問合件数:9,109件(9月現在)

シャワーの水漏れは何が原因?|水漏れ箇所別の対処法

きちんと止めたはずなのに、シャワーからポタポタと水がしたたってくる…そんな水のトラブルに悩まされている家庭が、実は多いようです。シャワーヘッドの内部にある残流水が落ちているだけなら問題はありませんが、じわじわと水が流れ続ける場合は、シャワーのどこかに不具合が起きている可能性も。

水漏れの際のポタポタとした水音は意外と気になりますよね。また、水が流れ続けるということは、水量がわずかであっても水を出しっ放しにしているのと同じ状態です。そのため、当然ですが水漏れをそのままにしていると、水道料金が高くなってしまいます。
さらに、水漏れを放っておくとお風呂場にカビが広がりやすく、衛生的にも良くありません。シャワーの水漏れに気づいたら高額な水道代やカビに悩まされる前に、きちんと対処しておきましょう。
今回は、水漏れの原因と対処法について、さまざまなケースを検証してみたいと思います。

目次

1.シャワーの水漏れの主な原因
2.水漏れ箇所から考えられる原因と対処法
 2-1.原因1:シャワーの吐水口から水が漏れている場合
 2-2.原因2:配管部から水が漏れている場合
3.交換になる場合は?
4.業者に頼む際の注意点、費用の目安
5.まとめ

1.シャワーの水漏れの主な原因

まず、問題のない水漏れに「残流水の水漏れ」があります。残流水とは、シャワーを止めた後のヘッド内部に残る水のことです。シャワーヘッドを上に向けた時に水が止まるようなら、それは修理が必要な水漏れではありません。シャワーヘッドの内部に空気が入ると水の表面張力が失われ、残った水が滴ってしまうのです。

シャワーを止めても、あるいはシャワーヘッドを上向きにしても一日中ポタポタと水が出続けている、という場合は別の原因が考えられます。
残流水以外の水漏れの原因としてまず挙げられるのは、「部品のゆるみ」です。バルブやナットがゆるんでいると、蛇口や栓をいくら閉めても内部はきちんと止まっていない状態のまま。元栓を止めない限り、水が落ちてくるのを止められません。

もう一つ、残流水以外の水漏れの原因として考えられるのは、「部品の経年劣化」です。この場合、シャワーヘッドだけでなく、蛇口や混合栓といった部分のパーツが破損している可能性もあります。こうした箇所は、パッキンやバルブ、コマなどいくつものパーツによって成りたっているもの。一つでも劣化していると、水がきちんと止まらなくなってしまいます。
水回りの耐久年数は、一概に何年、と定めづらいものです。同じモデルを同時期に使い始めた住宅でも、四人家族が使用している水回りと、単身者が使用する水回りでは耐久年数に差が出ます。また同じ人数で使用していても、朝・晩にシャワーを利用するなど使用回数が多ければ耐久年数は変わってきます。「うちはまだ新しいから大丈夫!」と過信しない方が良いでしょう。

なお経年劣化とは少し状況が異なりますが、節水式シャワーなど従来のシャワーヘッドとは別のものに付け替えて使用している場合、部品同士がうまく合わずに磨耗してしまうことがあります。また、無理に接合した場合は接合部からひび割れが生じ、そこからじわじわと水が漏れてくることもあります。

 

2.水漏れ箇所から考えられる原因と対処法

では、水漏れの対処法を原因別にみてみましょう。

原因1:シャワーの吐水口から水が漏れている場合

残流水が原因の場合は、水を止めた状態でシャワーヘッドを取り外して、中に溜まった水を捨てるだけで解決します。
シャワーヘッドは、反時計回りに回すとかんたんに取り外すことができます。回して外せないタイプは、ヘッドの金具部分をゴム板などで保護し、プライヤで回すこともできますが、無理に動かすとシャワーヘッドに傷をつけてしまう恐れもあります。
ゴム板やプライヤはホームセンターでかんたんに入手可能ですが、作業は充分注意しておこなってください。

残流水が原因と思っていても、シャワーヘッドを取り外した時にホースからコポコポと水があふれてくる場合は、要注意。ホースから水があふれる場合、部品の破損などといった別の原因が考えられます。
このようなケースでは、「どこから水が漏れているのか」を突き止めることが対処の第一歩。水漏れ箇所をチェックしましょう。考えられるのは、水栓や混合栓、吐水口、配管部分、壁面などです。水漏れがこうした部分のどのような箇所から発生しているのか、それを突き止めることが大切です。
一般的に、部品の経年劣化が原因で起こりやすい水漏れは、水栓や混合栓のパーツがゆるんでいたり、劣化していたりする可能性が高いと考えられます。表から見えない、目に見えない部分のパーツがいたんでいる恐れもあるので、業者に依頼して一度チェックしてもらうことをおすすめします。

原因2:配管部から水が漏れている場合

配管部や壁面から水が漏れている場合は、部品の劣化あるいは配管内部のつまりが原因として考えられます。壁の中で配管が破損していたり、劣化で割れ目が生じたりしていると、配管から漏れ出た水がじわじわと壁面に染み出してくることも。こうした壁の中の状態は自分ではチェックすることができません。早急に業者に依頼するのが得策です。

 

3.交換になる場合は?

部品が破損している場合、水栓やシャワーヘッドの交換をすすめられることもあります。
水栓は、ホームセンターなどに市販されている部品で取り替えも可能ですが、給水管や壁面の水道管にぴったり合うサイズを探すのが難しいこともあります。
型が分からない、互換性が不明という場合は、安易に市販のものを購入せず業者に任せる方が安心です。
シャワーヘッドは交換する場合、節水に特化したモデルや手元止水機能がついたモデルなど、さまざまな機能別に選ぶことができます。
取り替えをすすめられたら、快適なバスタイムを演出してくれるさまざまなシャワーヘッドを比較するのも良いですね。
取り替えたことで、水漏れを直すだけでなく、水道料金を低く抑えることもできるかもしれません。

 

4.業者に頼む際の注意点、費用の目安

シャワーをはじめとするお風呂場の水漏れトラブルを解消したい時は、業者に依頼しましょう。費用の目安は、シャワーの水漏れで3,000〜5,000円ほど。水栓や蛇口の交換は、パーツのモデルによっても変わってくるので、一度見積もりを依頼する必要があります。
水漏れは原因がさまざまで、自分の力だけでは水漏れ箇所や原因を特定できないことがほとんど。部品の交換にあたっては、専用の工具を使用しなければならないことも多く、修理には専門知識がいります。
その点、専門業者に依頼すればすぐに原因を特定し、的確な解決策を提示してくれるので安心です。

 

5.まとめ

いかがでしたか?水漏れは、放置すると水道料金も上がってしまいます。いつもお風呂場が水浸しだと、タオルやシャンプーにカビが発生してしまうことも…。水漏れを改善するには、早めの原因特定が大切です。放置することなく、業者に問い合わせるなど適切な対処をしていきましょう。

水栓・蛇口のパッキン・コマ交換及びシールテープ蒔き直しならイエコマ

家の専門家による水栓・蛇口のパッキン・コマ交換及びシールテープ蒔き直しが…

2,000円/ヵ所(税別) 水栓・蛇口の修理及びパッキン交換

温度の調節がしにくい、水の出が悪い、水漏れしている…

専門知識を持ったスタッフが、水漏れの原因を突き止めます!

24時間365日受付

ページトップへ戻る