業者による排水管高圧洗浄で排水管から水漏れした原因と対処法

LINEで送る
Pocket

業者に依頼して排水管高圧洗浄を行った後に、水漏れのトラブルが発生した場合にどう対処すればいいのか解説します。
水漏れが発生する主な原因や水漏れを放置した場合に伴うリスクについても紹介しています。

排水管高圧洗浄を業者が行った後に、水漏れが発生した場合の対処法や原因について解説しているページです。
基本的に業者に落ち度があれば、業者の責任で対処してもらえます。

一般家庭で排水口に流した水は、排水管を通って下水道に流れて行きます。そのため、排水管には油分や食べかす、髪の毛などが毎日少しずつ付着していくのです。

排水管に付着した汚れが蓄積していくと水の流れが鈍くなったり詰まったりするので、排水管高圧洗浄を行わなければなりません。
しかし、排水管高圧洗浄を依頼する際には業者選びが難しいです。いい加減な業者に依頼してしまうと、作業後に水漏れなどの不具合が生じてしまうこともあります。

ここでは、排水管高圧洗浄を行った後に水漏れが発生した場合の対処法についてくわしく解説していきます。
それと併せて水漏れに伴うリスクなどについても紹介しています。
この記事を読めば、排水管高圧洗浄を行った後に水漏れが発生しても落ち着いて冷静に対処できるようになるでしょう。
水漏れによる被害も最小限に抑えられます。

そもそも排水管高圧洗浄とは?

まず、排水管高圧洗浄がどのようなものなのか見ていきましょう。

排水管に付着した汚れを落とすために行う

排水管の内側に付着した汚れは、長年にわたって少しずつ蓄積していったものです。ベッタリとこびりついているため、ブラシなどで擦っただけではなかなか落ちません。

そのため、業者に依頼して排水管を洗浄してもらう際には、高圧洗浄を行うのが一般的です。高圧洗浄機という専用の機材を使用して、高圧で水を噴射してこびりついた汚れを落とします。

室内の排水口からだけでなく、屋外にある排水マスの方からも高圧洗浄ホースを入れて洗浄するので、奥の方まで洗浄できるのです。

実施する前と後でどう変わる?

業者が排水管高圧洗浄を行っている様子を見ていると、溜まっていた汚れがかき出されている様子を確認できます。実際に見ると、すごい量の汚れで驚く人も多いでしょう。

以前に誤って排水口に流してしまった歯ブラシなどの異物が出てくることもあるかもしれません。排水管高圧洗浄を実施した後に、キッチンや洗面所などで水を流してみると、実施前との違いもはっきり実感できます。

実施前は、水を流すとしばらくたまって少しずつ流れて行くような状態だった場合も、実施後はスムーズに流れるようになります。

排水管高圧洗浄後に水漏れした場合に現れる現象

排水管高圧洗浄を実施した後は、前述のような変化だけでなく、好ましくない変化が現れる場合もあります。
洗浄作業中に何らかのトラブルが起こり、水漏れが発生することがあるためです。

では、水漏れが発生すると、どんな現象が現れるのか見ていきましょう。

床下に水が流れて行く

水がこぼれた床

一般住宅の排水管は屋外に設置されている排水マスにつながっています。排水マスで固形物などを取り除き、敷地外にある下水管まで水を送り込む仕組みです。

排水口から排水マスまでの間は床下を通っているので、排水管が水漏れしている場合には、床下に水が流れてしまいます。

床下は普段様子を見る機会がほとんどないため、どのような状態になっているのか分かりません。程度にもよりますが、水漏れしていてもしばらくは気づかないことも多いです。

カビや悪臭などが発生

鼻をつまむ女性

排水管が水漏れしていて、床下に水が流れていると床下に少しずつ水がたまっていきます。
放置しておくとどんどんひどくなっていくため、次のような兆候から水漏れに気づいたら早めに対処する必要があります。

湿気が多くなる

床下は日光が当たらず風通しも良くないことから、水分が蒸発しにくい環境です。排水管の水漏れで床下に水がたまると、その水分はなかなか外には出ていかず、床下にとどまってしまうでしょう。

その結果、床下には湿気が多くなり、カビが発生しやすくなります。カビが繁殖すると悪臭も発生します。

室内にいて、カビくさい臭いがすると感じたら、床下での水漏れを疑ってみましょう。排水管高圧洗浄を実施した後にそうなったのであれば、業者の作業方法に問題があって水漏れが発生した可能性が高いです。

壁や柱などをむしばむ

水漏れで床下の湿気が多くなると、床下だけにとどまらず、壁や柱などにもカビが生えてしまうことがあります。すると、悪臭で住環境が悪化するだけでなく、住宅そのものにもダメージを与えてしまうでしょう。

壁や柱などがカビでむしばまれると、家全体がもろくなります。床や天井などに貼られているクロスが剥がれることもあるかもしれません。

また、一般住宅で水を使う場所は1階に集中していることが多いですが、2階でも水道を使える住宅もあるでしょう。2階部分で詰まりなどが発生して業者に高圧洗浄を依頼した場合には、高圧洗浄された排水管は1階の天井と2階の床の間を通っています。
そこで水漏れが発生すれば、事態はより深刻になるでしょう。

床や天井がむしばまれてもろくなり、水が天井から1階部分に落ちてきてしまうかもしれません。

マンションの場合には下のフロアに漏れて苦情が来る

マンションでも一戸建て住宅と同じように排水管が汚れるので、定期的な排水管高圧洗浄が必要になります。管理組合などでまとめて行なっているマンションも多いです。

管理組合で定期的に行っていない場合には、各住人が自分で業者に依頼して行うこともあるでしょう。

一方で、マンションの場合には、1階のフロア以外は、自分が住んでいるところの真下に他の住人が住んでいます。そのため、マンションで水漏れが発生すると、下のフロアの住人にも被害が及んでしまいます。
そうなると、下のフロアの住人から苦情が来てしまい、トラブルに発展する可能性もあるでしょう。

水が漏れたことで高価な家電製品や家具などに水がかかって使えなくなることもあります。すぐ下のフロアだけでなく、2つ下のフロアにも被害が及ぶ可能性もあり、一戸建て住宅の場合よりも事態は深刻です。

排水管高圧洗浄後に水漏れする原因

なぜ排水管高圧洗浄を実施した後に水漏れが発生するのか、その主な原因について見ていきましょう。

排水管の一部が破損したため

水漏れする排水管

排水管の水漏れが起きているときには、排水管の一部に穴が空くなどして破損していることが多いです。
破損箇所から水が漏れてしまいます。

洗浄作業中に破損した

排水管高圧洗浄を実施した後に水漏れが起きてしまうのは、作業中に排水管の一部を壊してしまったことによるケースが多いです。
排水管高圧洗浄の作業では、排水管の中に高圧洗浄ホースを入れて行います。

排水管はまっすぐな箇所だけでなく、曲がっている箇所なども多いです。そのため、上手く洗浄作業を行うには相応の技術力が必要になります。
技術力の低い業者が行うと、洗浄作業中に排水管を傷つけてしまうことがあるかもしれません。

良心的でない業者の場合には、作業中に排水管を破損させてしまった場合でも、報告せずにそのまま黙ってやり過ごそうとすることがあります。

もともと破損していた

業者が排水管を壊したのではなく、もともと破損していたケースもあります。
もともと排水管に小さな亀裂や穴があり、高圧洗浄作業を行うことで、その亀裂から穴が空いたり広がったりしてしまうこともあるでしょう。

汚れの塊が穴を塞いでいたために、これまで水漏れが防がれていた可能性もあります。その場合には高圧洗浄作業で汚れが取り除かれると、水漏れが起きてしまうでしょう。

きちんとした業者の場合には、もともと破損していた箇所を発見したら、それをすぐに知らせてくれます。
その上で、修理するかどうかも尋ねてくるでしょう。

つなぎ目に隙間が開いてしまったため

排水管と壁や床などとのつなぎ目から水が漏れることも多いです。

ナットやボルトが緩んでいる

排水管と壁や床などとのつなぎ目にはナットやボルトが使われています。このナットやボルトが緩むと、そこから少しずつ水が漏れていきます。

高圧洗浄作業でナットやボルトの付近に負荷が加われば、緩みやすくなってしまうことも多いです。壁や床とのつなぎ目だけでなく、排水管と排水管のつなぎ目で起こる可能性もあります。

ゴムパッキンなどのパーツの劣化

排水管のつなぎ目には、ゴムパッキンなどのパーツが使われていることも多いです。ゴムパッキンは劣化すると柔軟性を失い、少しの衝撃でも切れてしまいます。

普段の使用では切れずに耐えていたのに、高圧洗浄作業の衝撃で切れてしまい、水漏れの原因になることもあります。

排水管から水漏れしている場合にはどう対処すればいいのか

通話する女性

排水管高圧洗浄を実施した後に水漏れを発見した場合にとるべき行動について説明していきます。

排水管高圧洗浄を依頼した業者に問い合わせる

排水管高圧洗浄を行う前までは水漏れの兆候がなく、実施後に水漏れの兆候が出てきたのであれば、業者に問い合わせましょう。業者が洗浄作業中に壊したのであれば、その業者の負担で修理してもらえます。

また、問い合わせるならなるべく早い方が望ましいです。
良心的でない業者だと、業者が洗浄作業中に壊してしまった場合でも、排水管が壊れた経緯や原因をあやふやにされてしまう可能性があります。

マンションの場合には

マンションで排水管高圧洗浄後に水漏れが起こった場合にどう対処すればいいのか見ていきましょう。

下のフロアの住人から補償を求められることも

マンションの場合には、水漏れで下のフロアの住人に迷惑をかけてしまう場合があります。補償を求められることもあるかもしれません。

もし、全面的に業者の作業方法に原因があって水漏れした場合には、補償を行うのも業者の責任です。
ただ、それでも自分と下のフロアの住人と業者の三者間でもめる可能性が高いでしょう。

管理会社にも連絡をしておく

マンションで水漏れが発生したら、下のフロアの住人から苦情が来ても来なくも、管理会社に連絡しておきましょう。マンション内で起こった設備の不具合や故障、トラブルなどは基本的に管理会社の耳に入れておく必要があります。

また、マンションでの排水管高圧洗浄は1世帯のみで行っても、あまり効果は期待できません。
排水管の詰まりが気になる場合には、管理会社に相談して、全世帯まとめて行うのが望ましいでしょう。

排水管高圧洗浄をDIYで行ったことで水漏れしたら

男女に説明する業者

業者を自宅に入れたくないなどの理由から、排水管高圧洗浄をDIYで行ってみようと考える人もいるでしょう。
DIYで排水管高圧洗浄を行った後に、水漏れした場合について説明していきます。

高圧洗浄機は市販されているのでDIYも可能

まず、排水管高圧洗浄は一般の人がDIYでできるものなのかどうか気になる人もいるでしょう。
高圧洗浄機をはじめとする高圧洗浄作業で必要な道具は市販されています。そのため、道具を買いそろえれば一般の人でも高圧洗浄作業を行えるでしょう。

ただし、専門業者が行ったようにきれいに汚れを落とせるとは限りません。
市販の高圧洗浄機は業者が使用しているものよりもパワーが劣ります。洗浄技術も一般の人では業者のスタッフには敵いません。

DIYで高圧洗浄作業をした場合には、少し汚れを落とせるくらいに捉えておきましょう。

DIYで水漏れが発生したら排水管洗浄業者に連絡

一般の人だと高圧洗浄作業をするのに慣れていないため、排水管を傷つけてしまう可能性も高いです。
もしDIYで排水管高圧洗浄を行って、水漏れが発生した場合には、排水管高圧洗浄の業者に連絡し、早急に対応してもらいましょう。
業者に排水管の修理と洗浄作業の両方を依頼することになります。

DIYの排水管高圧洗浄で排水管を故障させたら、費用がかえって高くつくかも

排水管を破損した場合には、排水管そのものを交換する形で修理することが多いです。
排水管交換の相場は1m以内だと2万円で、それより1m長くなるごとに5,000円程度かかります。

そのため、無理にDIYで行い排水管を破損すると、最初から業者に排水管高圧洗浄を依頼した場合の2倍以上の費用がかかるかもしれません。
正しい知識がないのであれば、DIYは控えた方が望ましいです。

排水管高圧洗浄の必要性

わざわざ水漏れのトラブルが起こるリスクを背負って、排水管高圧洗浄をしなくてもいいのではないかと思う人もいるでしょう。
しかし、排水管の汚れを放置しておくと水の流れが悪くなるだけでなく、悪臭や害虫などさまざまなトラブルの原因になります。

排水管高圧洗浄の必要性に関してくわしくはこちらに掲載しています。

こちらの記事もチェック
排水管高圧洗浄の必要性はこんなに!放置すると害虫や汚水の逆流も!?

排水管高圧洗浄の必要性はこんなに!放置すると害虫や汚水の逆流…

排水口から嫌な臭いがしたり、水の流れが悪くなったりしている場…

2019.11.12
イエコマ編集部

排水管高圧洗浄の方法

専門業者が行う排水管高圧洗浄は、専用の高圧洗浄機を使って行うので、洗浄力がかなり強いです。室内と屋外の排水マスから専用のホースを差し込んで、強い水圧で排水管の内部の汚れを落とします。

しかし、高圧洗浄機は扱いが難しく、高い洗浄技術が必要になります。
一般の人がDIYで排水管を掃除したいなら、高圧洗浄ではなくワイヤーブラシやパイプクリーナー、重曹などを使う方法で行うのがおすすめです。排水管を破損させるリスクが少なく、排水管をある程度はきれいにできます。

DIYで行える排水管の洗浄方法についてくわしくはこちらに掲載しています。

こちらの記事もチェック
場所ごと解説|排水管洗浄の方法まとめ!業者に連絡する前にできること

場所ごと解説|排水管洗浄の方法まとめ!業者に連絡する前にでき…

排水管の汚れは目につきにくい汚れです。そのため、普段はあまり…

2020.1.6
イエコマ編集部

排水管が詰まる原因

排水管が詰まる主な原因は、排水口に水以外のものが流れていき、それが排水管の内側に付着するためです。
キッチンなら油汚れや食材カス、浴室や洗面所なら髪の毛や石鹸カスなどが流れていきます。
排水管が詰まる原因についてくわしくはこちらに掲載しています。

こちらの記事もチェック
パイプの詰まりにはこんなに原因が!対処法とやってはいけないこと

パイプの詰まりにはこんなに原因が!対処法とやってはいけないこ…

浴槽の水を抜いたら洗い場に水が溢れてきた、洗濯をしていたら水…

2018.9.28
イエコマ編集部

排水管高圧洗浄をするべき時期

排水管高圧洗浄は、排水管が詰まってから行うのではなく、あらかじめ実施時期を決めておくのが望ましいです。
新築後7年から8年程度経過したくらいの時期に1回目の目安にするといいでしょう。2回目以降は3年から5年に1回くらいの頻度で行うのがちょうどいいです。

排水管高圧洗浄を行う適切な時期についてくわしくはこちらに掲載しています。

こちらの記事もチェック
排水管高圧洗浄の適切な頻度は約〇年に1回|戸建てと集合住宅では異なる!?

排水管高圧洗浄の適切な頻度は約〇年に1回|戸建てと集合住宅で…

自宅の排水管のことを普段から気にすることはあまりないでしょう…

2020.1.8
イエコマ編集部

まとめ

洗浄技術があまり高くない業者に排水管高圧洗浄を依頼すると、排水管が破損して水漏れが発生してしまう可能性があります。
排水管高圧洗浄を実施した後に水漏れが起きたら、慌てず業者に連絡しましょう。基本的に業者の責任で、破損した排水管を修理してもらえます。

また、排水管高圧洗浄を依頼するときにはきちんと吟味して、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

イエコマなら、施工前に既に穴が開いているかどうか確認し、もし穴が見つかればその時点で報告します。施工後に水漏れが起きた場合もすぐ報告し、ミスを隠してしまうようなことはしません。
料金も初回なら9,800円(税抜)と格安です。
排水管高圧洗浄を行おうと検討しているのであれば、ぜひイエコマにおまかせください。

また、イエコマの排水管保守クリーニングをはじめとするサービスのよくあるご質問は以下よりご覧いただけます。

よくあるご質問

排水管保守クリーニングならイエコマ

家のプロによる排水管保守クリーニングが…
詰まり解消:5,200円~/ヵ所90分 60分追加+3,000円/ヵ所
外配管のみ:5,000円/一式
外・内配管:9,800円/一式
※トイレ不可
排水管清掃
何年も洗浄していない排水管も、安全・確実にキレイに!

24時間365日受付

イエコマの排水管クリーニングの詳しい説明

ページトップへ戻る