出ます。無理な使い方をすれば、それだけ寿命は縮まってしまいます。

室外機が置かれた環境

室外機は庭やベランダなど屋外に置かれますが、屋外の環境はたびたび過酷なものになります。特に夏場、外気温の激しい上昇や強い日差しは室外機の寿命を削る原因のひとつです。
室外機の周りに物を置いていると、室外機からうまく熱が放出されず、故障の原因にもつながります。

室外機をなるべく日陰の、周りに物がない場所に設置しましょう。

室外機の掃除

室外機に汚れがたまると、周りに物が置いてある状態と同様に熱の放出がうまくいきません。結果、故障の原因になり寿命の減少につながります。
忘れてしまいがちな室外機ですが、ときどき汚れがないかチェックしてください。

室内機のクリーニング

こまめなフィルタークリーニングはエアコンの不調を防ぎ、エアコンの寿命を延ばしてくれます。ホコリや汚れのないきれいなエアコンを使うと、部屋で思い切り深呼吸したくなりますよね。
以下にエアコンのクリーニング方法を簡単に紹介します。

掃除の前には、安全のため必ずコンセントを抜いておきましょう。

フィルターの掃除方法

1、フィルターを取り外したら、まずはフィルターの表にたまったホコリを掃除機で吸います。
2、フィルターの裏から水を流し、歯ブラシなどでこすって汚れを取り除きます。
べとべとした汚れが落ちない場合は、中性洗剤を使いましょう。
3、掃除が終わったら、日陰でよく乾かしましょう。

フィン(熱交換機)

フィンアップ

フィルターを取り外すと、その奥にフィンと呼ばれる熱交換器が見えます。

家電量販店やホームセンターで市販されている、エアコンクリーニング専用スプレーなどを使って掃除しましょう。
クリーニングスプレーは、使い方によっては悪臭の原因となる場合があります。使い方をしっかり確認して、正しく使うよう注意してください。

ファン(吹き出し口周辺)

ファン周辺のカビや汚れは、エアコンから出る悪臭の最大の原因です。
ファンの掃除にも、ファン専用の洗浄スプレーを使います。これは液だれしないようにムース状になっている洗浄剤で、汚れをなじませて浮かせます。
最後にきれいに洗い流して、終了です。

専門業者に頼む

上記で紹介したクリーニングを毎月のように行うのは少しハードだと感じた人も多いのではないでしょうか。フィルターからファンまですべて掃除するには、手間も、時間も、体力もかかります。
定期的なエアコンクリーニングが難しい場合は、掃除を専門業者にお願いするのもひとつの手です。

こまめなメンテナンス

春・秋など、エアコンを頻繁に使わない時期でもエアコンのメンテナンスは必要です。長期間放置された家電の寿命は縮まってしまいます。
月に一回程度、メンテナンスのためにエアコンを動かしましょう。

10、まとめ

いかがでしたか?
エアコンの寿命や買い替えについて紹介してきました。
家電の寿命を理解して、修理や買い替えは計画的に行いましょう。

イエコマではエアコンフィルターの洗浄サービスを初回限定5000円(税別)で行っています。
普段の洗浄では取り除くことのできないしつこい汚れも、一度に取り除くことができます。
ぜひ一度ご相談ください。

ページトップへ戻る